大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

奈良国立博物館 特別展 誕生!中国文明

00-15.jpg
宝冠如来坐像 (全図)
唐(8世紀)/高240cm/洛陽市龍門石窟擂鼓台/
龍門石窟研究院蔵/撮影:山崎兼慈

【以下は引用】
平成23年春、奈良国立博物館では、中国・河南省の至宝を一堂に集め、中国文明の誕生と発展の軌跡を振り返る特別展「誕生!中国文明」を開催します。
 河南省は、中国大陸を西から東へ流れる黄河の流域に位置する中国王朝発祥の地です。かつては幻の王朝とされ、近年中国最初の王朝であったとする説が有力となっている夏の中心地は、河南省にありました。以後、商(殷)、東周、後漢、魏(三国時代)、西晋、北魏、北宋などの王朝が河南省に都を置きました。夏が始まった紀元前2000年ごろから北宋が滅亡した12世紀ごろまで、河南省は中国の政治、経済、文化の中心地として栄えました。王朝、工芸技術、文字(漢字)など、中国文明を特徴づけるさまざまな要素が、この地で生まれ、発展したのです。
 この展覧会は、三つのテーマで構成されます。第一部「王朝の誕生」では、文明の誕生と深い関わりをもつ古代王朝の誕生と展開の歴史を、王朝の権威を示す祭器や財宝によって明らかにします。第二部「技の誕生」では、豊かな暮らしへの願望から、中国文明の特色の一つである高度な工芸技術が次々に生まれていった様子を、精緻な工芸品によって示します。第三部「美の誕生」では、現実の世界や宗教的な世界を表した書画、彫刻などによって、中国芸術の伝統が遠い昔に生まれ、発展してきたさまを示します。
 河南省と奈良の深いつながりは、唐の皇帝が造った洛陽・龍門石窟の大仏が、東大寺大仏と同じほとけ(盧舎那仏)であることに象徴的に示されています。奈良国立博物館は、省都鄭州市に位置する河南省最大の博物館・河南博物院と平成18年に学術交流協定を締結し、文化財を介した相互交流を深めてきました。協定締結から5年目にあたる本年に、質量ともに空前のスケールで同省の文物を紹介する本展が実現したことは大変喜ばしく、また意義深いことです。坐高2.4メートルに及ぶ唐代石仏の名作・宝冠如来坐像や、正倉院宝物を想起させる華麗な金銀器など、奈良の古代文化の源流を思わせる品々は、会場内で特に強い印象を与えることでしょう。
 現代の感覚からみても新鮮な古代王朝の造形、漢字文化の奥深さを物語る文字資料…本展のみどころは実に多彩かつ豊富です。この他にも青銅器、陶磁器、漆器、壁画など約150件の名品を通して、壮大なる中国の歴史を体感していただければ幸いです。
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/special.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

韓国で新金銅仏 発見!

00-14.jpg

 これは注目すべきニュースである。朝鮮日報、中央日報ともに伝えているが以下は後者の引用。写真では判然とはしないが、日本に伝来した多くの金銅仏との共通点はシルエットからだけでも窺うことができよう。

【以下は引用】
聞慶で統一新羅時代の金銅仏像7点出土
 ‎2011年4月21日 中央日報

慶尚北道聞慶市虎渓面(キョンサンブクド・ムンギョンシ・ホゲミョン)の烏井山(オジョンサン)には「チョルゴル」という地名がある。「寺がある谷」という意味だ。朝鮮時代の文人、徐居正(ソ・ゴジョン、1420~1488)が聞慶県八詠に「烏井鐘楼」を挙げ、金宗直(キム・ジョンジク、1431~1492)は時調「烏井霜鐘」で夜に聞こえる寺の鐘の音を詠んだ。過去の地図や文献にも烏井寺という寺が現れるが、いつなくなったのか、正確にどこにあったのかは究明されたことはなかった。ところが国軍体育部隊を移転するために敷地を調査していたところ、寺の跡が確認された。統一新羅時代の金銅仏像も7点出土した。埋蔵文化財専門調査機関の嶺南(ヨンナム)文化財研究院は21日、烏井寺の建物跡9棟、築台施設6基、付属施設8基などを発掘したと明らかにした。

新たに見つかった仏像は精巧に作られた金銅如来立像と金銅菩薩立像などだ。仏像は8世紀の統一新羅時代から、それより少し後代に作られたものとみられる。最も大きいものは長さが18センチメートルに達するが、鋳物ではなく板で作られた薄い作品だ。左から2番目の金銅如来立像と3番目の金銅菩薩もやはり典型的な8世紀のものだ。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139383&servcode=400§code=400

