大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

なにわの仏教美術、順次公開 独自の神仏習合映す

大阪 渡来人マップ

面白い記事なのでピックアップ。上記は http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-449.html から。
ご参考まで。

【以下は引用】

 大阪市教委が今年度を通して、市内に点在する古寺の仏教美術を特別公開する催しを始める。数々の存亡の危機を乗り越えた多彩な仏画や仏像を順次公開する。

運慶と快慶、奈良・東京で展覧会

 大阪市内には千を超す寺院があるという。だが、江戸時代の「三大大火」や、1945年の大阪大空襲などで何度も被災。明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響もあり、寺宝も大半が失われたとみられていた。

 一方、近年の市教委の調査で、200点を超す仏教美術が各寺に残っていることが判明。それらを7回程度、現地の寺や「辰野ひらのまちギャラリー」(中央区平野町1丁目)で期間限定でみせる。

 1回目(30日~7月5日)は、このギャラリーで各寺社の仏画を紹介。市指定文化財を中心に、室町から江戸時代までの十数点を公開する。「刺繡(ししゅう)青面(しょうめん)金剛画像」(四天王寺蔵)は、長寿や息災を願う道教由来の「庚申(こうしん)信仰」の本尊。杭全(くまた)神社蔵の「牛頭(ごず)天王画像」は元々、インドの祇園精舎の守護神だ。

 2回目(7月9~11日)は「天下茶屋の聖天さん」で知られる正圓(しょうえん)寺(阿倍野区松虫通3丁目)で、江戸時代の珍しい仏像群二十数点を見せる。「木造天川弁才天(てんかわべんざいてん)曼荼羅(まんだら)」の異形さが際立つ。厨子(ずし)の中に水神の化身・ヘビ、童子や宝珠などがひしめく。赤い体に忿怒(ふんぬ)の顔の彫像は愛染明王にも見えるが、カメに乗って立つ「木造童子形男神(どうじぎょうだんしん)立像(りゅうぞう)」という。

 この2回には共通テーマがある。日本古来の神々への信仰と、伝来した仏教とが融合した「神仏習合」。市教委の鈴木慎一研究副主幹は「四天王寺や住吉大社など、大阪は神仏習合の影響を受けた信仰拠点だった。色々な信仰がまじり、独自性をもった仏像や仏画も伝来している」と言う。

 3回目以降は東大寺(住吉区)、金台(こんたい)寺(天王寺区)、三津寺(中央区)でも寺宝を公開予定。辰野ひらのまちギャラリーでは、大坂(石山)本願寺の前身の御坊を築いた蓮如をテーマにした展示も構想中だ。大阪には宗教都市の歴史もあることを学べる構成になる。

 1、2回目は午後1~4時。市教委学芸員の解説もある。朝日新聞社など共催。資料代として1回100円(学生無料)。市教委文化財保護課(06・6208・9168)。(清水謙司)
http://www.asahi.com/articles/ASK6K4QWHK6KPLZL001.html

かんなみ仏の里美術館 重文の仏像、修復開始

◆さくら 富士山

仏の里美術館開館(静岡県函南町)について
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-313.html

【以下は引用】
重文の仏像、修復開始 本来の姿へ 函南の美術館
(2017/5/21 08:08)

 函南町桑原のかんなみ仏の里美術館が所蔵している国指定重要文化財「阿弥陀如来及両脇侍像」の修復作業がこのほど始まった。仏像の一部は一時、行方が分からなくなっていた左腕をつなぎ直すなどの工程を予定していて「全国的にも珍しく、大がかりな作業」(文化庁)という。
 同文化財は鎌倉時代に慶派の仏師実慶が制作した阿弥陀如来坐像と勢至菩薩立像、観音菩薩立像の3体で、800年にわたって地元住民が地域の宝として大切に守り続けてきた。鈴木勝彦館長は「後世に伝えたいという先人の思いの積み重ねが今の修理につながっている。本来の姿に戻し、200年、300年先まで見られるようにしたい」と話した。
 3体はいずれも漆が剝がれ、カビが生えるなど劣化が激しい。同美術館で行った修復では文化庁文化財調査官の指導の下、技術者がアクリル樹脂を塗って剝落止めを施したり、ほこりを除去したりした。

 左腕が亡失していたのは観音菩薩立像。同館で行っている仏像の修復事業で、1年ほど前、別の像につけられていた腕が観音菩薩立像のものと判明した。奈良国立博物館文化財保存修理所(奈良県)に持ち込んで今後、約10カ月掛けて修復するという。同様に傷みがひどかった阿弥陀如来坐像の台座も同修理所に運び入れる。
 3体の仏像が再びそろって同美術館に展示されるのは来年3月ごろになる見込み。

 <メモ>阿弥陀如来坐像の首の内側に「大仏師実慶」の墨書があり、両脇侍像の顔から首の内側に「仏師実慶」との朱書きがあることから、実慶の作と判明した。同像は鎌倉幕府の正史とされる「吾妻鏡」の記録から、鎌倉幕府初代執権の北条時政が戦死した嫡男宗時の霊を弔うため制作を命じたという説が有力だが、地元では源頼朝が造らせたと伝えられている。

http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/361518.html

木×仏像(きとぶつぞう)-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年 見どころ

唐招提寺 薬師立像
重要文化財 木造 薬師如来立像 奈良時代(8世紀) 奈良・唐招提寺

まず、いくつかの展示会の紹介文から。

【以下は引用】
◆【木×仏像】360度で魅了 木彫仏70体を展示

古代から近世まで木で彫られた日本の仏像の歴史をたどる「木×仏像-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」(産経新聞社など主催)が8日から大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開催される。7日は開会式・内覧会が行われた。

 古来、人間の寿命をはるかに超えた長い時間、風雪に耐えながら立ち続ける樹木に畏敬の念を抱いてきた日本人は、身近で手に入りやすい木を、仏像という祈りの対象の素材として用いてきた。

 約70体で構成される今回の展示は、時代ごとに変わる木材の種類に着目。さらに、造り方や形状がわかりやすいよう、360度どこからでも見られる配置にした。このため、飛鳥時代の「菩薩立像」は横から見ると意外に薄いこと、割れた顔から十一面観音が現れる「宝誌和尚立像」には背後下部に丸い穴があることなども確認できる。

 「いろいろなお寺に宗派を超えて仏像をお出しいただき、充実した展覧会になった」と斎藤龍一・主任学芸員。6月4日まで。
http://www.sankei.com/west/news/170407/wst1704070076-n1.html

◆大阪で、日本の木彫仏1000年の技法展 

「大阪市立美術館」(大阪市天王寺区)で、ユニークな切り口の仏教美術展「木×仏像」が、6月4日までおこなわれています。

仏像の中でも木彫仏に着目し、飛鳥時代から江戸時代まで約1000年の流れをたどるもの。通常、仏像の展覧会は、時代、様式、仏師をテーマに構成されますが、本展のキモは技法や木の種類などです。たとえば技法では、飛鳥時代から平安時代初期までは「一木造(いちぼくづくり)」といって、頭部と体幹部を1本の木から作りました。しかしこの方法には、木材の外側と内側の乾燥度の違いから「干割れ」を起こしやすい欠点があります。そこで像の内部を削る「内刳り」(「背刳り」とも)がおこなわれるようになり、平安時代初期から後期には、仏像を割り、内刳りを施して再接合する「割矧造(わりはぎづくり)」が生まれました。そして平安時代後期になると、複数の部材を組み合わせる「寄木造(よせぎづくり)」へと発展するのです。

技法の進化に伴って使用される木材も、クス(飛鳥・白鳳時代)からカヤ(奈良時代〜平安時代初期)へと変化し、それ以降は主にヒノキを使用する一方、ケヤキ、クス、サクラ、カツラも用いられています。また、霊木や寺社の古材を用いることで、仏像の霊威を高めることもおこなわれました。

本展では、そうした木彫仏の変遷を、主に地元関西の寺院から拝借した55件で紹介しています。頭でっかちのプロポーションが可愛らしい「菩薩立像」、内刳りの様子が分かる「観音菩薩立像」、裂けた顔の下から本来の姿が現れる瞬間を表現した「宝誌和尚立像」など、個性的な仏像が沢山見られるので、マニアならずとも見逃せません。仏像と観客の目線が合うように高さを調整した展示台、陰影を強調して仏像の立体感を伝える照明、360度あらゆる位置から仏像を鑑賞できる配置(担当学芸員の齋藤龍一氏談)など、展示の妙にも注目を。そして最後の展示室では「立体曼陀羅」を思わせる華やかなフィナーレが待ち受けており、観客を驚きと陶酔の世界に導いてくれます。期間は6月4日まで、一般1300円ほか。
https://www.lmaga.jp/news/2017/04/23382/

大阪市美術館 日本の木彫仏1000年の技法展

************************
関西の仏像集積の分厚さを感じさせる展示会である。関西在勤中に感じたことだが、関西では平安時代の仏像など古仏に、有名でない寺院でも思いがけずお目にかかれる。今回の展示会でも、四天王寺、大門寺、河合寺など大阪の諸寺から半数以上、多くの出品がある。本展の大きな特色だろう。一方で、東博、奈良博からの出品があるのに、京博や京都有力寺院からはない。とても良い企画展なのに何故かなと思う。

【大阪市立美術館】
3 塑造 菩薩立像 Standing Bosatsu, Skt. Bodhisattava 奈良時代・8世紀 Nara period, 8th century 
4 塑造 供養者上半身像 Upper Part of Body of Attendant 奈良時代・8世紀  8th century 
5 木造 塑像心木 Core Wood of Clay Statue 奈良時代・8世紀  8th century 
28 木造 大日如来坐像 Seated Dainichi Nyorai, Skt. Mahāvairocana 10~11世紀 
32 木造 飛天像 Hiten, Flying Apsaras 12世紀
33 木造 聖観音菩薩立像 Standing Sho-kannnon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀 
50 木造 薬師如来立像 Standing Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 江戸時代・17世紀 
<参考> 木造 釈迦如来坐像 Seated Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 江戸時代・18世紀

【大阪・四天王寺】
9 ◎ 木造 阿弥陀三尊像 Amida Triad, Skt. Amitābha Triad 9世紀 9th century 
31 ◎木造 千手観音・二天像箱仏 Portable Shrine with Thousand-armed Kannnon, Skt Sahasra-bhuja Avalokiteśvara and Two Guardian Kings 12世紀 
43 木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 13世紀
45 木造 伝聖徳太子坐像 Seated Youthful Deity(Called Prince Shotoku) 13~14世紀 
46 木造 大日如来坐像 Seated Dainichi Nyorai, Skt. Mahāvairocana 14世紀 

【東京藝術大学大学美術館】
2 木造 天王立像 Standing Guardian King 飛鳥時代・7世紀 Asuka period, 7th century 
19 木造 不空羂索観音菩薩立像 Standing Fukukenzaku Kannon, Skt. Moghapāśa 10~11世紀 
54 木造 仏像寄木法標本(如来坐像) Sample of Statue of Seated Buddha by Joined Wood Block Construction 伊藤礼太郎
By Reitaro Ito 昭和23年(1948)
55 木造 仏像寄木法標本(菩薩立像) Sample of Statue of Standing Boddhisattava by Joined Wood Block Construction 伊藤礼太郎 By Reitaro Ito 昭和23年(1948)
 
【東京国立博物館】
1 木造 菩薩立像 Standing Bosatsu, Skt. Bodhisattava 飛鳥時代・7世紀 Asuka period, 7th century 
39 ◎ 木造 阿弥陀如来立像 Standing Amida Nyorai, Skt. Amitābha 永仙 By Eisen 正嘉3年(1259) 

【奈良国立博物館】
41 ◎ 木造 釈迦如来立像 Standing Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 玄海 By Genkai 文永10年(1273) 

【奈良・新薬師寺】
37 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 13世紀 
40 木造 四天王立像 Standing Four Guardian Kings 文永6年(1269) 
49 木造 賓頭廬尊者坐像 Seated Binzuru, Skt. Piṇḍola Bhāradvāja 室町時代・永正11年(1514) Muromachi period, 1514(Eisho 11) 

【奈良・薬師寺】
14 ◎ 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 
23 ◎木造 吉祥天立像 Standing Kichijo Ten, Skt. Mahāśrī 11~12世紀 

【奈良・唐招提寺】
6 ◎ 木造 薬師如来立像 Standing Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 奈良時代・8世紀 8th century 
7 ◎木造 伝獅子吼菩薩立像 Standing Bosatsu,Skt. Bodhisattava (Skt. Amoghapāśa) 8世紀 

【奈良・東大寺】
8 ◉ 木造 弥勒如来坐像《試の大仏》 Seated Miroku Buddha, Skt. Maitreya 8~9世紀 

【大阪・大門寺】
34 ◎ 木造 四天王立像 Standing Four Guardian Kings 12世紀 
35 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 12世紀 
48 木造 蔵王権現立像 Standing Zao Gongen Deity 南北朝時代・14世紀 Nambokucho period, 14th century 

【大阪・河合寺】
20 ◎ 木造 持国天立像 Standing Jikoku Ten, Skt. Dhṛtarāṣṭra 11~12世紀
21 ◎ 木造 多聞天立像 Standing Tamon Ten, Skt. Vaiśravaṇa 11~12世紀 

【滋賀・櫟野寺】
24 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 11世紀 
25 ◎木造 観音菩薩立像 Standing Kannon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀 
26 ◎木造 観音菩薩立像 Standing Kannon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀
27 ◎木造 釈迦如来坐像 Seated Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 11~12世紀 大阪・東光院

【兵庫・太山寺】
29 木造 不動明王立像 Standing Fudo Myoo, Skt. Acalanātha 12世紀 
47 木造 普賢菩薩騎象像 Fugen Bosatsu, Skt. Samantabhadra seated on an Elepfant 南北朝時代・14世紀

【大阪の諸寺】
11 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 9世紀 大阪・長圓寺
12 木造 伝聖徳太子坐像 Seated Shinto Deity(Called Prince Shotoku) 9~10世紀 大阪・若山神社
13 ◎ 木造 虚空蔵菩薩立像 Standing Kokuzo Bosatsu, Skt. Ākāśagarbha 10世紀 大阪・孝恩寺
15 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 大阪・蓮花寺
16 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 大阪・三津寺
17 木造 地蔵菩薩立像《あごなし地蔵》 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha (Called Skt. Kṣitigarbha without Chin) 10世紀大阪・和光寺
36 ◎ 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 鎌倉時代・13世紀 大阪・専修寺
42 木造 釈迦如来立像 Standing Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 13世紀 大阪・来迎寺 
44 木造 閻魔王坐像 Seated King Enma, Skt. Yama-rāja 13世紀 13th century 大阪・正明寺
53 木造 大元帥明王像頭部 Head of Taigen Myoo, Skt. Āṭavaka 北川運長 By Uncho Kitagawa 元禄14年(1701)大阪・延命寺

【その他の諸寺など】
10 ◎ 木造 薬師如来坐像 Seated Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 9世紀 奈良・宮古薬師堂
18 ◎ 木造 宝誌和尚立像 Standing Priest Hoshi 平安時代・11世紀 Heian period, 11th century 京都・西往寺
22 木造 二天立像 Standing Two Guardian Kings 11世紀 京都・成相寺 
30 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 12世紀 滋賀・誓光寺
38 ◎ 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 快成 By Kaijo 建長8年(1256) 奈良・春覚寺
51 木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 円空 By Enku 江戸時代・17世紀 Edo period, 17th century
52 木造 秋葉権現三尊像 Akiba Gongen Triad 円空 By Enku 江戸時代・17世紀 Edo period, 17th century

************************
大阪市美術館 日本の木彫仏1000年の技法展 2
滋賀・櫟野寺 観音菩薩立像 平安時代(12世紀)
https://www.lmaga.jp/news/2017/04/23382/

◆特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-481.html
で拝観した櫟野寺の一部の仏さまが、大阪にも出開帳しておられる。

◆帰化人の問題3ー四天王寺
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-129.html
で書いたとおり、四天王寺には多くの寺宝がある。今回の出展でもその一部を観ることができる。

◆東京藝術大学 2013年度研究報告発表展
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-405.html
東京藝術大学美術館にもよく足をはこぶ。関西の各寺との関係を深めており、素晴らしい企画展も多い。そうした観点からか、今回の展示会でも積極的な協力姿勢がうかがえる。

◆大阪市美術館探訪
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-65.html
最後に大阪市美術館について。この美術館は一見、地味だがその収蔵品は充実している。今回の展示も目のつけどころも良いし、啓蒙普及の視点もある。だからこそ、オール関西で、もっと盛り上がるようなラインナップが組めたらと思う。また一方で、予算の制約などもあるかも知れないが、HPでの情報公開や展示のストーリー性への訴求がやや弱い気もする。

ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像-

圓龍寺観音立像
兵庫県指定文化財 銅造菩薩立像 (白鳳時代)/朝来市圓龍寺蔵
https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2017-sp1.html

ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像-

【以下は引用】
兵庫の仏像70体一堂、国重文も 姫路で特別展

兵庫県内の仏像を集めた特別展「ひょうごの美(み)ほとけ-五国を照らす仏像」(神戸新聞社など主催)が22日、姫路市本町の県立歴史博物館で始まった。国の重要文化財など約70体を一堂に披露し、うち半数が展示施設では初公開になる。6月4日まで。

 同館は1984、91年に仏像展を開催。今回は前回の展示以降、新たに確認された仏像も数多く加え、白鳳(はくほう)時代-江戸時代の順に紹介した。

 同市書写の書写山円教寺の「毘沙門天(びしゃもんてん)立像」は展示施設初公開。丹波市山南町の岡本区が管理する「薬師如来坐像(ざぞう)」は本来33年に1度しか開帳されないが、今回特別に公開が実現した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201704/0010121655.shtml

木×仏像(きとぶつぞう)-飛鳥仏から円空へ  展示リスト

東博 菩薩立像(飛鳥時代)
木造 菩薩立像 飛鳥時代(7世紀) 東京国立博物館

*日本列島に仏教が伝わった飛鳥時代(7世紀)にさかのぼる希少な木彫仏で、クスノキ材の一木造りです。現存作例と文献資料による限り、飛鳥時代の木彫仏はすべてクスノキで造られました
http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/kitobutsuzo#cnt-3

木×仏像(きとぶつぞう)-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年 展示リスト

No. 指定 名称 作者 時代・世紀 所蔵

1 木造 菩薩立像 Standing Bosatsu, Skt. Bodhisattava 飛鳥時代・7世紀 Asuka period, 7th century 東京国立博物館
2 木造 天王立像 Standing Guardian King 飛鳥時代・7世紀 Asuka period, 7th century 東京藝術大学大学美術館
3 塑造 菩薩立像 Standing Bosatsu, Skt. Bodhisattava 奈良時代・8世紀 Nara period, 8th century 大阪市立美術館
4 塑造 供養者上半身像 Upper Part of Body of Attendant 奈良時代・8世紀  8th century 大阪市立美術館
5 木造 塑像心木 Core Wood of Clay Statue 奈良時代・8世紀  8th century 大阪市立美術館
6 ◎ 木造 薬師如来立像 Standing Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 奈良時代・8世紀 8th century 奈良・唐招提寺
7 ◎木造 伝獅子吼菩薩立像 Standing Bosatsu,Skt. Bodhisattava (Skt. Amoghapāśa) 8世紀  奈良・唐招提寺
8 ◉ 木造 弥勒如来坐像《試の大仏》 Seated Miroku Buddha, Skt. Maitreya 8~9世紀 奈良・東大寺

9 ◎ 木造 阿弥陀三尊像 Amida Triad, Skt. Amitābha Triad 9世紀 9th century 大阪・四天王寺
10 ◎ 木造 薬師如来坐像 Seated Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 9世紀 奈良・宮古薬師堂
11 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 9世紀 大阪・長圓寺
12 木造 伝聖徳太子坐像 Seated Shinto Deity(Called Prince Shotoku) 9~10世紀 大阪・若山神社
13 ◎ 木造 虚空蔵菩薩立像 Standing Kokuzo Bosatsu, Skt. Ākāśagarbha 10世紀 大阪・孝恩寺
14 ◎ 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 奈良・薬師寺
15 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 大阪・蓮花寺
16 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 10世紀 大阪・三津寺
17 木造 地蔵菩薩立像《あごなし地蔵》 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha (Called Skt. Kṣitigarbha without Chin) 10世紀大阪・和光寺
18 ◎ 木造 宝誌和尚立像 Standing Priest Hoshi 平安時代・11世紀 Heian period, 11th century 京都・西往寺
19 木造 不空羂索観音菩薩立像 Standing Fukukenzaku Kannon, Skt. Moghapāśa 10~11世紀 東京藝術大学大学美術館
20 ◎ 木造 持国天立像 Standing Jikoku Ten, Skt. Dhṛtarāṣṭra 11~12世紀 大阪・河合寺
21 ◎ 木造 多聞天立像 Standing Tamon Ten, Skt. Vaiśravaṇa 11~12世紀 大阪・河合寺
22 木造 二天立像 Standing Two Guardian Kings 11世紀 京都・成相寺 
23 ◎木造 吉祥天立像 Standing Kichijo Ten, Skt. Mahāśrī 11~12世紀 奈良・薬師寺
24 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 11世紀 滋賀・櫟野寺
25 ◎木造 観音菩薩立像 Standing Kannon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀 滋賀・櫟野寺
26 ◎木造 観音菩薩立像 Standing Kannon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀 滋賀・櫟野寺
27 ◎木造 釈迦如来坐像 Seated Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 11~12世紀 大阪・東光院
28 木造 大日如来坐像 Seated Dainichi Nyorai, Skt. Mahāvairocana 10~11世紀 大阪市立美術館
29 木造 不動明王立像 Standing Fudo Myoo, Skt. Acalanātha 12世紀 兵庫・太山寺
30 ◎木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 12世紀 滋賀・誓光寺
31 ◎木造 千手観音・二天像箱仏 Portable Shrine with Thousand-armed Kannnon, Skt Sahasra-bhuja Avalokiteśvara and Two Guardian Kings 12世紀 大阪・四天王寺
32 木造 飛天像 Hiten, Flying Apsaras 12世紀 大阪市立美術館
33 木造 聖観音菩薩立像 Standing Sho-kannnon Bosatsu, Skt. Avalokiteśvara 12世紀 大阪市立美術館
34 ◎ 木造 四天王立像 Standing Four Guardian Kings 12世紀 大阪・大門寺
35 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 12世紀 大阪・大門寺

36 ◎ 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 鎌倉時代・13世紀 大阪・専修寺
37 木造 阿弥陀如来坐像 Seated Amida Nyorai, Skt. Amitābha 13世紀 奈良・新薬師寺
38 ◎ 木造 地蔵菩薩立像 Standing Jizo Bosatsu, Skt. Kṣitigarbha 快成 By Kaijo 建長8年(1256) 奈良・春覚寺
39 ◎ 木造 阿弥陀如来立像 Standing Amida Nyorai, Skt. Amitābha 永仙 By Eisen 正嘉3年(1259) 東京国立博物館
40 木造 四天王立像 Standing Four Guardian Kings 文永6年(1269) 奈良・新薬師寺
41 ◎ 木造 釈迦如来立像 Standing Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 玄海 By Genkai 文永10年(1273) 奈良国立博物館
42 木造 釈迦如来立像 Standing Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 13世紀 大阪・来迎寺 
43 木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 13世紀 大阪・四天王寺
44 木造 閻魔王坐像 Seated King Enma, Skt. Yama-rāja 13世紀 13th century 大阪・正明寺 
45 木造 伝聖徳太子坐像 Seated Youthful Deity(Called Prince Shotoku) 13~14世紀 大阪・四天王寺
46 木造 大日如来坐像 Seated Dainichi Nyorai, Skt. Mahāvairocana 14世紀 大阪・四天王寺

47 木造 普賢菩薩騎象像 Fugen Bosatsu, Skt. Samantabhadra seated on an Elepfant 南北朝時代・14世紀 兵庫・太山寺
48 木造 蔵王権現立像 Standing Zao Gongen Deity 南北朝時代・14世紀 Nambokucho period, 14th century 大阪・大門寺
49 木造 賓頭廬尊者坐像 Seated Binzuru, Skt. Piṇḍola Bhāradvāja 室町時代・永正11年(1514) Muromachi period, 1514(Eisho 11) 奈良・新薬師寺
50 木造 薬師如来立像 Standing Yakushi Nyorai, Skt. Bhaiṣajyaguru 江戸時代・17世紀 大阪市立美術館
<参考> 木造 釈迦如来坐像 Seated Shaka Nyorai, Skt. Śākyamuni 江戸時代・18世紀 大阪市立美術館
51 木造 十一面観音菩薩立像 Standing Eleven-headed Kannon, Skt. Ekādaśamukha Avalokiteśvara 円空 By Enku 江戸時代・17世紀 Edo period, 17th century
52 木造 秋葉権現三尊像 Akiba Gongen Triad 円空 By Enku 江戸時代・17世紀 Edo period, 17th century
53 木造 大元帥明王像頭部 Head of Taigen Myoo, Skt. Āṭavaka 北川運長 By Uncho Kitagawa 元禄14年(1701)大阪・延命寺
54 木造 仏像寄木法標本(如来坐像) Sample of Statue of Seated Buddha by Joined Wood Block Construction 伊藤礼太郎
By Reitaro Ito 昭和23年(1948)東京藝術大学大学美術館
55 木造 仏像寄木法標本(菩薩立像) Sample of Statue of Standing Boddhisattava by Joined Wood Block Construction 伊藤礼太郎 By Reitaro Ito 昭和23年(1948)東京藝術大学大学美術館

◉ ̶ 国宝(National Treasure) ◎ ̶ 重要文化財(Important Cultural Property)
◇6 ◎ 木造 薬師如来立像( 奈良・唐招提寺): 展示期間 5月9日(火)~ 6月4日(日) ◆7 ◎ 木造 伝獅子吼菩薩立像(奈良・唐招提寺): 展示期間 4月8日(土)~ 5月7日(日)

http://www.osaka-art-museum.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/e6a651e8878abb9b2a5ef81d99e0a34f.pdf

FC2Ad