大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

運慶ブーム2

 金沢文庫での展示(★で表示)を中心に以下、運慶作品を紙上で見てみよう。

0-1.jpg
★国宝 大日如来坐像 運慶作  安元二年(1176)  奈良・円成寺所蔵

00-6.jpg
★重文 大日如来坐像  鎌倉時代初期  東京・真如苑所蔵
(展示期間:2月8日(火)~3月6日(日))

00-5.jpg
★重文 厨子入大日如来坐像 鎌倉時代初期  栃木・光得寺所蔵

 まずは、今回展示の目玉である3つの大日如来座像。3像をくらべてみるといかに酷似しているかは明らかだろう。スケール感こそ異なれ、全体構成、髻(蓬髪)、印相(智拳印)、衣文処理ともに共通している。
 国宝円成寺像は運慶初期の作品で来歴がわかり、運慶作品のなかでも最も有名なものであり人気も高い。生年不詳の運慶のおそらく25才前後の作品といわれるが、学生時代、はじめてこの仏さまをみた時の衝撃はいまも忘れない。単なる威圧でも慈愛でもない複雑な心象がこめられているように感じる。金色剥落による黒光りの部分、自然のなせる年降りが独特の落ち着きをあたえ魅力を高めている。
 なお、ながらく円成寺像は運慶の最初期の作品といわれてきたが、蓮華王院(三十三間堂)510号の千体千手観音の足ほぞに運慶の名前があり、これを最初期の作品とみる見方もある(『芸術新潮』1992.2号 pp.8-10)。
 真如苑所蔵重文像は、いわば今回の運慶ブームの火付け役になったもの。ニューヨークでのオークション、海外流失懸念から大きく報道され、さらに上記国宝像と似ていること、山本勉氏らの研究による運慶作の特定といったこともあって、多くの人が公開の場に足を運んだ。小生も東博になんども見に行ったが感激の度合いは円成寺像とは異なる。どこに違いがあるかは観察者如何ではあろうが。


00-2.jpg
★重文 毘沙門天立像 運慶作 文治五年(1189) 神奈川・浄楽寺所蔵
(展示期間:1月21日(金)~2月27日(日))

(参考1)
00-8.jpg
重文 毘沙門天立像 運慶作 文治二年(1186)静岡・願成就院所蔵

 如来(先の大日のほかいくつかの如来像がある。下記参考3、4の写真を参照)には静的な中に、内なる強いエネルギーを籠めるように彫る一方、眷属には動態的、写実的な表現を思い切って彫る、すなわちエネルギーを外に向かって開放するような大胆さに特徴があるのが運慶仏、と思っている。その典型がこの2つの毘沙門天立像だろう。
 これはまったくの想像だが、<戦いの神>毘沙門天の場合、とくに請願者の鎌倉武士に好まれたであろうから、その顔はもしかすると、(もちろんいろんな制約はあるが)身近な武人の顔(請願者自身、近親者)を写したかも知れないなと思う。実は運慶以降は、徐々にまた形式主義に戻っていくようなきらいもあるが、運慶、快慶たちは、おそらく強大な自信があったのだろう。縦横無尽な技法の駆使こそ身上。次はそれを端的に示すもの。


運慶展 (3)
★重文 不動明王立像 運慶作 文治五年(1189) 神奈川・浄楽寺所蔵
(展示期間:1月21日(金)~2月27日(日))

(参考2)
00-9.jpg
重文 不動明王立像 運慶作 文治二年(1186)静岡・願成就院所蔵

 仏像にひかれて本を読むと、美麗美文調ではないが、その素晴らしさを称える多くの文章を目にする。そうしたなか、技法のひとつとして「玉眼嵌入」(ぎょくがんかんにゅう)という外科医と手術の話をしているような、およそ興ざめの言葉に出会う。この技法こそ康慶以降の慶派のお家芸で、これ以降、玉眼嵌入は一般的なテクニックとして用いられることになる。
 奈良・興福寺には、木造仏頭[重文:文治2(1186)年]、北円堂 弥勒仏坐像、無著菩薩・世親菩薩立像[国宝:建暦2(1212)年]などの運慶一派の彫刻があるが、運慶は如来には必ずしも玉眼嵌入手法を用いておらず、彫眼の場合もある。そのあたりの使い分けもまた面白い。
 さて不動明王である。本像は、よく小さな不動堂に置かれここで護摩をたく。暗闇の堂宇のなか真っ赤な炎が下から不動明王を照らす。そのとき、嵌入した玉眼の曲面(瞳)がこの炎を映してめらめらと不気味に輝く。それは美を超越して、畏怖する存在としての仏である。運慶はじめ、慶派の仏師はこうした不動明王も得意の領域であり、ここに掲げた2像も優れた作品である。神奈川・光明院所蔵 大威徳明王坐像もその系譜である。