(参考)韓国の歴史

668 - 935年: 統一新羅の首都は慶州でその時期に仏教が盛んになりたくさんの寺の建築や芸術作品に花を咲かせました。中国からの多くの影響もありましたが新羅特有の文化を形成しました。 社会は少数官僚グル‐プと大衆に分けられていました。官僚組織がだんだんバラバラになってくると昔の高句麗と百済地域の軍部が勢いを増しながらとうとう高句麗の子孫である王建が統一新羅を倒し国名を昔の高句麗の脈を継ぐ意でコウイラ(高麗-Koryo)と名付けました。
http://www.lifeinkorea.com/information/history1j.cfm

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

BSフジ 日本人こころの巡礼~仏像の祈り~

阿修羅像5

今朝は5:00に起床して、下記の第1話(再放送)を見た。本番組にはいままで接する機会がなく今回はじめてだったが、画面がきれいで解説のテンポも程よくなかなか良い番組づくりだと思った。その後、別のチャンネルで永平寺の典座(てんぞ)の話(前編)をやっており、これも同種の放送はいくども目にしているが、沢庵漬けの場面は初ということだった。これも面白かった。時間が時間だけに毎回見るかどうかはわからないが、全12回の内容は以下のとおり。

【以下は引用】
http://www.bsfuji.tv/pilgrim/01.html

第1話「奈良の都の仏像①」

 第1話は興福寺・阿修羅、興福寺・弥勒如来、新薬師寺・十二神将、新薬師寺・薬師如来を特集。

全国の国宝・重要文化財の仏像の数々を紹介し、仏像が造られた本来の意味、役割や特徴、表現に込められた意図など、知っておきたい歴史や必見の鑑賞ポイントとともに細やかな装飾・彩色を美しいハイビジョン映像でじっくりと見せていく。
第1話は奈良にある仏像の中から興福寺・阿修羅(あしゅら)、興福寺・弥勒如来(みろくにょらい)、新薬師寺・十二神将(じゅうにしんしょう)、新薬師寺・薬師如来(やくしにょらい)を特集する。

 全国で約190万人を動員した「国宝 阿修羅展」の人気でさらに注目を集めた「阿修羅」。もともと悪魔、鬼神の類とされながらも釈迦(しゃか)の説法により仏法の守護神として生まれ変わった経緯に迫る。また、東大寺の四天王(してんのう)・金剛力士(こんごうりきし)で有名な大仏師・運慶(うんけい)の指揮のもと造られた明るい未来を示す仏「弥勒如来」、慈悲の心眼で病苦からの救い心身の安全を祈る仏「薬師如来」、その薬師如来を護り十二支の守護神としても信仰される日本最古最大の「十二神将」もたっぷりとご紹介。

第2話「奈良の都の仏像②」

 第2話は薬師寺・薬師三尊、薬師寺・聖観音、東大寺・四天王、法華寺・十一面観音を特集。

 第2話は奈良にある仏像の中から薬師寺・薬師三尊(やくしさんぞん)、薬師寺・聖観音(しょうかんのん)、東大寺・四天王(してんのう)、法華寺・十一面観音(じゅういちめんかんのん)を特集する。
 奈良市、西の京にある薬師寺。脇侍に日光菩薩(にっこうぼさつ)、月光菩薩(がっこうぼさつ)を従えた本尊・薬師如来と、観音菩薩の元祖的存在とされている聖観音をご紹介。
聖武天皇が国全体を護る寺として造営した東大寺。その一角、戒壇院(かいだんいん)に祀られる四天王。神聖な場を守り続ける4体の仏には、それぞれどのような意味が込められているのか。
 最後は法華寺の本尊であり、聖武天皇の妃・光明皇后の姿を写し取ったとされる十一面観音。その名のとおり頭上に十一の表情を持つ美しき像の姿と、託された光明皇后の祈りに迫る。

第3話「奈良の都の仏像③」

 第3話は西大寺・愛染明王、秋篠寺・伎芸天、秋篠寺・大元帥明王、円成寺・大日如来を特集。

 第3話は奈良にある多くの仏像から、春と秋の一定期間しか見ることのできない西大寺の秘仏・愛染明王(あいぜんみょうおう)、秋篠寺に祀られ本堂とともに国宝として知られる伎芸天(ぎげいてん)、“東洋のミューズ”と称される秋篠寺の大元帥明王(だいげんみょうおう)、円成寺に所蔵される仏師・運慶による初期の作品、大日如来(だいにちにょらい)を紹介する。

第4話「奈良から室生の里へ仏像を訪ねて」

 第4話は聖林寺・十一面観音、長谷寺・十一面観音、室生寺・釈迦如来立像/釈迦如来坐像、室生寺・十一面観音を紹介。

 第4話は奈良から室生の仏像をじっくりと見ていく。
・第一回の国宝指定を受けた、天平時代を代表する美しい仏像、聖林寺・十一面観音(じゅういちめんかんのん)。
・日本で最も大きな木造の仏像として有名な長谷寺の十一面観音。
・宇陀市・室生寺に所蔵される二つの国宝、釈迦如来立像と釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)。
・同じく室生寺に安置され本尊釈迦如来像とともに国宝指定を受けている十一面観音。

第5話「京の都の仏像」

 第5話は清凉寺の釈迦如来、十大弟子、そして神護寺の薬師如来、五大虚空蔵菩薩を紹介。

 京都市右京区にある清凉寺、通称・嵯峨の釈迦堂。日本三如来の一つに数えられ、三十七歳の釈迦の容姿をそのまま写し出したとされる釈迦如来(しゃかにょらい)と、釈迦の教えを受け継ぎ、広めた10人の優秀な弟子、十大弟子(じゅうだいでし)を紹介。
 高尾山の中腹に位置する神護寺。こちらでは、十二神将を従え、人々の健全・健康な暮らしを守り続ける薬師如来(やくしにょらい)、そして、功徳と智慧を持ち、人々にご利益と安楽を与える菩薩、五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさつ)を紹介する。

第6話「極楽浄土に想いを馳せて」

 第6話は三十三間堂・千手観音、三十三間堂・二十八部衆、永観堂禅林寺・阿弥陀如来(みかえり阿弥陀)、浄瑠璃寺・阿弥陀如来(九体阿弥陀)を紹介。

 後白河法皇が、千の手によって無数の願いを叶え、民を救おうと作った三十三間堂・千手観音(せんじゅかんのん)坐像、その左右に並んだ1000体の千手観音立像、それら観音に従う眷属・二十八部衆(にじゅうはちぶしゅう)を紹介する。
 そのほか、後ろを振り返る珍しい姿をした“みかえり阿弥陀”、永観堂禅林寺・阿弥陀如来(あみだにょらい)、“人間には九つの往生の段階がある”という考えのもと作られた浄瑠璃寺の九体阿弥陀如来など、京都から琵琶湖畔にかけての仏像を見ていく。

第7話「なにわの地の仏像」

 第7話は葛井寺・千手観音、獅子窟寺・薬師如来、孝恩寺・弁才天、正暦寺・孔雀明王、浄土寺・阿弥陀三尊を紹介。

 第7話は、千本の手で人々を救うと言われる葛井寺(ふじいでら)の千手観音、人々から病の苦しみや悩みを取り除き安堵を与えるとされる獅子窟寺(ししくつじ)の国宝・薬師如来、孝恩寺(こうおんじ)に祀られる七福神として有名な弁才天(べんざいてん)、正暦寺(しょうりゃくじ)に安置され病毒・災害から人々を守ると伝えられる孔雀明王(くじゃくみょうおう)、運慶とともに鎌倉時代を代用する仏師・快慶の大作として名高い浄土寺(じょうどじ)の阿弥陀三尊(あみださんぞん)を紹介。

第8話「箱根の関を越えて」

 第8話は高徳院・阿弥陀如来〔鎌倉大仏〕、円応寺・閻魔大王、勝常寺・薬師如来、元箱根磨崖石仏群・地蔵菩薩を紹介。

 第8話は、“鎌倉の大仏さま”として親しまれる高徳院(こうとくいん)の阿弥陀如来、仏師・運慶が危篤に陥った際、地獄で見た閻魔大王(えんまだいおう)の姿を彫ったと言い伝えられる円応寺(えんのうじ)の閻魔大王像、あらゆる病気を治し命を救うとされる勝常寺(しょうじょうじ)の薬師如来、箱根の街道を見守る元箱根磨崖石仏群(もとはこねまがいせきぶつぐん)の地蔵菩薩を紹介する。

第9話「奈良の都の仏像④」

 第9話は安倍文殊院の文殊菩薩、東大寺の誕生釈迦仏、不空羂索観音、金剛力士、梵天・帝釈天、盧舎那仏〔奈良大仏〕を紹介。

 第9話は、日本三文殊(にほんさんもんじゅ)の一つに数えられ、智慧を司る仏とされる奈良桜井市・阿倍文殊院(あべのもんじゅいん)の文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、東大寺では釈迦が誕生した時の姿を表したとされる誕生釈迦仏(たんじょうしゃかぶつ)、日本最大の木造門・南大門に立ちはだかる二体の仁王、金剛力士(こんごうりきし)、苦しむ人々を救うことにかけて最大級の力を持つとされる、贅が尽くされた不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)、不空羂索観音を護る梵天(ぼんてん)と帝釈天(たいしゃくてん)、そして、すべての仏を統轄する最高位の如来とされている“奈良の大仏”こと盧舎那仏(るしゃなぶつ)を紹介する。

