大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

大遣唐使展 7 <風水思想と平城京>

00004

 歴史を繙くと、577年造寺、造仏師が百済から渡来とある。すなわち、建築と造形の専門家が来た。588年には瓦博士他がこれも百済から渡来する。推古天皇の即位が592年、聖徳太子が摂政となったのが593年。6世紀末迄は百済、新羅、高句麗など、朝鮮半島から大きな文化の移入があった。
 聖徳太子は(あるいは蘇我ファミリーは)、次に中国大陸からの直輸入ルートの開拓に着手する。607年遣隋使小野妹子の派遣。ここから遣隋使、遣唐使の永い歴史がはじまる。
 さらに約一世紀。710年平城京遷都。そして、ここを基点に1300年記念たる今日を迎えるわけだが、その都市づくりには、早くから風水の思想が取り入れられていた。それが上記の四神が東西南北を司るという考え方である。


(参考)
 四神相応は、東アジア・中華文明圏において、天の四方の方角を司る「四神」の存在に最もふさわしいと伝統的に信じられてきた地勢や地相のことをいう。四地相応ともいう。なお四神の中央に「黄竜」(おうりゅう)、あるいは麒麟を加えたものが「五神」(ごじん) と呼ばれている。
(出典)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%A5%9E%E7%9B%B8%E5%BF%9C

0001

 四神相応を、<コンポーネント分解>すると上記のような形となる。青春、朱夏、白秋、玄冬といった用語は、われわれの日常生活でもよく使用される。また、青龍刀、朱雀門、白虎隊、玄武館といった用語は、いずれも風水思想を下敷きにしている。平城京もこの考え方のもと建都されており、その歴史的な古層はいまもこの地に息づいていると言えよう。

003

(参考)
 平城京はその建都にあたっての詔勅に、「方今、平城之地、四禽叶図、三山作鎮、亀筮並従。(方に今、平城の地、四禽図に叶ひ、三山鎮を作し、亀筮並に従ふ。)」とある。この「四禽図に叶ひ」とは四神相応のことであり、奈良時代には平城京が四神相応の地であると考えられていたことを確認できる。平城京の立地は、平安京で説かれるような山川道澤にはあてはまらない。しかしそれを四神相応とする以上、奈良時代には別の解釈がとられていたことになる。
(出典)同上

 さて、1300年をへた現代。記念会場のイラスト図は、まさに風水思想のもとに作成され、往時の記憶を甦らせている。大遣唐使展でも、遣隋使、遣唐使は優れた外交官であるとともに、派遣された当時の「頭脳」は、抜群の秀才ーわが国のスーパー・エリートたちであり、しかも彼らは必死で大陸の文物を吸収し、それをわが国に移入せんと全力を尽くしたことがわかる。

 そもそも大陸に無事に行き着けるのか、そこで各自の任務を果たしうるのか、仮にそれができたとしても、生身で帰国が可能となるのか・・・。遣隋使、遣唐使の彼らは、報われるかどうかわからない、まさに生死を賭けた大仕事に従事したわけであり、道半ばで大陸で骨となった逸材がいたという展示前では、多くの観察者は溜息をついたと思う。
 彼らの経験、エネルギーは、しかし、帰国できた段階では全開となる。外交官ではない専門家たちは、それぞれの分野で「新知識人」として存分の活動を行ったろう。ある者は建都構想(都市プランナー)に、ある者は最先端の巨大建築たる造寺(建築家)に、ある者は経典解読(僧、博士)に、仏所・工房での造像(仏師、造形アーティスト)に、さまざまな武具、工芸品などの作成(製造業者、工芸家)に、その力を発揮したであろう。
【“大遣唐使展 7 <風水思想と平城京>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 6 <聖徳太子>

00002
法華義疏写本(紙本墨書)

  第2会場の聖徳太子関連展示も大変充実している。法華義疏写本と天寿国繍帳残闕の2つの国宝はそのハイライトである。
 法華義疏写本は聖徳太子の作で、書き込み、改訂があるのは太子が推古天皇にレクするにあたっての「草稿」だからとの解説もあるが、これについては異説も多い。自分の直感でも、何故、このような古筆(紙)が太子ゆかりの寺々の動向(ほとんどは焼失、最古の法隆寺も再建)からも、今日、存在している蓋然性を考えると異説に傾きたくなる。
 「日本書紀を疑え」、「聖徳太子はいなかった論」などに単純に荷担するつもりはないが、さりとて、これを真作とすることに躊躇は禁じえない。しかし、現物を有り難く見ていると、凡人の常で、「もしかすると太子の真筆の部分があるとすれば、太子はこんな筆跡だったのかな・・・」などと悠久のロマンを感じることも事実であり、しばしの間釘付けとなった。
 聖徳太子の時代はほぼ遣隋使とオーバーラップするが、この展覧会で太子関係の文物が多く展示されているのは、いかにその影響が大きいかを物語る。この点は、太子の時代、それ以降の激動し複雑な外交史、厖大な文化・技術移入、おそらくは最重要課題であったであろう帰化人政策との関係でも興味は尽きない。


(参考)
『法華義疏』は伝承によれば615年に作られた日本最古の書物となる。

一般に聖徳太子自筆とされている『法華義疏』の写本(紙本墨書、4巻)は、記録によれば753年までに行信が発見して法隆寺にもたらしたもので、長らく同寺に伝来したが、1878年(明治11年)皇室に献上され御物となっている。

この写本は冒頭の表題と撰号(著者署名)を欠いており、第一巻の巻頭には別紙を継いで、ここに「法華義疏第一」の内題があり、その下に本文とは別筆で「これは日本の上宮王(聖徳太子)が創ったもので、海外から渡来したものではない」(意訳)と書かれている。 料紙については、本文は中国製の紙を使用し、貼紙は日本製の紙であるとの見方もある。 本文の行間には書込み、訂正などが見られ、草稿本であることが明らかである。書風は六朝風であるといわれ、聖徳太子自筆の草稿本と考えられているが、異説もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%B5%8C%E7%BE%A9%E7%96%8F#.E6.B3.95.E8.8F.AF.E7.BE.A9.E7.96.8F 【“大遣唐使展 6 <聖徳太子>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 5 <和歌山 親王院 阿閦如来(金剛峯寺)他>

0003.jpg
(写真はイメージ、本展と直接関係なし)

 今回の展示中、画像とともに是非紹介したいと思った一つが、和歌山 親王院 阿閦如来(金剛峯寺)である。この銅像は、小振りで華奢な造りだが、ご尊顔の表情が実に生き生きとして、慈しみに満ちている。残念ながら、うまくネット上で映像を見つけることができなかったので、同じ金剛峯寺所蔵から、国宝 諸尊仏龕 1基をあげておきたい。こちらは別の観点から注目。そのあまりに微細な加工技術の凝縮に驚かされる。

国宝 諸尊仏龕 1基
和歌山・金剛峯寺 木造 高23.1cm 中国・唐(7~8世紀)
空海請来と伝える、携帯用小仏龕。ビャクダンの一材を3つにわけて身と左右の扉を作り、蝶番でつないで開閉可能にしている。内側には仏・菩薩など総数25体の尊像と、香炉・供養者・獅子・神々の像などが超絶的な彫技で刻出されており、この種の檀龕仏の最高傑作といえる。八角筒形に伏ふく鉢ばちを乗せたかのような外形はストゥーパ(仏塔)の形に由来する可能性が高く、8つの角の上方にパルメット文を刻みつける。
 「弘法大師請来目録」にみえる「刻白檀仏菩薩金剛等像一龕」に該当するとの見方が有力で、同書の記載を信ずるならば、密教の根本経典『金剛頂経』を唐に伝えた金剛こんごう智ち (671~741)が南天竺国からもたらし、不空(705~74)・恵果(746~805)の2人の祖師を経て空海の手に渡ったということになる。ただし実際の制作地は中国とみられ、年代も空海入唐よりかなり遡る7世紀後半~8世紀初と考えられる。彫りの深い諸尊の顔立ちなど、その作風はきわめて異国的だが、唐代併行期の西方の諸作例よりも、むしろ6世紀の中国彫刻、特に外来様式を大幅に取り込んだ作風が開花した北斉時代(6世紀後半)頃の形式を濃厚にとどめている点が注意される。幕のついた天蓋状の屋根をもつ仏龕の形、2条の陰刻線を用いた衣文の表現、頭頂が巻貝状を呈する人物(『維摩経』等にみえる「螺髻梵王」との見方が有力)などは6世紀特有の要素であり、由緒ある西方将来の古像を範として、形の継承が行われたと考えるべきであろう。
(奈良博 プレス・リリース資料から転載) 【“大遣唐使展 5 <和歌山 親王院 阿閦如来(金剛峯寺)他>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 4 <東大寺大仏殿前八角灯籠火袋音声菩薩>

0003

 本展には、東大寺大仏殿前八角灯籠火袋音声菩薩のオリジナルが出展されている。久しぶりによく観察する。実に「贅沢」な一品である。この大きな燈籠は、言うまでもなく釣り合いをとって、巨大な大仏殿を照らすために造られたろう。しかし、ここで贅沢と思うのは、その手の込んだ装飾であり、天平の天女を描いたこのレリーフー軽やかで、楽しげで、耳を澄ますと音色が聞こえてきそうな写実的な想像力をもったーの見事さである。これが惜しげもなく風雪にされされる戸外に置かれていたのである。
 音楽の重要性もこの時代の特色で、本展以外にも、天女ならずとも童子とでも呼ぶべき多くの楽器を奏でる木造彫刻が残されている。
  【“大遣唐使展 4 <東大寺大仏殿前八角灯籠火袋音声菩薩>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 3 <仏像彫刻の逸品>

0000
 
 下記の目玉展示のほか、会場内には逸品の仏像が多い。金銅仏は奈良博と東博の常設展示分などがいわば「転用」されており、「お久しぶりです」と語りかけたいような感じである。小金銅仏は、東博法隆寺館の飛鳥時代の諸仏の作風から比べると、全般の印象として柔和、丸み(物理的な意味より、その醸す印象とでも言っておこうか)を感じる。多くの観賞者がその前で足をとめ、思わず「可愛いね」とお互い話しかける女性たちも・・・。見ていて微笑ましい。小賢しい知識よりも優れた感性で見るべし、これぞ仏像のもつ本来の魅力である。
 第2会場の最後の方にある最澄(滋賀 観音寺)、空海(奈良 元興寺)の並んだ肖像彫刻も両人の性格を反映しているようで、見飽きない。最澄の表情は険しく瞑目、一方、空海は一種茫洋とした表情でまわりに目線を送っている。法隆寺、東大寺、唐招提寺、大安寺など奈良諸寺も仏像を出展しているので、居ながらにしてこの時代の彫刻の特徴を知ることができる。遣唐使が舶載した仏像がいかに大きな影響をわが国に与えたか、その一方、既に日本国内でも仏所、工房の生産体制も整いつつあったろう。
 なお、大阪市美術館からは中国の2つの大きな仏頭(龍門石窟)が出張っている。


(参考)
<大遣唐使展>「仏教美術の東伝」解説…公開講座で稲本室長

「仏像の手本を遣唐使が持ち帰った」と説明する稲本室長(奈良市の奈良国立博物館で) 「大遣唐使展」の公開講座が10日、奈良国立博物館講堂(奈良市)で開かれ、展示品の選定などを担当した同博物館の稲本泰生・企画室長が「仏教美術の東伝と遣唐使」をテーマに講演、約100人が聞き入った。

 稲本室長は、初めて並んだ薬師寺の聖(しょう)観音菩薩(ぼさつ)立像と、その源流とされてきた唐代の石仏・観音菩薩立像(米・ペンシルバニア大博物館蔵)それぞれの特徴を解説。「正面の印象は似ているが、横から見た姿勢には違いがある」と指摘した。

 また、仏教美術がインドから唐を経て日本に伝わった経緯について、釈迦の足の裏の形を刻んだ薬師寺の仏足石などを例に挙げて説明。「仏像の理想像が東アジアに広がり、日本に持ち帰る役割を遣唐使が果たした」と語った。
(2010年4月11日 読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/nara/news/20100411-OYO8T00338.htm 【“大遣唐使展 3 <仏像彫刻の逸品>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 2 <京都安祥寺本尊 十一面観音像>

0009

 第2会場でひときわ目をひく大振りな仏様が1体ある。自分は、第2会場から見だしたので、遠目で、「これがペンシルベニア博物館蔵の石の観音様かな、でも、それは2体対で薬師寺聖観音像の隣にあるはずなのに、単体だなぁ・・・」と思って近づく。違う!そこでお会いしたのが、京都安祥寺本尊の十一面観音であった。奈良時代後期の造像。最近研究がすすみ、かつ、大改修をへてのお目見えとある。このような逸品があることは専門家以外では永らく知られていなかった。