http://www.h7.dion.ne.jp/~butsuzou/page/mametisiki/butu.gihou.html

00-4.jpg
★重文 帝釈天立像 伝運慶・湛慶作 正治三年(1201)頃 愛知・滝山寺所蔵

0-14.jpg
★重文 大威徳明王坐像 運慶作 建保四年(1216) 神奈川・光明院所蔵

 以上のさまざまな出展作品をみても、運慶ほか慶派の多様な仏さまを彫る高い技術力、奔放な想像力は明らかである。とりわけ伊豆、願成就院には、上記の毘沙門天立像、不動明王のほか不動明王に侍る二童子立像に加えて、堂々たる本尊阿弥陀如来坐像がある。浄楽寺とともに運慶彫刻の東国における殿堂といってよい。
 願成就院二童子立像は、和歌山・金剛峯寺 八大童子立像[国宝:建久8(1197)年]ともよく比較されるが、こうした小振りの童子像から仰ぎ見る巨大な奈良・東大寺南大門 金剛力士立像[国宝:建仁3(1203)年]まで、しかも工房の共同作業で短期間で仕上げてしまう運慶を棟梁とする慶派工房の実力は当代にあって他に並ぶべきものなきものであったろう。


(参考3)
00-10.jpg
重文 阿弥陀如来坐像 運慶作 文治二年(1186)静岡・願成就院所蔵

(参考4)
00-11.jpg
重文 阿弥陀三尊像 運慶作 文治五年(1189)神奈川・浄楽寺所蔵

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E6%85%B6

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

運慶ブーム

運慶

 運慶ブームとでもいうべき現象がおきている。まずは書籍、雑誌類から。単行本でも運慶本は多い。手元にある古いものを2冊紹介。瀧川駿『運慶』(1962年 圭文館)と岡本謙次郎『運慶論』(1972年 冬樹社)である。いずれも異色の運慶論だが、著者の破天荒な人生観や独特の芸術論を運慶に重ねてみている本かなと感じた。瀧川本では、六波羅蜜寺にある運慶の生前の姿を写した坐像についてのくだりが特に面白かった。以下に一部引用する。

「・・・とんがり頭の武骨い感じの、ごく平凡なおやじの顔である。口と眼がばかに大きく眉が濃い。七条仏所の造仏の秘伝からいうと、かなり枠からはみ出している作品である。・・・だが、この像にはなにか素朴さがあり、親しみのある運慶が感じられて、接していても温かい気持ちがする。そして運慶が主張していた実物写し(写実)の刀法をかんじる。この作は運慶の養子で、第三子になっている実に非凡であった康弁の作であろうといわれているが、彼の代表作の天鬼燈、竜燈鬼などと同様に、着想の奇抜さが感じられる」(pp.212-213)

 岡本は無著・世親像について多くの記述があるが、形式・仕儀から脱して、運慶が写実主義に行きたった点が強調されている。一文のみ以下、引用する。

「無著像世親像の毅然たる姿はわれわれの想像力を封じてしまう。多分、写実とは、事物を離れてとりとめもなくなった想像力をあらためて現実の事物に引きとめておこうとする態度から生じた一形式である」(p.125)

 雑誌でも上記の『芸術新潮』はじめ「運慶特集」は昨今、読みきれないくらいある。直近のものとして、知人が届けてくれた以下の紀行誌を参照。侮れない内容、限られた紙幅ながら充実した構成である。

2011年1月号 [特集]東国の運慶を旅する 新春の伊豆・三浦・鎌倉へ


 奈良仏師・運慶は、平安末期から鎌倉にかけての激動の時代、仏像彫刻界に一大革命をもたらしました。現在、運慶作とされている仏像は全国に18体しかなく、そのうちの11体はなぜか鎌倉周辺に集中しています。謎を解き明かしながら、新春の伊豆、三浦、鎌倉を旅します。
http://www.jreast.co.jp/tabidoki/trainvert/index.html

 0003

  テレビでも運慶が取り上げられる番組も目立つ。これはローカル局なので一般には見られないが、1月16日(日)、千葉TVでは19:00-19:30「カリスマ仏師・運慶の大傑作〜円成寺〜」が放映される。また、NHKでは昨年、話題になった以下を参照。

2010年2月7日放送 NHK「日曜美術館」夢の運慶 傑作10選


水野敬三郎さん(東京藝術大学名誉教授) 篠原治道さん(金沢医科大学教授)  原島博さん(東京大学名誉教授・日本顔学会会長) 森田義之さん(愛知県立芸術大学教授) ヤノベケンジさん(美術作家)
 
 彫刻史上突出した個性を持つ天才仏師、運慶(?~1223)。平安王朝が没落し、武家社会が幕を開けた鎌倉時代に、圧倒的な実在感を放つ仏像を作りだした。2007年、奈良や横浜の寺院で相次いで運慶仏が確認され、今再び注目を集めている。番組では、運慶の名作を一挙公開。運慶研究の第一人者、東京藝術大学名誉教授の水野敬三郎さんの監修のもと、ベスト・オブ・運慶を10作選出する。東大寺南大門の「金剛力士立像」、金剛峯寺の「八大童子立像」、興福寺北円堂の「無著菩薩立像・世親菩薩立像」…。今にも動き出しそうな迫力ある肉体、仏としての威厳と人間らしさを兼ね備えた豊かな表情、そして深い精神性まで感じさせる存在感。その魅力を多角的に探る。スタジオゲストには、水野敬三郎氏の他、運慶の彫刻を解剖学的に読み解く篠原治道さん(解剖学者)、仏の表情を顔学から分析する原島博さん(日本顔学会会長)、西洋彫刻との比較から運慶仏の魅力に迫るミケランジェロ研究家の森田義之さん(愛知県立芸術大学教授)、ロボットやマシンのような巨大造形物を手掛ける美術作家のヤノベケンジさんを招き、人間的魅力にあふれた仏像を作り上げた運慶の表現の秘密に迫っていく。

http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/0207/index.html

0004

 いわゆるカルチャーセンターものでも運慶が注目されている。最近の研究成果を見ると、康慶の先駆性や政治力を高く評価しているものや、運慶はじめ慶派の東国(関東)との関係を重視しているものが目立つ。
 東博ではいま蓮華王院(三十三間堂)の慶派(湛慶)、院派、円派の3つの像が展示されている。外から鋳型をあてるように彫る2派に対して、風船を脹らませるように内から肉が皮膚を押し上げるような慶派の彫り方の違いがわかって興味深い。
 円派はその名に「円」を継承する、院派は「院」を継承する。慶派は、定朝ー覚「助」-頼「助」-康「助」から康「朝」-成「朝」へと続く系譜がある。この派がもしも歴史を動かしたら、「助」派か「朝」派と呼ばれたかも知れない。しかし、康「朝」-康「慶」-運「慶」が主流派となる。ここに慶派が生まれるわけだが、天下の名工、定朝の跡目を継いだのは7代目の運慶であった。しかも、7代目は名工を超えた天才であった。

JR東日本、NHKカルチャー共同開催特別講座 運慶~天才仏師の革新~


2010年11月13日(土)開講
(講師:水野敬三郎氏)仏像彫刻の精髄を探ります。

 近年、作品の新発見が相次いで、運慶の芸術があらためて注目されています。源平の争乱期から鎌倉時代の初めという動乱の時代に生きて、仏像彫刻に変革をもたらした天才仏師運慶。その人と作品をめぐるさまざまな問題を考えます。

講師:水野敬三郎氏
東京藝術大学名誉教授。新潟県立近代美術館名誉館長。専門は日本彫刻史。著書「奈良・京都の古寺めぐり」(岩波ジュニア新書)。

第1回 2010年11月13日 青年期の運慶~円成寺大日如来像とその銘文をめぐって
第2回   12月11日 運慶の新様式、運慶と東国~伊豆願成就院の仏像を中心に
第3回 2011年1月8日 新しい仁王の形、巨像製作~東大寺南大門仁王像
第4回   2月12日 運慶工房と運慶芸術の完成~興福寺北円堂の再興造仏

運慶 円城寺
国宝 大日如来坐像 運慶作 安元2年(1176) 奈良・円成寺所蔵


 また今年は神奈川県立金沢文庫にて大変重要な展示会がある。

神奈川県立金沢文庫80年特別展 運慶-中世密教と鎌倉幕府-


【主要展示品】
 国宝 大日如来坐像 運慶作    安元二年(1176)   奈良・円成寺所蔵
 重文 毘沙門天立像 運慶作    文治五年(1189)   神奈川・浄楽寺所蔵
                 (展示期間:1月21日(金)~2月27日(日)予定)
 重文 不動明王立像 運慶作    文治五年(1189)   神奈川・浄楽寺所蔵
                 (展示期間:1月21日(金)~2月27日(日)予定)
 重文 帝釈天立像 伝運慶・湛慶作 正治三年(1201)頃  愛知・滝山寺所蔵
 重文 厨子入大日如来坐像     鎌倉時代初期    栃木・光得寺所蔵
 重文 大日如来坐像         鎌倉時代初期    東京・真如苑所蔵
                 (展示期間:2月15日(火)~3月6日(日)予定)
 重文 大威徳明王坐像 運慶作   建保四年(1216)   神奈川・光明院所蔵ほか

開催期間:2011年1月21日(金)~3月6日(日)
【内容】仏師運慶は、最もよく知られる日本の芸術家の一人です。その卓越した技量による力強い作風は、鎌倉という新時代に相応しいものとしてよく知られています。しかし、その高名さとは対照的に運慶の真作は数えるほどしか残っていません。
 本展覧会では、その数少ない運慶の仏像を一堂に会します。そして「中世密教」と「鎌倉幕府」との関係から、運慶作品の製作背景の秘密に迫ります。
 特に、国宝中の国宝と言える円成寺の大日如来坐像と光明院の大威徳明王像が並ぶ展示が実現し、運慶による最初期と最晩年の二体の仏像が出会う展示は見所の一つです。*会期中展示替があります。
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/event/museum/2010/12/museum-9964.html

 以下はかつて本ブログに書いた文章の再録。
 芸術新潮 2009年 01月号 [雑誌] は運慶の特集である。もう30年以上も前になるが、学生の時に、当時の運慶の「確定」現存作はほとんど見てまわった。この特集をみて感慨を深くしたのは、その後の運慶作が随分と増加していることであり、この間の運慶研究が進んでいることを物語っている。
 わが国の彫刻家で、その足跡をかなり詳細にトレースできる大家は明治期以前でほとんどいない。そのなかにあって定朝と運慶、快慶はその存在自体がそびえ立つ「巨像」といってよいだろう。
 なかでも運慶は、写実性、男性的なエネルギーの躍動、工房としての生産性などからみて、その後の日本彫刻へ決定的な影響を与えている。奈良を訪れると奈良時代前後の彫刻に加えて慶派、とりわけ運慶、快慶の素晴らしい多くの彫像に圧倒される。
 それは南都復興という大事業を慶派が請け負い、その棟梁こそが運慶であったことと分けては考えられない。歴史的な大事業をまえに、天平彫刻を研究しつくし、そこに台頭する武家社会の時代の息吹を注入した仏師こそ運慶であった。
 一方、伝運慶といった糢糊作はあまた存在し、また、運慶作だからといって本当に名品かどうかは判断の難しい作品もある。自分にとっても気に入った作品ばかりではない。当時の慶派工房は、急ピッチでの多くの作業を要請され、それをこなしていくためには、高い生産性を要求されたに違いない。よって、運慶作のなかにも、どこまで運慶自身の鑿が入っているかは慎重に考えなければならない作品も多かろう。
 学生の時の研究テーマは運慶の東国下向問題であった。果たして運慶は鎌倉などの東国に自ら足を運んだかどうかという問題である。関東には運慶の秀作が多く残されている(本書でも多くの紹介がある)。しかし、この問題は未だ解決をみていないようだ。慶派の優れた仏師が関東に駐在(ないし在住)したことは間違いないだろうが、そこに短期間でも運慶自らがいたかどうかは依然として謎のようである。そのあたりも魅力の源泉かも知れない。

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-95.html
0-14.jpg

0-13.jpg
【“運慶ブーム”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

謹賀新年

00.jpg
2011年 元旦

 昨年は仏画や石仏の世界、また、円空、木喰といった江戸時代に活躍した在野の仏師を再認識しました。
 仏画は平安時代以降に特異の発展をみますが、日本的な仏教受容のひとつの典型を示すものでしょう。仏画と彫刻の<相互浸透>効果も面白いテーマです。『仏教の聖画 12世紀を中心とする平安仏教の精髄』(根津美術館 1996年)などがいまの私にとってとても良いテクストです。
 石仏は学生時代に、彫刻とともに見に行った時期もありますが、あらためて時代別にその変遷をみると興味深いものがあります。民間信仰の領域といった意識が強く、いわゆる芸術品的な接近からは遠く感じることも一因かも知れませんが、「どうして峻厳な山肌に大きな仏さまが刻まれたか」、「路傍の石仏とはなにか」といった素朴な問題設定に対して、その実、わかっていることはわずかで、そこには汲めども尽きぬ深さがあると感じます。
 円空、木喰は根強い人気があり、いまでも全国で展覧会が催され目にする機会は多いのですが、丸山尚一『生きている仏像たち 日本彫刻風土論』(読売新聞社 1970年)を読んで、なぜ日本各地に円空仏、木喰仏があるのかについて、各地の当時の「経済力」と強い関係があることを、丹念なフィールドワークの成果から知り納得しました。それはたとえば、北海道の鰊が江戸時代いかに大切な資源であったかを認識する機会でもあります。
 さて、今年はどこに自分の関心が行くのか・・・。予測がつきませんが、そこが気儘な仏像探訪者にとっての妙味でもあります。本年もどうぞ宜しくお願いします。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad