大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

中国とオランダ 章公祖師像

中国 章公祖師像

様々な影響が今後、気になる事案。ナショナリズムの発露、過去の簒奪(盗品など)についての考え方、文化と政治のありようなど考えるべき問題は多い。日本と韓国の関係にも一石を投じる可能性もある。

【以下は引用】

盗まれてオランダに渡った中国の仏像、中国が返還提訴

2017/3/15(水)7:00 NEWSポストセブン

 中国福建省の博物館から1995年に盗まれた仏像が「オランダのアムステルダムの博物館に所蔵されている仏像と同じだ」として、同省在住の博物館関係者が仏像の返還を求め、オランダ人所有者をアムステルダムの裁判所に訴えた。その第1回公判が今年7月に開かれることが分かった。「盗品」である文化財の返還を求めて、中国の関係者が海外で裁判を起こすのは極めて珍しい。

 ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)によると、海外に流出している中国の文化財は167万件以上とみられており、今回の裁判の結果次第では、「盗品」の返還を求め、中国の関係機関による裁判ラッシュが起きることも懸念されている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 中国側の主張によると、この仏像は福建省太田県陽春村の博物館に所蔵されていた「章公祖師像」という北宋時代 (960-1127年)に作成されたもの。

「章公」という僧侶は実在した人物で、医術の心得があり、住民が病気の時に治療をしたことで多くの人々の命を救ったとされる。住民から深く慕われており、章公が死んだ際、住民は彼をミイラにして、その身体に合わせて、すっぽりと金属で覆い金色の仏像を作ったとされる。

 それ以来、仏像は村民に受け継がれ、新中国建国後前後には博物館に展示されるようになったが、1995年には博物館から盗まれていた。

 ところが、この仏像と思われるものが2014年1月から8月までオランダのドレンテ博物館で展示された後、10月からハンガリーの自然史博物館で展示。そして、陽春村の博物館関係者が同展示会を見た際、「章公祖師像ではないか」と指摘。展示は2015年3月20日に中止され、オランダに戻された。

 仏像の所有者はアムステルダムの建築家で、1996年に約1万8100ユーロ(約235万円)で購入した。かつて1000万ユーロ(約13億円)で譲ってほしいという希望者もいたが、売らなかったという。「この仏像が本当に福建省から盗まれたものであるならば、返還しても良い」と述べている。

 その後、オランダ人所有者は「この仏像が盗まれたと中国側が主張する時期以前に、私はこの仏像をオランダで見たことがある。鑑定をするなどして、本当に盗品かどうかを証明してほしい」と反論。一転して、所有をめぐって中国側と争う姿勢に転換した。

 その結果、中国側がオランダの裁判所に訴え出て、裁判が開かれることになったという。

 中国から海外に流出した文化遺産の返還を求める動きは年々強まっているが、最も有名なのは円明園の12支像問題で、その一部がパリのオークションで競売にかけられ、中国側が返還を求めるなど国際問題に発展した。中国の文化財は、47カ国の約200カ所の博物館で展示されており、そうしたことも、今回の裁判が注目される理由でもある。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2688873

テクノ法要

テクノ法要

お寺さんも少子高齢化、限界集落論などの動きのなかで、さまざまな取り組みを行っている。

【以下は引用】
プロジェクター投影&舞台照明で極楽浄土を表現!?
 「テクノ法要」実践の福井・照恩寺がクラウドファンディング


文化庁の『宗教年鑑』によると、仏教のお寺(宗教法人)の数は全国で約74000件。信者数は約4775万人とされていますが、その数は年々減少傾向にあり、一説によると2040年には30~40%のお寺が消える可能性があるとか。
そんな中、仏様の存在をより近しいものへとする斬新な取り組み、その名も「テクノ法要」が福井県福井市の浄土真宗本願寺派・照恩寺で実践されています。

照恩寺の朝倉行宣住職は、20代前半にはDJとして活動。YMOに影響を受けたと公言し、「細野(晴臣)さんの精神性の中に仏教を感じていた」といいます。また、Perfumeの「Dream Land」のパフォーマンスに特に感銘を受けたとして、その歌詞についても「阿弥陀様の気持ちを歌っているのではないかと感じるようなもの」と語り、妻の後押しもあり「テクノ法要」へと昇華したといいます。

『YouTube』では、2016年10月25日に勤めた「テクノ法要」がアップされており、その光に照らされる境内と仏様の様子、さらにはテクノ版のお経と木魚の音が一体となった映像を見ることができます。

照恩寺 テクノ法要 2016/10/25 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=8dmPCC5EYTQ

一見奇想天外ですが、その曼荼羅のような色彩豊かな世界観が展開され、サイバーな雰囲気の声明も違和感なく聞こえてくるように感じます。
なんでも、住職のお母さんも本番前日のリハーサルを観て「これはお浄土だわ」と納得し、お年寄りも「お浄土って奇麗やねぇ」という反応だったとか。
すでに照明などの機材に60万円費やしているという朝倉住職ですが、現在クラウドファンディングサイト『Readyfor』で2017年2月24日まで30万円の出資を募っています。資金はプロジェクター購入費、プロジェクションマッピング等ソフト、舞台照明機材などに充てるとのこと。

「阿弥陀仏は光の仏様」であり、「僧侶として大切なのは、仏の教えを伝えること。テクノ法要は単なる”客寄せパンダ”ではない」と力説する朝倉住職のクラウドファンディングが成功するのかどうか、音楽ファンの視点からも注目されます。

固定観念を崩せ!テクノ法要で仏教を身近にー照恩寺住職の挑戦(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/techno-hoyo

【対馬の盗難仏像判決】韓国専門家の相当数、日本返還求める 「国際的信用失墜させる」「略奪の確証なし」と断言

対馬市観音寺観世音菩薩(盗難品)

慰安婦像問題が片付かないさなか、とても不味いタイミングで以下の記事が配信されている。本ブログでも紹介してきたように、仏像についても文化交流で地道な関係者の努力がある一方で、そうした動きを台無しにするような、砂を噛むような事態が発生している。司法の権威が失墜すれば、その国の信頼は根底から揺らぐ。ことは小金銅仏の問題にとどまらないだろう。

【以下は引用】

【ソウル=名村隆寛】長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団が盗み出し、韓国に持ち込まれた「観世音菩薩坐像」を、元の所有権を主張する韓国中部・瑞山(ソサン)の浮石(プソク)寺に引き渡すよう命じた大田(テジョン)地裁の判決について、27日付の韓国紙は、日韓関係のさらなる悪化や、韓国の専門家の否定的な見方を伝えた。

 朝鮮日報は、韓国の専門家の相当数が「たとえ略奪された文化財であろうが、適法な手続きで返還せねばならない」と指摘していることに言及。「具体的な略奪、搬出の経緯が証明されずに(日本からの)盗品をを“略奪文化財”と認めたことで国際的な信用を失墜させるのはもちろん、今後日本などとの文化財交流に与える影響は小さくはない」とする西江大学教授の見方を紹介した。

 同紙によると、国際法の専門家は匿名で「略奪された確証がなく、韓国人が盗んできたことが明らかな文化財を『韓国のものだ』と主張するのは国益にならない」と述べたという。

 東亜日報は「韓国の文化財界では歓迎と憂慮が交錯している」とし、「判決により、韓日の文化財交流や日本国内の文化財の(韓国への)返還運動に多くの困難が出るだろう」とする複数の学者の見方を伝えた。

産経新聞記事

ギメ東洋美術館(パリ)蔵 勢至菩薩立像 里帰り

パリ ギメ東洋美術館 勢至菩薩
パリのギメ東洋美術館に渡った勢至菩薩

【以下は引用】
2017年1月24日12時02分

法隆寺からフランスに渡っていた仏さまが里帰りする。それも、寺宝調査の完成を祝うタイミングで。高田良信さんの念願が絶妙な形でかなうことになった。

     ◇

 1981(昭和56)年に始まった法隆寺昭和資財帳調査ですが、その編纂(へんさん)には時間的な限度があります。いつ打ち切るか、どこまでするか。絶対完全ということはありません。ひとつの区切りとして、94(平成6)年に完成を祝う「法隆寺昭和資財帳調査完成記念―国宝法隆寺展」を開催することになりました。

 千数百年来の仕事が完成したのだから思い切った出陳をしたいと、寺内に諮り、お許しを得ました。聖霊院のご本尊である聖徳太子坐像(ざぞう)も含め、ありとあらゆる寺宝を出させていただきました。

 念願だったのは、パリのギメ東洋美術館に渡った勢至菩薩(せいしぼさつ)像の里帰りを実現させ、本来安置されていた阿弥陀如来像と並んで展示したいということでした。それが実現したのは大変な喜びでした。2月28日のことです。また、同年末にはお身代わり像を金堂に安置することができました。

     ◇

《展示に先立ち、2月24日付の朝日新聞朝刊はこう伝えた。

 盗まれた法隆寺の菩薩像が120年ぶり里帰り

 奈良県斑鳩町・法隆寺の金堂から明治時代に盗まれてパリのギメ美術館で一九九一年三月、百十五年ぶりに見つかった阿弥陀如来座像の両側に立つ脇侍(きょうじ)の一体、「金銅・勢至菩薩立像(せいしぼさつりゅうぞう)」が里帰りし、二十三日、奈良市の奈良国立博物館で荷を解かれた。

 三月一日から同博物館で開かれる「法隆寺昭和資財帳調査完成記念―国宝法隆寺展」で、阿弥陀如来座像、観音菩薩立像(いずれも重文)とともに阿弥陀三尊像として展示される。三尊がそろって公開されるのは、勢至菩薩が姿を消したとみられる一八七六年以来。

 勢至菩薩は高さ約六十センチ。貞永元年(一二三二)、運慶の四男康勝(こうしょう)が造ったと、阿弥陀如来座像の光背の銘文などに記されている。》

http://www.asahi.com/articles/ASK1F55X5K1FPLZU002.html

仏像修理の技、企画展が開幕 京産大ギャラリー

京都産業大ギャラリー
朝日新聞デジタル映像から

【以下は引用】
仏像修理の技、企画展が開幕 京産大ギャラリー

2017年1月24日12時02分

 文化財の修復作業を紹介する企画展「仏像修理の現場」が23日、下京区中堂寺の京都産業大ギャラリーで始まった。3月11日まで。

 京産大では5年前から、学芸員課程の学生が学ぶ機会も兼ねて京都の歴史や文化財に関連した企画展を開いてきた。今回は、公益財団法人美術院の修理技術者が実際に使用する道具などを展示。木材に直線を引く「墨壺(すみつぼ)」や「槍鉋(やりがんな)」などの伝統的な道具から、木材の腐敗を防ぐため近年使われるようになった合成樹脂、紫外線に強いアクリル絵の具などを紹介。東寺(南区)の千手観音立像(国重要文化財)修復の際、もとの形を正確に再現するためにつくられた模型も並ぶ。

 この日訪れた公務員の池田剛さん(45)は「元々あったものに近づける技術は素晴らしいし、大切にしなければいけない」と話した。

 入場無料。日祝休館(2月5、19日は開館)。2月19日には京産大むすびわざ館ホールで、美術院・西洞院工房長の八坂寿史さん(61)による講演会がある。問い合わせは同館事務室(075・277・0254)へ。

http://www.asahi.com/articles/ASK1R3V9KK1RPLZB005.html

FC2Ad