 多くの解説は不用だろう。見ることで十分に納得がいく素晴らしい仏様であり、前傾姿勢は原木の榧(カヤ)の姿を自然に「移」(写)しているという。木に全く逆らわず、木からそのまま仏様を彫り出すという仏像彫刻のセオリーどおりの作である。正面はもとより横からのお姿が良い。ここまで頭を傾いだ(お辞儀をしているような)仏様は珍しい。そして、正面から見上げた時の視線の「合致力」も一入である。全体が醸す「神々しい」としか言いようのない雰囲気がある。平安期にはない、独特の生硬さと森厳さが魅力である。
【“大遣唐使展 2 <京都安祥寺本尊 十一面観音像>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

大遣唐使展 1 <日米(中)の2観音菩薩像>

0009.jpg
観音菩薩立像 1躯
米国・ペンシルバニア大学博物館
Loaned by the University of
Pennsylvania Museum of
Archaeology and Anthropology,
Philadelphia, U.S.

 仏像は、そこに永らくおわす寺院で拝観するのが一番との考え方がある。その一方、素晴らしい仏像は一級の美術品でもあり、また、その国、寺院の固有の事情(戦争による戦利品、寺院の財政困窮のよる好事家やコレクターへの売却など)から海外に渡ることも多い。だからこそ、われわれは、このような展覧会で、何世紀も隔てた<時代>も、数千㎞以上も離れた<場所>も異なる秀逸な文物を一堂に会し、文字取り「時空を超えて」いながらにして観賞することができる幸運に感謝する。
 唐代の石仏「観音菩薩立像」(米ペンシルベニア大博物館蔵、上記写真)もそのひとつであり、中国で刻まれた最大級の石像は、どういう経緯でそうなったかは知らないが、いまはアメリカにおわし、今回はじめて「来日」した。拝観して、石像こそ、本来その寺院で風雪に耐えるべきものであり、いわば不動産が無理矢理「動産」化されてしまったような不条理を覚える。石像は、ほかにも多く展示されており、なぜ、唐代の中国の石の仏頭がここ日本にあるのだろうか?といったことを考えながら会場を歩く。矛盾した思いである。
 
 この展覧会の物量は凄い。じっくり観賞するなら何日も通わなければならないだろう。仏像を見て考えるのが主ではあるが、関心のレンジはもちろんこれにとどまらない。工芸品、仏具、仏教絵画のほか、様々な文物は仏像との関係も深く、当然、そこにも目はいく。だからこそ、時間はいくらあっても足りない。これは、たとえば正倉院展で、多くの来訪者が感じることだろう。


<参考1>
観音菩薩立像 1躯 米国・ペンシルバニア大学博物館
石造 総高243.8cm 中国・唐 神龍2年(706)


 等身よりやや大きい丸彫の観音菩薩立像で、日本初公開。頭頂から台座仰蓮部に至る全容が石灰岩の一石から彫出され、頭上に高く結った髻の正面に蓮台と光背を伴う坐化仏を表し、左手を垂下して水瓶を執る。条帛・裙・天衣を着用し、天衣は両肩から前面に回り、右体側では蛇行して垂下する。耳飾・胸飾・腕釧など華やかな装身具を身につけており、瓔珞は腹前でX字状に交叉し、膝上で分岐して背面に回っている。
 本像は石窟造像以外の唐代彫刻では最大級の作で、堂々たる上体に比して下半身がやや華奢な印象を与えるものの、時代を代表する名品の1つに数えられる。ことに頭部においては、卓越した彫技が発揮されている。丁寧に刻まれた頭髪の毛筋、鼻翼から眼窩に至る滑らかな曲面、眼球部のふくらみや唇の微妙な起伏、弾力感に富んだ頬から顎まわりの肉付きなど、人体の観察に基づく写実的な造形と、線や面自体のもつ感覚的な美しさが一体となって生み出される風貌は、まことに秀麗である。
 直立する体勢、薄い衣を通して直線的な脚のラインがうかがえる点、下半身の衣文の処理などが共通することから、本像は薬師寺聖観音菩薩立像の源流に位置づけられ、常に比較対象とされてきた。しかし従来注目されなかった側面観は、薬師寺像と大きく異なる。肩を後方に引き、腹を突き出して立つ姿勢は隋代の仏像や7世紀前半~中葉のわが国の諸像、例えば法隆寺金堂四天王立像などにみられるものに近く、薬師寺像にみられる様式の一時代前の要素を濃厚にとどめている。正面観と側面観における印象の相違は、薬師寺像においても異なった形で現れている。これらの現象は、7~8世紀東アジアにおける造像様式の系譜を単線的な発展史として理解することの限界を示すとともに、絵画的媒体を介した図像形式の伝播と丸彫像の関係についても再考を促す。
 なお神龍2年(706)の紀年をもつ台座は石の色味と彫り口が像本体と異なり、またこれほどの大作にも関わらず銘文の書風が素朴であるなどの問題があるが、宝慶寺ほうけいじ石仏群の十一面観音像(長安3~4年=703~4)の表現との近似などから、ひとまず本体も同年の作と考えておく。
(奈良博 プレス・リリース資料より転載)

<参考2>
2010年4月3日 読売新聞から抜粋・引用

大遣唐使展、奈良で開幕

 薬師寺の聖観音菩薩立像とペンシルベニア大博物館の観音菩薩立像に見入る人たち 平城遷都1300年を記念し遣唐使ゆかりの品々を紹介する「大遣唐使展」(奈良国立博物館、読売新聞大阪本社、NHK奈良放送局など主催)が3日、奈良市の同博物館で開幕した。

 開館前には約200人の列ができ、来館者は中国文化の影響を受けた仏像や絵図、仏具などを鑑賞した。

 中国、米国からの日本初公開の出品を含む261件(国宝42件、重要文化財87件)を展示。唐代の石仏「観音菩薩立像(ぼさつりゅうぞう)」(米ペンシルベニア大博物館蔵)は、研究で比較対象とされてきた薬師寺東院堂の「聖(しょう)観音菩薩立像」(国宝)と並べて初めて展示。

 6月20日まで。会期中、展示替えをする。午前9時30分~午後5時(30日から金曜は午後7時まで)。月曜休館(5月3日開館)。 【“大遣唐使展 1 <日米(中)の2観音菩薩像>”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

奈良の古寺と仏像 (三井記念美術館/東京) ギャラリー 

 ニュースで大きく報道されたが、新潟での開催が新潟市から長岡市に変更されたり、中宮寺観音の出展は期間・場所限定されていたりと留意すべき点は多いが、以下の案内を参照。

2010年7月7日(水)~9月20日(月・祝)
特別展 平城遷都1300年記念 
奈良の古寺と仏像 ~會津八一のうたにのせて~


<以下は主催者からの引用>
平城遷都1300年を記念する特別展です。奈良は、日本の宗教文化の原点であり、寺院に祀られる仏像は、信仰の対象であるとともに、極めて芸術性が高い作品として、多くの人を魅了してきました。
多数の国宝、重文を含む優れた仏像を、奈良を詠った會津八一のうたにのせて展示し、日本の宗教の奥深さ、美的感性の高さを知っていただきます。

001.jpg

東大寺|弥勒菩薩像 重文|12世紀 003.jpg
作品名 : 弥勒菩薩立像
形 態 : 木造(檜材)
像 高 : 102.7cm
所蔵者 : 東大寺中性院

唐招提寺|十一面観音菩薩立像 重文|8世紀 004.jpg
作品名 : 十一面観音菩薩立像
形 態 : 木造(檜材)
像 高 : 166.3cm
所蔵者 : 唐招提寺

法隆寺|薬師如来坐像(伝峯薬師胎内仏)重文|8世紀 005.jpg
作品名 : 薬師如来坐像(伝峯薬師胎内仏)
形 態 : 銅造鍍金
像 高 : 15.4cm
所蔵者 : 法隆寺

中宮寺|菩薩半跏像(伝如意輪観音)国宝|7世紀  002.jpg
作品名 : 菩薩半跏像(伝如意輪観音)
形 態 : 木造(樟材)
像 高 : 133cm
所蔵者 : 中宮寺
※菩薩半跏像(伝如意輪観音)<特別公開5月25日(火)~6月6日(日)>

<その他の主要出展仏像>
・法隆寺 観音菩薩立像、観音菩薩立像(伝月光菩薩)、金堂天蓋天人(2体)、金堂天蓋鳳凰
・薬師寺 十一面観音菩薩立像
・大安寺 四天王立像(持国天像)
・長谷寺 十一面観音菩薩立像


<出展寺院>法隆寺、中宮寺、東大寺、薬師寺、唐招提寺、大安寺、元興寺、興福寺、室生寺、長谷寺、當麻寺
http://butsuzo.exhn.jp/niigata_spot/index.html
【“奈良の古寺と仏像 (三井記念美術館/東京) ギャラリー ”の続きを読む】

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad