大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

『韓国仏像史 三国時代から朝鮮王朝まで』 水野さや著

韓国仏像史

日本も多くの戦禍を経験している。しかし朝鮮半島のほうがはるかに厳しかったと思う。一方で、日本人が仏像を大切に継承してきた歴史は重いし世界に誇りうるものである。火事で池に仏様と「入水」したこともあろう、地中に埋めて秘かに守ったこともあろう、客仏というかたちで宗派をこえて避難したこともあろう。為政者がパトロンして古き仏様を修復したこともあろう、そしてなによりも、無名の僧侶や民衆が永きにわたって大切に手渡ししてきた歴史がある。

【以下は引用】
半島ならではの色合い

 西暦五三八年、百済の聖明王から仏像と経文が大和朝廷にもたらされ、日本に仏教が伝来した、と高校日本史で習う。次の世紀には日本でも本格的な仏像製作がはじまるが、法隆寺の釈迦三尊像や「百済観音」、中宮寺の菩薩半跏ぼさつはんか像、広隆寺の弥勒みろく菩薩半跏思惟像など、飛鳥時代を代表する作品には朝鮮半島の影響が強く残ると教えられる。だが、かの地の仏像について、私たちは多くを知らないままに済ませてきた。

 朝鮮半島では、三国時代、中国の前秦からまず高句麗に、続いて東晋から百済に仏教は伝わった。四世紀後半のことであり、半世紀ほど遅れて新羅にも仏教は伝わる。こうして、三国時代の朝鮮半島は仏教色に染まってゆく。仏像製作がそれに伴った。仏像製作は三国の間で刺激しあい、中国からの影響も受けながら、半島ならではの色合いを滲にじませてゆく。統一新羅時代から高麗時代にかけても王朝に手厚く保護された仏教信仰は民間に浸透し、仏像は時代ごとの表情をみせてゆく。崇儒すうじゅ廃仏を掲げた李氏朝鮮時代でさえも、面相が優雅で温和、姿勢が荘重で温雅な仏像が数多く製作されていた。

 朝鮮半島の今に残る仏像は、古くはもっぱら金銅仏と石造仏である。統一新羅時代から鉄造の仏像がこれに加わる。塑像は朝鮮時代になって普及した。日本には「百済観音」をはじめ木造仏が伝わったが、なぜか朝鮮半島に木造仏は残らなかったのだ。それでも、三国時代の金銅菩薩半跏思惟像は広隆寺に伝わる木造の弥勒菩薩像を思わせずにはおかないだろう。慶州の石窟庵ソックラムに坐ざす如来像(八世紀中頃)は、写真からでも、その静寂の内に秘めたのびやかな力量感が伝わってくる。

 本書は日本で最初の朝鮮半島の仏像通史である。著者は東アジア、なかでも朝鮮半島の仏像史研究に携わる美術史家。各時代に目を配り、韓国の研究者たちとの議論をふまえつつ、個々の作例にじつに丁寧な解説をほどこしてゆく。

 ◇みずの・さや=愛知県生まれ。金沢美術工芸大准教授、文学博士。著書に『図説 韓国の国宝』など。

 名古屋大学出版会 4800円

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20161031-OYT8T50008.html#csidxd9c67098fc5e77fa843d09727ffb3a5
Copyright © The Yomiuri Shimbun

香薬師像の右手

香薬師像の右手

➡ まず、本の紹介から。こんな面白そうな本がでているのを知らなかった。是非、手に取ってみたい。

【以下は書籍の「内容紹介」から引用】

奈良・新薬師寺の香薬師立像は、旧国宝に指定され、白鳳の最高傑作と言われていた美仏。あまりの美しさから「金無垢でできている」という噂がたち、明治時代に2度盗まれたが、手足を切られ、純金製でないことが分かると2度とも道端に捨てられているのが発見され、寺に戻った。そして昭和18年、3回目の盗難に遭う。
「国宝香薬師盗難事件」は、戦時中の新聞にも報じられ、仏像ファンたちに大きな衝撃を与えた。2度盗まれて戻ってきた像だったが、今回ばかりは発見されず、未だ行方が分からない。
この行方不明の香薬師を見つけ出そうと、元産経新聞の記者である著者が取材を開始。新薬師寺住職の全面的な協力を得た調査では、まるでミステリー小説を地で行くような展開に。その結果、衝撃の新事実が発覚。ついに、「本物の右手」の存在をつかむ……。

https://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B-%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%81%BB%E3%81%A8%E3%81%91%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%96%B9-%E8%B2%B4%E7%94%B0-%E6%AD%A3%E5%AD%90/dp/4062202891/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1484415108&sr=1-1&keywords=%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 次に、この労作をきっかけとして、見つかった右手が大きな話題になっていることについて。

【以下は記事引用】

◆70年前盗難の重文仏像の右手戻り公開 「本体発見につながれば」 新薬師寺、奈良博

2016.12.26 20:31更新

 奈良市の新薬師寺から約70年前に盗まれて所在不明となっている白鳳期(7~8世紀)の「銅造薬師如来立像」(重要文化財、香薬師(こうやくし)像)の右手部分が見つかり、奈良国立博物館(奈良市)に寄託された。27日から一般公開され、関係者らは「本体発見につながれば」と、消えた傑作が戻ることを願っている。

 香薬師像は高さ約75センチで白鳳仏の代表的存在。明治時代に2度盗まれて寺に戻ったが、昭和18年に再び盗まれた。右手は最初の盗難後に切断され、3度目の盗難時に本体と一緒に盗まれたとみられていた。

 しかし、ノンフィクション作家、貴田(きだ)正子さん(47)が調べた結果、右手は別に保管され、神奈川県鎌倉市の寺に寄贈されていたことが判明。東京文化財研究所の調査で「白鳳期の金銅仏として矛盾する要素はない」と判断された。

 文化庁によると、平成27年度末現在で、国宝・重要文化財の美術工芸品のうち香薬師像を含む172件が「所在不明」。新薬師寺の中田定観住職は「これを機に情報が寄せられれば」と話している。

http://www.sankei.com/west/news/161226/wst1612260078-n1.html

◆行方不明の旧国宝、香薬師像の右手を72年ぶりに発見!

2016.10.12 19:39更新
㈱講談社
国宝盗難の謎に迫る衝撃のノンフィクション!「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」は講談社から発売!

白鳳時代の仏像の最高傑作といわれる奈良・新薬師寺の香薬師像。昭和18年に3度目の盗難に遭い、行方不明になっていたが、このほどその一部である「右手」が昨年発見され、新薬師寺に返還された。

仏像の右手にたどり着いたのは、元新聞記者で、20年以上香薬師像の取材を続けている貴田正子氏。新薬師寺住職の全面的な協力を得て地道な調査取材をするうち、昭和18年の盗難時に本体と右手がバラバラになり、実は右手だけが盗まれていなかったこと、その右手も行方不明になっていることが判明する。本体とは別に右手探しを本格始動すると、彫刻家や美術史家らの証言が得られ、ついに右手の所在を突き止める。そして無事、新薬師寺への返還が行われた。行方不明であることさえ知られていなかった文化財を探し当て、元の寺に戻すという「前例のない文化財発見のニュース」だ。

東京芸術大学名誉教授で、日本彫刻史研究の権威である水野敬三郎氏も、この右手を「本物」と認め、「この手の出現は美術史的にも大きな意義を持っています」とコメントしている。

また、7月末に行われた東京文化財研究所の科学調査により、「白鳳時代の金銅仏であることを否定するものは何も出なかった」という結果が得られた。

今回発見されたのは、紛れもなく本物の香薬師像の右手。その美しい造形と発見までの物語に、仏像ファンならずとも魅了されること、間違いない。

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/1143/resize/d1719-1143-671295-0.jpg ]

今回の歴史的発見に至る経緯をまとめたノンフィクション「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」が講談社より刊行される。書籍には、発見までの経緯の詳細のみならず、調査取材中に見つかった衝撃的な写真や、著者が丹念に調べ上げた当時の新聞記事、資料などが多数掲載されている。

http://www.sankei.com/economy/news/161012/prl1610120316-n1.html

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 過去に書いた以下の記事も参照。たまたまだが、これも産経新聞にて掲載されたもの

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1879505.html

香薬師如来像

「定朝」論  高田博厚

平等院阿弥陀如来2

高田博厚『思索の遠近』(読売新聞社1975年)を読んで大いに啓発された。日本の仏像彫刻家の文章は結構、見ているのだが、この人はフランス文学や音楽に造詣の深い近代彫刻家(あるいは文明評論家)とばかり思っていて、日本彫刻についての論考は手に取ったことがなかった。本書中、「定朝」「円空上人」「彫刻家高村光太郎と時代」などがあるが、ここでは「定朝」を中心に取り上げる。

◆「定朝」(淡交社『歴史の京都』第4巻 芸術家と芸能家 1971年1月)
定朝、その人を論じるのではなく、歴史・思想・権力と彫刻家との関係性に着目している。少し長い引用になるがコアとなる主張の部分を見よう。

「時代による感覚や型の推移は、現代と異なり、昔の遡るほど緩慢大らかに行われ、そこに人力を超える『時』の力と、徳を素直に示している。これを理解するならば、作品鑑定の場合、大陸の作だとか、日本人の作だとか論議するのはむしろ愚かに近い。中宮寺や広隆寺の弥勒菩薩が朝鮮製であろうと日本産であろうと問題ではない。影響と継承は堂々として行われー天平までの芸術がこれを雄弁に示しているーそこに世界の全民族に共通する『美』を生むとともに、その土地や時代の性格を自然に現すのであり、それが真の『伝統』であろう。だから藤原期に明らかになった『日本的』なものは、それに先行した大和の数世紀間に徐々に支度されていたものであるーたとえば唐招提寺は支那から直接導入されていたものであるが、そこの鑑真像は、どこの国、どの民族のものとも言えない普遍美を持っており、世界中の肖像彫刻中の最高傑作であろう。この『普遍美』は同寺金堂の列柱やそのふくらみがギリシア神殿のそれに似ているから、普遍的だとする以上のものを持っている。その興味ある例証は、同寺講堂にある如来型胴体であろう。頭部や両腕を落して、教義的型を無くしただけに、エジプトやギリシア、またロマネスクゴティックの直立像に共通する、時空を超えた普遍美そのものを示しているー。」(p.43)

高田の仏像彫刻についての考え方は、他の部分でも同様な見解を示し、様式史などには見向きもせず、その仏像が美の本質にどこまで迫っているかに価値をおいている。一方、時代の思想がその仏像に投下されていることを指摘し、これは仏師にとっての創作の意思に影響する。しかし、優れた仏像は時代精神を反映しつつも、仏師が結果として普遍美を追求しているかどうかにかかっている。

彼の審美眼からは、江戸時代にも良き作品があるとし、特に円空を高く評価する一方、明治時代の木彫の作品は、伝統とその継承から厳しく批判し、高村光太郎の作品のみが価値あるものとされる。その場合、作品の優劣を分けるのは「品位」を宿しているか否かであるとし、創作に悩みぬく気高き知性がそこに投影されていることが条件である。自身が彫刻家であるがゆえに書ける文章であるとともに、高田が当時にあって最高の知性を希求していた証でもあろう。

『韓国仏像史 三国時代から朝鮮王朝まで』 水野さや著

日韓半跏思惟像4
注目すべき書物である。時間があるときに、じっくりと手にとってみたいと思う。以下はそのための備忘録まで。

【以下は引用】
半島ならではの色合い

 西暦五三八年、百済の聖明王から仏像と経文が大和朝廷にもたらされ、日本に仏教が伝来した、と高校日本史で習う。次の世紀には日本でも本格的な仏像製作がはじまるが、法隆寺の釈迦三尊像や「百済観音」、中宮寺の菩薩半跏ぼさつはんか像、広隆寺の弥勒みろく菩薩半跏思惟像など、飛鳥時代を代表する作品には朝鮮半島の影響が強く残ると教えられる。だが、かの地の仏像について、私たちは多くを知らないままに済ませてきた。

 朝鮮半島では、三国時代、中国の前秦からまず高句麗に、続いて東晋から百済に仏教は伝わった。四世紀後半のことであり、半世紀ほど遅れて新羅にも仏教は伝わる。こうして、三国時代の朝鮮半島は仏教色に染まってゆく。仏像製作がそれに伴った。仏像製作は三国の間で刺激しあい、中国からの影響も受けながら、半島ならではの色合いを滲にじませてゆく。統一新羅時代から高麗時代にかけても王朝に手厚く保護された仏教信仰は民間に浸透し、仏像は時代ごとの表情をみせてゆく。崇儒すうじゅ廃仏を掲げた李氏朝鮮時代でさえも、面相が優雅で温和、姿勢が荘重で温雅な仏像が数多く製作されていた。

 朝鮮半島の今に残る仏像は、古くはもっぱら金銅仏と石造仏である。統一新羅時代から鉄造の仏像がこれに加わる。塑像は朝鮮時代になって普及した。日本には「百済観音」をはじめ木造仏が伝わったが、なぜか朝鮮半島に木造仏は残らなかったのだ。それでも、三国時代の金銅菩薩半跏思惟像は広隆寺に伝わる木造の弥勒菩薩像を思わせずにはおかないだろう。慶州の石窟庵ソックラムに坐ざす如来像(八世紀中頃)は、写真からでも、その静寂の内に秘めたのびやかな力量感が伝わってくる。

 本書は日本で最初の朝鮮半島の仏像通史である。著者は東アジア、なかでも朝鮮半島の仏像史研究に携わる美術史家。各時代に目を配り、韓国の研究者たちとの議論をふまえつつ、個々の作例にじつに丁寧な解説をほどこしてゆく。

 ◇みずの・さや=愛知県生まれ。金沢美術工芸大准教授、文学博士。著書に『図説 韓国の国宝』など。

 名古屋大学出版会 4800円

2016年11月07日 05時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

仏像 (ポストカード) (ヤマケイカレンダー2017)

仏像カレンダー 1

【上記および以下はすべて引用です】
https://www.amazon.co.jp/gp/product/463585213X/ref=pe_1863752_244288452_em_1p_0_ti 【“仏像 (ポストカード) (ヤマケイカレンダー2017)”の続きを読む】

FC2Ad