大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

興福寺 梵天・帝釈天 根津美術館で再会!

興福寺 梵天・帝釈天
112年ぶりに並べて展示された興福寺の梵天立像(右)と帝釈天立像(6日、東京都港区の根津美術館)

【以下は引用】

興福寺の仏像2体、112年ぶり「再会」 梵天と帝釈天
東京・根津美術館で並んで展示
2017/1/6 18:25

東京・根津美術館で7日に始まる「再会―興福寺の梵天(ぼんてん)・帝釈天」展で、高さ180センチ超の2体の仏像が112年ぶりに並んで展示される。

 興福寺が所蔵する梵天立像(重要文化財)と同館所蔵の帝釈天立像は明治期まで興福寺東金堂に安置されていた一組の像。1905年、廃仏毀釈で疲弊した寺を支援した実業家の益田鈍翁に帝釈天像が返礼として譲られ、その後、同館に渡った。

 運慶の父の門下の仏師、定慶による貴重な仏像の“再会”に「2体を対照できるまれな機会」と興福寺国宝館の金子啓明館長は話す。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFG06H6B_W7A100C1000000/

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」

櫟野寺9
重要文化財 薬師如来坐像 平安時代・12世紀 滋賀・櫟野寺蔵

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」を見に午前中、東博に行く。天気がよく10月とは思えぬ強い日差しと台風接近もあってかむし暑い。
巨大な十一面観音菩薩坐像(重要文化財)平安時代・10世紀や素朴な地方仏も良かったけれど、なんといっても薬師如来坐像(重要文化財)平安時代・12世紀が素晴らしい。定朝様のなかでも逸品である。
平等院鳳凰堂や法界寺では、これほど間近にて拝顔ができないが、今日の展示は距離が近く十分に堪能した。
地蔵菩薩坐像(重要文化財)平安時代・文治3年(1187)が次に興味深い。作風はいささか異なれども康慶作の静岡瑞林寺地蔵菩薩坐像を連想する。

さて、近江牛のファストフードのコーナーで「焼きしゃぶ+おにぎり」で腹ごしらえをして、13:30から平成館大講堂で、櫟野寺のご住職、三浦密照師による「近江の仏教文化と櫟野寺」を、つづいて滋賀県教育委員会事務局文化財保護課の井上優主幹による「近江の仏教文化『史』と櫟野寺」を15:30まで聴く。井上主幹の話は巧みで厭きさせず、かつ内容豊富で大いに啓発された。その後、もう一度会場に戻り再度拝観して帰る。

(参考)
特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-481.html 【“特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」”の続きを読む】

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」

櫟野寺8

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」が、東京国立博物館(本館 特別5室)で 2016年9月13日(火) ~ 12月11日(日) まで開催される。

甲賀といえば伊賀とともに、一般には「忍者の里」というイメージが強いが、比叡山延暦寺にもちかく最澄はじめ天台宗の僧が拠点とし往時は大寺院が栄えたゾーンでもあった。ゆえに平安時代からの仏像の集積も並々ならぬものがある。その甲賀の名刹、櫟野寺諸仏のいわば引っ越し展示が東京秋の仏像探訪のハイライトである。

【以下は引用】(記載がないものは東博HPから)

1.櫟野寺 らくやじ (いちいの観音)の略縁起(当寺HPから)

福生山自性院櫟野寺(いちいの観音)は桓武天皇の延暦十一年に比叡山の開祖伝教大師様が根本中堂の用材を得る為に甲賀郡杣庄おいでにまりました時、霊夢を感じて此の地の櫟の生樹に一刀三礼の下彫刻安置されました。日本最大坐仏十一面観音菩薩がご本尊様です。(世に生えぬきの観音様と称されております。)

その後、延暦二十一年鈴鹿山の山賊追討に当たり、杣ケ谷を櫟野まで登られた坂上田村麻呂公は、当地鎮座の櫟野観音さまに祈られその御力により鈴鹿山の群賊を平定することが出来たのであります。(鈴鹿山の鬼退治と伝わる)それ故将軍は当寺を祈願寺と定め、大同元年七堂伽藍を建立、永く当山守護の為に自ら等身の毘沙門天の尊像を彫刻、そして家来に命じて国技の相撲を奉納、是が現在まで継続しております大会式十月十八日の奉納相撲なのであります。

当寺は、天台宗総本山延暦寺の末寺で、往古は甲賀六大寺の筆頭と云われ、この地方の天台文化の中心寺院であり、広大な境内地を有し、その末寺には阿弥陀寺(櫟野)・仏生寺(神)・常楽寺・地蔵寺(櫟野)・成道寺(櫟野)・安国寺(櫟野)・詮住寺(櫟野)など数々の坊がありましたが、年月不詳荒廃に帰したのであります。(転宗、合併し一部現存)
http://www.rakuyaji.jp/engi.html

2.出展仏像

滋賀県甲賀市に所在する天台宗の古刹・櫟野寺(らくやじ)には重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体も伝わります。
その数は、優れた仏像が数多く残る 滋賀県でも特筆されます。本展は、20体すべてを寺外で展示する初めての機会です。本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3メートルもある圧巻の作品で、普段 は大きく重い扉に閉ざされる秘仏です。他にも、11体の観音や、どこか親しみのある毘沙門天立像、文治3年(1187)に造られたこと が知られる貴重な地蔵菩薩坐像など、櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作を一時にご覧いただける展覧会です。

櫟野寺1

櫟野寺2
重要文化財 十一面観音菩薩坐像  平安時代・10世紀  滋賀・櫟野寺蔵

◆木造十一面観音坐像(秘仏)
像高3mを超す大観音で、重要文化財に指定された十一面観音菩薩坐像では日本最大です。頭と体は一本の大木から彫り出されます。木の重さが伝わってくるような重厚な姿ですが、美しく整った顔を仰ぎ見ると心が癒されます。迫力と穏やかさがともにみられる表現は、10世紀の仏像の特徴です。

今から1200年前、比叡山開祖の伝教大師最澄上人が、根本中堂建立のため用材を求め、当地に来錫の折、櫟の巨木に霊夢を感じ一刀三礼のもと立木に刻まれたと伝わる、我が国最大を誇る坐仏の十一面観音さまです。(当寺HPから)

櫟野寺9
重要文化財 薬師如来坐像  平安時代・12世紀  滋賀・櫟野寺蔵

◆木造薬師如来坐像(甲賀三大仏)
左手に薬壺をもち、病気平癒をつかさどる薬師如来像です。本尊よりは小さいものの、仏像に求められる理想的な大きさである周丈六(しゅうじょうろく)を基準に表された像高2.22mの大作で、その穏やかな表現は、都の大仏師、定朝(じょうちょう)の作風を模範とする定朝様に倣います。最澄が開創した延暦寺根本中堂の本尊は薬師如来であり、いかにも天台宗の古刹、櫟野寺にふさわしいみほとけといえます。

櫟野寺の筆頭末寺であった、油日岳奥の院 詮住寺の本尊と伝わります。 作風は、定朝様の寄せ木造りで平安時代後期の周丈六仏です。台座、光背も当時のものが残る滋賀県下最大のお薬師さまです。 (当寺HPから)

櫟野寺3
重要文化財 薬師如来坐像

櫟野寺11
重要文化財 地蔵菩薩坐像  平安時代・文治3年(1187) 滋賀・櫟野寺蔵

◆木造地蔵菩薩坐像
地蔵菩薩は、釈尊が入滅したのち、弥勒がこの世にあらわれるまでの56億7千万年という長い間、我われを救って歩くという役目をもっており、古くより信仰されてきました。本像は像内の銘文から、文治3年(1187)に造られたことがわかります。仏師運慶らによって写実的な仏像が造られるようになった頃ですが、櫟野寺周辺ではまだこのように、平安風で穏やかな姿の像が造られていました。

櫟野寺末寺の地蔵院寛澤寺の本尊で、体内に文治三年(一一八九)の銘記があります。 このお地蔵さまは、腹帯を結んでおられるため、安産のお地蔵さまとして信仰され、地元では、お地蔵さまから腹帯を授かる風習が残っています。 (当寺HPから)

櫟野寺4
地蔵菩薩坐像

櫟野寺10
重要文化財 毘沙門天立像  平安時代・10~11世紀  滋賀・櫟野寺蔵

◆木造毘沙門天立像
平安時代の初めに坂上田村麻呂が鈴鹿山の山賊の追討を櫟野寺で祈願し、それが叶うと毘沙門天像を造って安置したといいます。この像は10~11世紀頃に造られたものですが、目をつり上げ、口をへの字に歪める表情にはどこか親しみをおぼえます。腹部に表された奇妙な顔にも注目してください。

この毘沙門天さまは、征夷大将軍坂上田村麻呂公、等身大(五尺八寸)の御分身と伝わる尊像で、寺伝では、櫟野観音の加護により鈴鹿山の山賊平定の報恩のために本尊守護のために祀ったと伝わります。 特に江戸時代には、田村麻呂公の信仰が盛んとなり、鈴鹿山麓の田村麻呂公を祀る田村神社と櫟野寺の二社寺を詣でる田村参りが盛んに行われました。 (当寺HPから)

櫟野寺6
毘沙門天立像

櫟野寺5
重要文化財 観音菩薩立像  平安時代・10~11世紀  滋賀・櫟野寺蔵

◆観音菩薩立像
櫟野寺には、本尊の十一面観音菩薩坐像をはじめ、10世紀~12世紀にかけて造られた観音菩薩が現在も複数残されています。このことは、観音への信仰がこの地に深く根ざしていたことをものがたっています。本像はそのなかでもすぐれたできばえの像で、切れ長の目など表情には厳しさがありますが、細身に表された体つきは優美です。

櫟野寺7

滋賀県甲賀市に位置する天台宗の古刹、櫟野寺は、延暦11年(792)に最澄が延暦寺の建立に際して良材を求めて当地を訪れ、櫟(いちい)の霊木に観音像を刻んだことがその始まりと伝えられます。鈴鹿山脈に連なる油日岳の山麓に位置し、すぐ近くを琵琶湖に注ぐ杣川(そまがわ)が流れるという立地は、世俗を離れ比叡山中で修行した最澄が、良材を求めた場所としてふさわしく感じられます。
征夷大将軍の坂上田村麻呂が山賊追討の祈願成就をよろこび、堂塔を寄進したとの伝承も残ります。また、白州正子氏が「かくれ里」とも呼んだこの櫟野(いちの)の地には、櫟野寺を拠点として数多くの天台寺院が建立され、豊かな仏教文化が花開いたのでした。秘仏本尊の十一面観音菩薩坐像はその制作が10世紀後半に遡るため、そのころには櫟野寺が甲賀における仏教文化の中心であったことが知られますが、本尊含め重要文化財に指定される平安仏は20体にも及びます。これら平安仏が林立する光景を前にすれば、かつて末寺として七坊を誇ったという名刹、櫟野寺の栄華がしのばれるでしょう。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1779#top 【“特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」”の続きを読む】

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち- 1

【以下は引用】

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

会期: 2016年7月5日(火)- 8月7日(日)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
* 本展をご覧のお客様は当日に限り、同時開催「平櫛田中コレクション展」を無料でご覧いただけます。
主催: 東京藝術大学、滋賀県長浜市

長浜市には、130を超える観音をはじめとするたくさんの仏像が伝わり、古くは奈良・平安時代に遡るものも多くあります。また、この地域は、戦国時代には「近江を制する者が、天下を制す」と言われ、幾多の戦乱や災害に見舞われましたが、そのたびに、地域住民の手によって観音像は難を逃れ、今日まで大切に守り継がれてきました。
これらの仏像は、大きな寺社に守られてきたのではありません。地域の暮らしに根付き、そこに住む人々の信仰や生活、地域の風土などと深く結び付きながら、今なお大切にひそやかに守り継がれています。
この展覧会では、このようなホトケたちの優れた造形とともに、こうした精神文化や生活文化を「祈りの文化」として紹介し、長い歴史の中で守り継がれてきた地域に息づく信仰のこころを全国に発信していきたいと考えています。
歴史・文化に彩られた北近江の長浜、この地に息づく「祈りの文化」と「観音の里」の魅力を通して、一人でも多くの方に、ホトケたちとそれを守る人びとの姿を感じ取って頂ければと考えています。

http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2016/nagahama2/nagahama2_ja.htm

今回、気に入り集中して拝観したのは、総持寺の2仏(特に千手観音立像:10,11 以下は下記掲載リスト「出品目録」の番号)、阿弥陀寺の阿弥陀如来立像(29)、宝厳寺の聖観音立像(39)、十一面腹帯観音堂蔵の阿弥陀如来坐像(32)など(参考ブログ1の写真を参照)。もちろん、野趣あふれる、素朴で愛らしい、魁偉な風貌に特色のある、多くの仏さまも堪能した。

なぜか小生のお気に入りは、長浜市指定文化財(出品目録では▲表記、◎国の重要文化財ではない)が多く、いつもの感想ー国宝、重文の指定のありかたへの大きな疑問ーがもたげてくるが、今回はここまでで留め置き。


(参考ブログ1)展示写真がよく撮れています

◆観音の里の祈りとくらし展@東京藝術大美術館 <内覧会レポートと感想>
http://tourdefrance.blog62.fc2.com/blog-entry-3175.html

◆「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-」
http://kamisavil.blog40.fc2.com/blog-entry-293.html
http://kamisavil.blog40.fc2.com/blog-entry-294.html
http://kamisavil.blog40.fc2.com/blog-entry-295.html
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(参考ブログ2)他の湖北の仏像を知りたい向きには・・・

◇特別展 湖北の観音
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-335.html

◇近江路の神と仏1  三井記念美術館 快慶 石山寺多宝塔本尊大日如来坐像
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-338.html

◇近江路の神と仏2  三井記念美術館 善水寺誕生釈迦仏立像
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-339.html

◇近江路の神と仏3  三井記念美術館 報恩寺観世音菩薩立像
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-340.html

◇近江路の神と仏4  三井記念美術館 吉祥天立像と女神坐像ほか
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-341.html

◇近江路の神と仏5  三井記念美術館 聖衆来迎寺 国宝「六道絵」ほか
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-342.html 【“観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-”の続きを読む】

仏像によるイタリア使節団!

毘沙門天像 湛慶作(鎌倉時代)

湛慶の毘沙門様ほか日本の仏像がイタリア・ローマへ。

【以下は引用】
文化庁主催海外展「日本仏像展」の開催

文化庁では,平成28年7月から9月にかけて,イタリア共和国ローマ市のクイリナーレ宮美術館において「日本仏像展」を開催します。

1.開催目的・概要

 平成26年6月,イタリア共和国で行われた日伊首脳会談において,平成28年の日伊外交関係開設150周年等を契機として,両国の文化・人的交流を飛躍的に拡大することで合意し,その一環として日本の仏教美術に関する展覧会の開催を安倍総理からレンツィ首相に提案しました。
 6~7世紀に朝鮮半島や中国より伝えられた仏教彫刻は,10世紀以降に題材や表現の上で独自性を強め,平安後期には優美さを至上価値とする王朝美術を成立させ,次の鎌倉時代には迫真的で力強く,またそれまで日本彫刻の総決算とも捉えられる豊かな内容をもつ彫刻が生み出されました。各時代におびただしい数の仏像が造られ,現在までに多数の作品が伝えられています。
 この展覧会は,そのような日本仏教彫刻の特色をよく示し,また異なる文化を有する観覧者にも共感をもって眺められるような,飛鳥時代から鎌倉時代までの作品21件(35点)を選び展示します。

2.主催・後援

主催:文化庁,パラエクスポ財団(クイリナーレ宮美術館)後援:イタリア文化財・文化活動・観光省

3.会期・会場
開会式:平成28年7月28日(木)一般公開:平成28年7月29日(金)~平成28年9月4日(日)会場:クイリナーレ宮美術館(イタリア共和国・ローマ市)

4.出品件数
 21件(35点)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2016041901_besshi01.pdf

深大寺 釈迦如来倚像2
重要文化財釈迦如来像(飛鳥時代)

薬師如来像 国宝
国宝薬師如来像(平安時代)

梵天像 奈良時代 重文
重要文化財梵天像(奈良時代)

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2016041901.pdf 【“仏像によるイタリア使節団!”の続きを読む】

FC2Ad