大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

東京国立博物館にて

00-1
応挙館 (おうきょかん)
木造平屋建て、瓦葺き、間口15m、奥行き9m、18畳2室、廻廊下を巡らしています。床張付等には、円山応挙のものと伝えられる墨画が描かれています。
※ 応挙館の障壁画については、作品保護のため複製画に差し替えました(2007年8月)。
http://www.tnm.go.jp/jp/guide/useFacilities/index.html

 東博には、なかなか立派な庭園がある。時々、開園している。その時はいつも散策する。今日は、桜の季節なので開園しており、かつ、茶室で一服という趣向もあった。園内に5つある茶室のうち、最大の規模の応挙館での茶会であり、ボランティアの方々の周到なおもてなしで、実に清々しい充実した時間を過ごすことができた。

 それ以外は、ほとんど法隆寺館で小金銅仏を見て、閲覧室で久野 健 (著), 田枝 幹宏(写真)『古代朝鮮仏と飛鳥仏』を読んでいた。「西暦7、8世紀の主要な古代朝鮮仏の仏像の写真を多数収録。さらに、この写真をもとにした古代朝鮮仏と日本の飛鳥・白鳳仏との関係についての考察を付した。東出版1979年刊」という内容である。ほかにも数冊、飛鳥仏関係の本を手にとって読む。こちらもこよなく豊かな時間である。
【“東京国立博物館にて”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad