大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

西大寺 小考3 叡尊上人

西大寺 叡尊
http://saidaiji.or.jp/history/p2.html

叡尊(えいそん・えいぞん、建仁元年(1201年) - 正応3年8月25日(1290年9月29日))は、鎌倉時代中期の真言律宗の僧。字は思円(しえん)。謚号は興正菩薩(こうしょうぼさつ)。建仁元年(1201)大和国添上郡箕田里(現在の大和郡山市白土町)で興福寺学侶慶玄の子として誕生。

同時代の僧としては日蓮(1222-82年)がいる。 日蓮は叡尊よりも20歳以上年下だが、叡尊は長寿であり、日蓮よりも8年長生きしている。日蓮については以下を参照。

(参考)
日蓮論1 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073050.html
日蓮論2 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073080.html 
日蓮論3 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073156.html
日蓮論4 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073231.html
日蓮論5 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073419.html
日蓮論6 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2073518.html

叡尊は、7歳で母と死別し、11歳で醍醐寺叡賢阿闍梨の室に入り17歳で出家。主に密教を学ぶ。つまり、真言宗において、その創始者、空海に回帰しようとした。

➡ 建保5年(1217年)醍醐寺の阿闍梨叡賢に師事して出家。
➡ 元仁元年(1224年)高野山に入り真言密教を学ぶ。

弘法大師遺戒の「仏道は戒なくしてなんぞ到らんや。すべからく顕密二戒を堅固に受持し清浄にして犯すことなかれ」の文言に触発され、密教修行を行う。菩提(悟り)に到達するためには、その前提として釈尊が定めた戒律をしっかりと遵守することが肝要であると確信し、34歳のときに生涯の活動の中心となる戒律復興の志を立てる。ここでは、大日如来に帰依するのではなく、釈迦如来に重点をおく。
翌文暦2年(1235)叡尊は荒廃只中の西大寺に入住し、更に翌年、同志四人で東大寺で「自誓受戒」を果たし菩薩比丘となる。叡尊の「自誓受戒」には原始、小乗的な自己陶冶の厳しさがあったかも知れない。

一時海龍王寺に移住するが、嘉禎4年(1238)再び西大寺に帰住し、荒廃した西大寺の再建に全力を注ぎ、密教と戒律を日月のごとく兼修する「真言律」の根本道場という西大寺を復興する一方、ここを拠点に「興法利生」をスローガンとする活発な宗教活動を推進する。

➡ 嘉禎元年(1235年)戒律の復興を志して西大寺宝塔院持斎僧となり、『四分律行事鈔』を学ぶ。
➡ 嘉禎2年(1236年)覚盛、円晴(えんせい)、有厳(うごん)らと東大寺で自誓受戒。地頭の侵奪により西大寺が荒廃したために海龍王寺に移る。
➡ 暦仁元年(1238年)持戒のあり方をめぐり海龍王寺の衆僧と対立したために西大寺に戻る。西大寺の復興に努め、結界・布薩する。
➡ 仁治元年(1240年)西大寺に入寺した忍性の文殊菩薩信仰に大きな影響を受ける。額安寺西宿で最初の文殊供養(文殊図像を安置)をおこない、近傍の非人に斎戒を授ける。
➡ 仁治2年(1241年)三輪宿で文殊供養をおこなう。
➡ 仁治3年(1242年)和爾宿・北山宿で文殊供養をおこなう。額安寺で授戒と『梵網経古迹記』の講義をおこなう。奈良の獄屋の囚人に斎戒沐浴させる。
➡ 寛元元年(1243年)額安寺西宿・三輪宿で文殊供養をおこなう。
➡ 寛元2年(1244年)河内諸宿で文殊供養をおこない、非人に施粥をおこなう。
➡ 寛元3年(1245年)家原寺で別受戒(受戒後9年を経た僧侶が受ける戒法)をうける。法華寺で授戒と『梵網経古迹記』の講義をおこなう。
➡ 寛元4年(1246年)道明寺で授戒をおこなう。
➡ 寛元5年・宝治元年(1247年)仏師善円に念持仏・愛染明王坐像をつくらせる。
➡ 建長元年(1249年)仏師善慶に京都清凉寺釈迦如来像の模刻をつくらせ西大寺四王堂に安置する。
➡ 建長2年(1250年)絵師堯尊に文殊菩薩画像・十六羅漢・十六尊者など21幅を描かせる。
➡ 建長6年(1254年)西琳寺で授戒をおこなう。 『聖徳太子講式』執筆。太子講をはじめる(以後、毎年恒例となる)。
➡ 建長7年(1255年)円仁が唐の五台山から将来した『上宮太子勝鬘経疏義私鈔』を四天王寺で筆写し法隆寺に奉納する。
➡ 正嘉2年(1258年)絵師堯尊に金剛界曼荼羅を描かせる。
➡ 文応元年(1260年)絵師堯尊に胎蔵界曼荼羅を描かせる。
➡ 弘長元年(1261年)浄住寺授戒と『四分律行事鈔』の講義をおこなう。北条実時の使者が訪れ関東への下向を懇請する。
➡ 弘長2年(1262年)太子講を諸所でおこなう。2月より関東へ下向し、新清凉寺(釈迦堂)に逗留、忍性・頼玄らの応援を得て授戒と『梵網経古迹記』の講義をおこなう。北条実時・北条時頼に拝謁し授戒する。7月に西大寺へ帰る。弟子の性海による『関東往還記』がその記録である。
➡ 文永3年(1266年)河内真福寺で非人救済をおこなう。
➡ 文永元年(1264年)光明真言を導入し、密教化をすすめる
➡ 文永5年(1268年)般若寺再建のために文殊菩薩像(仏師善慶・善春が造像)開眼供養をおこなう。 異国の難を払うため四天王寺で勤行をする。
➡ 文永6年(1269年)般若寺落慶供養をおこない、周辺で非人・癩者の救済をおこなう。紀伊の金剛宝寺で授戒と『梵網経古迹記』の講義をおこなう。
➡ 文永10年(1273年)蒙古襲来(元寇)に際して伊勢神宮に参籠し大般若経を転読する。
➡ 文永11年(1274年)蒙古襲来に際して四天王寺で亀山天皇の行幸を得て百座仁王会を修する。
➡ 文永12年・建治元年(1275年)伊勢神宮に参籠する。
➡ 建治2年(1276年)仏師善春に大黒天像をつくらせる。
➡ 弘安2年(1279年)亀山上皇以下公卿らに授戒と『梵網経古迹記』の講義をおこなう。
➡ 弘安3年(1280年)伊勢神宮に参籠する。弟子らが仏師善春に80歳を迎えた叡尊の寿像を造らせる。(西大寺蔵の興正菩薩坐像)
➡ 弘安4年(1281年)蒙古襲来に際して亀山上皇の御幸を西大寺に迎え、石清水八幡宮で尊勝陀羅尼を読誦する。
➡ 弘安7年(1284年)宇治橋修造の朝命を受け殺生禁断のために宇治川の網代を破却する。後深草上皇以下公卿らに授戒をおこなう。
➡ 弘安8年(1285年)院宣により四天王寺別当に就任する。
➡ 弘安9年(1286年)宇治橋を修築、橋南方の浮島に十三重石塔婆を建立する。
➡ 正応3年(1290年)西大寺で病を発し秋に示寂。
➡ 正安2年(1300年)伏見上皇の院宣により行基菩薩の先例により興正菩薩の尊号がおくられる。

以上の年譜記載の活動は概ね以下の5点に集約されると思う。

1.戒律を重視し釈尊本来の仏教に立ち戻ろうとした戒律の復興活動のこと
2.社会的に疎外された貧困階層の人々を中心に救済の手を差しのべた救貧活動のこと
3.元寇への祈祷などをつうじて、鎌倉幕府、朝廷と接触し、上記2つの活動を認知せしめたこと
4.聖徳太子、空海について、教義の研鑽を深め、その普及をおこなったこと(アンダーラインで記載)
5.多くの仏像、仏画、石塔婆などを勧請し、後世に残したこと(赤字で記載)

【以下は、西大寺HPから引用)
その根本理念である「興法利生」とは、「興隆仏法(仏教を盛んにすること)」「利益衆生(民衆を救済すること)」の略語で、それぞれ叡尊上人の具体的活動である戒律復興と貧困階層の救済に結実している。但し、叡尊にとって興法と利生は別々のものではなく、まさしく「興法利生」という一体の言葉で捉えたように、戒律を復興し本来の仏教を追求することは民衆救済に直結する課題でもあった。この点にこそ叡尊の仏教者たる真の面目があると考えられる。  

叡尊一代の行蹟を記した『西大勅謚興正菩薩行実年譜』によれば、その生涯に菩薩戒を授けた道俗総数97710人、講席を啓くこと10721座、行法を修すること41208座、殺生禁断とした場所1356所、寺院新建100余所、修造590余所、西大寺に寄附した末寺1500余寺とあり、その活躍はまことに驚異的なものであった。

正応3年(1290)90歳の高齢に達した叡尊上人は、8月25日、自ら禅定に入るが如く遷化した。正安2年(1300)7月、亀山法皇は叡尊上人の高徳を偲んで院宣を下し、五朝の国師として四輩は菩薩と仰いだとその教化を讃美し、興正菩薩の貴号を贈った。また後伏見天皇も同年閏7月3日に、「勅す、伝灯大法師位叡尊は、一天四海の大導師にして、濁世末代の生身仏なり」として重ねて興正菩薩の号を賜わったのであった。
http://saidaiji.or.jp/history/p2.html

『韓国仏像史 三国時代から朝鮮王朝まで』 水野さや著

韓国仏像史

日本も多くの戦禍を経験している。しかし朝鮮半島のほうがはるかに厳しかったと思う。一方で、日本人が仏像を大切に継承してきた歴史は重いし世界に誇りうるものである。火事で池に仏様と「入水」したこともあろう、地中に埋めて秘かに守ったこともあろう、客仏というかたちで宗派をこえて避難したこともあろう。為政者がパトロンして古き仏様を修復したこともあろう、そしてなによりも、無名の僧侶や民衆が永きにわたって大切に手渡ししてきた歴史がある。

【以下は引用】
半島ならではの色合い

 西暦五三八年、百済の聖明王から仏像と経文が大和朝廷にもたらされ、日本に仏教が伝来した、と高校日本史で習う。次の世紀には日本でも本格的な仏像製作がはじまるが、法隆寺の釈迦三尊像や「百済観音」、中宮寺の菩薩半跏ぼさつはんか像、広隆寺の弥勒みろく菩薩半跏思惟像など、飛鳥時代を代表する作品には朝鮮半島の影響が強く残ると教えられる。だが、かの地の仏像について、私たちは多くを知らないままに済ませてきた。

 朝鮮半島では、三国時代、中国の前秦からまず高句麗に、続いて東晋から百済に仏教は伝わった。四世紀後半のことであり、半世紀ほど遅れて新羅にも仏教は伝わる。こうして、三国時代の朝鮮半島は仏教色に染まってゆく。仏像製作がそれに伴った。仏像製作は三国の間で刺激しあい、中国からの影響も受けながら、半島ならではの色合いを滲にじませてゆく。統一新羅時代から高麗時代にかけても王朝に手厚く保護された仏教信仰は民間に浸透し、仏像は時代ごとの表情をみせてゆく。崇儒すうじゅ廃仏を掲げた李氏朝鮮時代でさえも、面相が優雅で温和、姿勢が荘重で温雅な仏像が数多く製作されていた。

 朝鮮半島の今に残る仏像は、古くはもっぱら金銅仏と石造仏である。統一新羅時代から鉄造の仏像がこれに加わる。塑像は朝鮮時代になって普及した。日本には「百済観音」をはじめ木造仏が伝わったが、なぜか朝鮮半島に木造仏は残らなかったのだ。それでも、三国時代の金銅菩薩半跏思惟像は広隆寺に伝わる木造の弥勒菩薩像を思わせずにはおかないだろう。慶州の石窟庵ソックラムに坐ざす如来像(八世紀中頃)は、写真からでも、その静寂の内に秘めたのびやかな力量感が伝わってくる。

 本書は日本で最初の朝鮮半島の仏像通史である。著者は東アジア、なかでも朝鮮半島の仏像史研究に携わる美術史家。各時代に目を配り、韓国の研究者たちとの議論をふまえつつ、個々の作例にじつに丁寧な解説をほどこしてゆく。

 ◇みずの・さや=愛知県生まれ。金沢美術工芸大准教授、文学博士。著書に『図説 韓国の国宝』など。

 名古屋大学出版会 4800円

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20161031-OYT8T50008.html#csidxd9c67098fc5e77fa843d09727ffb3a5
Copyright © The Yomiuri Shimbun

香薬師像の右手

香薬師像の右手

➡ まず、本の紹介から。こんな面白そうな本がでているのを知らなかった。是非、手に取ってみたい。

【以下は書籍の「内容紹介」から引用】

奈良・新薬師寺の香薬師立像は、旧国宝に指定され、白鳳の最高傑作と言われていた美仏。あまりの美しさから「金無垢でできている」という噂がたち、明治時代に2度盗まれたが、手足を切られ、純金製でないことが分かると2度とも道端に捨てられているのが発見され、寺に戻った。そして昭和18年、3回目の盗難に遭う。
「国宝香薬師盗難事件」は、戦時中の新聞にも報じられ、仏像ファンたちに大きな衝撃を与えた。2度盗まれて戻ってきた像だったが、今回ばかりは発見されず、未だ行方が分からない。
この行方不明の香薬師を見つけ出そうと、元産経新聞の記者である著者が取材を開始。新薬師寺住職の全面的な協力を得た調査では、まるでミステリー小説を地で行くような展開に。その結果、衝撃の新事実が発覚。ついに、「本物の右手」の存在をつかむ……。

https://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B-%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%81%BB%E3%81%A8%E3%81%91%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%96%B9-%E8%B2%B4%E7%94%B0-%E6%AD%A3%E5%AD%90/dp/4062202891/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1484415108&sr=1-1&keywords=%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 次に、この労作をきっかけとして、見つかった右手が大きな話題になっていることについて。

【以下は記事引用】

◆70年前盗難の重文仏像の右手戻り公開 「本体発見につながれば」 新薬師寺、奈良博

2016.12.26 20:31更新

 奈良市の新薬師寺から約70年前に盗まれて所在不明となっている白鳳期(7~8世紀)の「銅造薬師如来立像」(重要文化財、香薬師(こうやくし)像)の右手部分が見つかり、奈良国立博物館(奈良市)に寄託された。27日から一般公開され、関係者らは「本体発見につながれば」と、消えた傑作が戻ることを願っている。

 香薬師像は高さ約75センチで白鳳仏の代表的存在。明治時代に2度盗まれて寺に戻ったが、昭和18年に再び盗まれた。右手は最初の盗難後に切断され、3度目の盗難時に本体と一緒に盗まれたとみられていた。

 しかし、ノンフィクション作家、貴田(きだ)正子さん(47)が調べた結果、右手は別に保管され、神奈川県鎌倉市の寺に寄贈されていたことが判明。東京文化財研究所の調査で「白鳳期の金銅仏として矛盾する要素はない」と判断された。

 文化庁によると、平成27年度末現在で、国宝・重要文化財の美術工芸品のうち香薬師像を含む172件が「所在不明」。新薬師寺の中田定観住職は「これを機に情報が寄せられれば」と話している。

http://www.sankei.com/west/news/161226/wst1612260078-n1.html

◆行方不明の旧国宝、香薬師像の右手を72年ぶりに発見!

2016.10.12 19:39更新
㈱講談社
国宝盗難の謎に迫る衝撃のノンフィクション!「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」は講談社から発売!

白鳳時代の仏像の最高傑作といわれる奈良・新薬師寺の香薬師像。昭和18年に3度目の盗難に遭い、行方不明になっていたが、このほどその一部である「右手」が昨年発見され、新薬師寺に返還された。

仏像の右手にたどり着いたのは、元新聞記者で、20年以上香薬師像の取材を続けている貴田正子氏。新薬師寺住職の全面的な協力を得て地道な調査取材をするうち、昭和18年の盗難時に本体と右手がバラバラになり、実は右手だけが盗まれていなかったこと、その右手も行方不明になっていることが判明する。本体とは別に右手探しを本格始動すると、彫刻家や美術史家らの証言が得られ、ついに右手の所在を突き止める。そして無事、新薬師寺への返還が行われた。行方不明であることさえ知られていなかった文化財を探し当て、元の寺に戻すという「前例のない文化財発見のニュース」だ。

東京芸術大学名誉教授で、日本彫刻史研究の権威である水野敬三郎氏も、この右手を「本物」と認め、「この手の出現は美術史的にも大きな意義を持っています」とコメントしている。

また、7月末に行われた東京文化財研究所の科学調査により、「白鳳時代の金銅仏であることを否定するものは何も出なかった」という結果が得られた。

今回発見されたのは、紛れもなく本物の香薬師像の右手。その美しい造形と発見までの物語に、仏像ファンならずとも魅了されること、間違いない。

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/1143/resize/d1719-1143-671295-0.jpg ]

今回の歴史的発見に至る経緯をまとめたノンフィクション「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」が講談社より刊行される。書籍には、発見までの経緯の詳細のみならず、調査取材中に見つかった衝撃的な写真や、著者が丹念に調べ上げた当時の新聞記事、資料などが多数掲載されている。

http://www.sankei.com/economy/news/161012/prl1610120316-n1.html

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 過去に書いた以下の記事も参照。たまたまだが、これも産経新聞にて掲載されたもの

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1879505.html

香薬師如来像

「定朝」論  高田博厚

平等院阿弥陀如来2

高田博厚『思索の遠近』(読売新聞社1975年)を読んで大いに啓発された。日本の仏像彫刻家の文章は結構、見ているのだが、この人はフランス文学や音楽に造詣の深い近代彫刻家(あるいは文明評論家)とばかり思っていて、日本彫刻についての論考は手に取ったことがなかった。本書中、「定朝」「円空上人」「彫刻家高村光太郎と時代」などがあるが、ここでは「定朝」を中心に取り上げる。

◆「定朝」(淡交社『歴史の京都』第4巻 芸術家と芸能家 1971年1月)
定朝、その人を論じるのではなく、歴史・思想・権力と彫刻家との関係性に着目している。少し長い引用になるがコアとなる主張の部分を見よう。

「時代による感覚や型の推移は、現代と異なり、昔の遡るほど緩慢大らかに行われ、そこに人力を超える『時』の力と、徳を素直に示している。これを理解するならば、作品鑑定の場合、大陸の作だとか、日本人の作だとか論議するのはむしろ愚かに近い。中宮寺や広隆寺の弥勒菩薩が朝鮮製であろうと日本産であろうと問題ではない。影響と継承は堂々として行われー天平までの芸術がこれを雄弁に示しているーそこに世界の全民族に共通する『美』を生むとともに、その土地や時代の性格を自然に現すのであり、それが真の『伝統』であろう。だから藤原期に明らかになった『日本的』なものは、それに先行した大和の数世紀間に徐々に支度されていたものであるーたとえば唐招提寺は支那から直接導入されていたものであるが、そこの鑑真像は、どこの国、どの民族のものとも言えない普遍美を持っており、世界中の肖像彫刻中の最高傑作であろう。この『普遍美』は同寺金堂の列柱やそのふくらみがギリシア神殿のそれに似ているから、普遍的だとする以上のものを持っている。その興味ある例証は、同寺講堂にある如来型胴体であろう。頭部や両腕を落して、教義的型を無くしただけに、エジプトやギリシア、またロマネスクゴティックの直立像に共通する、時空を超えた普遍美そのものを示しているー。」(p.43)

高田の仏像彫刻についての考え方は、他の部分でも同様な見解を示し、様式史などには見向きもせず、その仏像が美の本質にどこまで迫っているかに価値をおいている。一方、時代の思想がその仏像に投下されていることを指摘し、これは仏師にとっての創作の意思に影響する。しかし、優れた仏像は時代精神を反映しつつも、仏師が結果として普遍美を追求しているかどうかにかかっている。

彼の審美眼からは、江戸時代にも良き作品があるとし、特に円空を高く評価する一方、明治時代の木彫の作品は、伝統とその継承から厳しく批判し、高村光太郎の作品のみが価値あるものとされる。その場合、作品の優劣を分けるのは「品位」を宿しているか否かであるとし、創作に悩みぬく気高き知性がそこに投影されていることが条件である。自身が彫刻家であるがゆえに書ける文章であるとともに、高田が当時にあって最高の知性を希求していた証でもあろう。

『韓国仏像史 三国時代から朝鮮王朝まで』 水野さや著

日韓半跏思惟像4
注目すべき書物である。時間があるときに、じっくりと手にとってみたいと思う。以下はそのための備忘録まで。

【以下は引用】
半島ならではの色合い

 西暦五三八年、百済の聖明王から仏像と経文が大和朝廷にもたらされ、日本に仏教が伝来した、と高校日本史で習う。次の世紀には日本でも本格的な仏像製作がはじまるが、法隆寺の釈迦三尊像や「百済観音」、中宮寺の菩薩半跏ぼさつはんか像、広隆寺の弥勒みろく菩薩半跏思惟像など、飛鳥時代を代表する作品には朝鮮半島の影響が強く残ると教えられる。だが、かの地の仏像について、私たちは多くを知らないままに済ませてきた。

 朝鮮半島では、三国時代、中国の前秦からまず高句麗に、続いて東晋から百済に仏教は伝わった。四世紀後半のことであり、半世紀ほど遅れて新羅にも仏教は伝わる。こうして、三国時代の朝鮮半島は仏教色に染まってゆく。仏像製作がそれに伴った。仏像製作は三国の間で刺激しあい、中国からの影響も受けながら、半島ならではの色合いを滲にじませてゆく。統一新羅時代から高麗時代にかけても王朝に手厚く保護された仏教信仰は民間に浸透し、仏像は時代ごとの表情をみせてゆく。崇儒すうじゅ廃仏を掲げた李氏朝鮮時代でさえも、面相が優雅で温和、姿勢が荘重で温雅な仏像が数多く製作されていた。

 朝鮮半島の今に残る仏像は、古くはもっぱら金銅仏と石造仏である。統一新羅時代から鉄造の仏像がこれに加わる。塑像は朝鮮時代になって普及した。日本には「百済観音」をはじめ木造仏が伝わったが、なぜか朝鮮半島に木造仏は残らなかったのだ。それでも、三国時代の金銅菩薩半跏思惟像は広隆寺に伝わる木造の弥勒菩薩像を思わせずにはおかないだろう。慶州の石窟庵ソックラムに坐ざす如来像(八世紀中頃)は、写真からでも、その静寂の内に秘めたのびやかな力量感が伝わってくる。

 本書は日本で最初の朝鮮半島の仏像通史である。著者は東アジア、なかでも朝鮮半島の仏像史研究に携わる美術史家。各時代に目を配り、韓国の研究者たちとの議論をふまえつつ、個々の作例にじつに丁寧な解説をほどこしてゆく。

 ◇みずの・さや=愛知県生まれ。金沢美術工芸大准教授、文学博士。著書に『図説 韓国の国宝』など。

 名古屋大学出版会 4800円

2016年11月07日 05時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

FC2Ad