第10話「斑鳩の仏像①」

 第10話は法隆寺の救世観音、百済観音、阿弥陀三尊、釈迦三尊を紹介。

 現存する世界最古の木造仏で聖徳太子の姿を写し出したとされる救世観音(くせかんのん)、江戸時代以前の記録がなく謎に包まれた国宝仏・百済観音(くだらかんのん)、極楽浄土の光景が表現されているという阿弥陀三尊(あみださんぞん)、そして、人々に仏の教えと聖徳太子の願いを伝え続ける本尊・釈迦三尊など、法隆寺に祀られる仏像たちを紹介する。

第11話「斑鳩の里の仏像」

 第11話は法隆寺・夢違観音/九面観音/毘沙門天/吉祥天、中宮寺・菩薩半跏像、般舟院・不動明王、石道寺・十一面観音を紹介。

 第11話は、不吉な夢を良い夢に変えてくれるとされる夢違観音(ゆめちがいかんのん)、一本の白檀から彫り出された九面観音(くめんかんのん)、法隆寺の本尊・釈迦三尊を守護する毘沙門天(びしゃもんてん)と吉祥天(きちじょうてん)と、法隆寺に祀られる仏像を巡る。
 また、あらゆる人の願いを叶えるとされる中宮寺の菩薩半跏像(ぼさつはんかぞう)、人々の煩悩を断ち切る般舟院(はんしゅういん)の不動明王、修羅道の苦しみから人々を救い出す慈悲救済の仏、石道寺(しゃくどうじ)の十一面観音も紹介。

第12話「全国各地の仏像を訪ねて(最終話)」

 第12話は、人々の煩悩や苦しみを食べてくれるとされる観世音寺(かんぜおんじ)の馬頭観音(ばとうかんのん)、同じく観世音寺に祀られる仏界の守護神・大黒天(だいこくてん)、幸せを願いどこまでも人々を救いに行くとされる普賢寺(ふげんじ)の普賢菩薩(ふげんぼさつ)、無限の慈悲の心で人々を見守る願興寺(がんこうじ)の釈迦如来・普賢菩薩・文殊菩薩(もんじゅぼさつ)〔釈迦三尊〕、無限の法力を秘めて人々を救う東寺(とうじ)の五大明王を紹介する。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

江里康慧・江里佐代子展

20110412dd0phj000010000p_size5.jpg
江里康慧「釈迦如来三尊像」=岐阜・永保寺蔵

 こういう時代、こうした時期だからこそ足を運んでみたいと思う。

【以下は引用】
@展覧会:江里康慧・江里佐代子展「仏像と截金」/江里佐代子 截金作品追慕展

◇伝統重視の技法と奥深さ
 近年は「仏像ブーム」と言われるが、日本人の仏像への思い入れは今に始まったことではない。古来、天変地異が起こったり、疫病が流行すると、民衆の願いを受け止めるシンボルとなってきた。

 京都在住の仏師の江里康慧(こうけい)さんは伝統を重視し、精神性に満ちた仏像をつくっている。2007年に急逝した妻の佐代子さんは、仏像・仏画を美しく飾るために発達した「截金(きりかね)」の人間国宝だった。極細の金箔(きんぱく)やプラチナ箔を手作業で貼り合わせる技法を、衝立(ついたて)や香盒(こうごう)などの工芸作品に生かしていた。

 康慧さんが手掛けた仏像・御像と、佐代子さんの工芸作品を展示する「仏像と截金」が東京・銀座の和光ホール(電話03・3562・2111)で開催中。同ホールで6回目の2人展であり、今回がおそらく最後となる。

 「釈迦(しゃか)如来三尊像」は、飾りが截金のみのシンプルな寄せ木造り。釈迦如来と両脇の菩薩(ぼさつ)の柔和な表情が心にしみる。一方、聖武天皇と光明皇后の像は、専門家の時代考証に基づき、装束の色彩と文様を再現。華やかさが目を引く。

 佐代子さんのまり香盒や盒子(ごうす)は、シャープな截金のラインが鮮やかな色、球体と組み合わせられ、驚くほど動的になっている。晩年、特に力を注いだのは、截金を施したうえに漆を重ねた「截金透塗(すかしぬり)」の作品群。完成当初は截金部分が赤色に見えるが、十数年たつと文様が金色に浮かび上がってくる。30年ほど前の作品も併せて展示され、その奥深さに感興は尽きない。

 東日本大震災が起こり、康慧さんは展覧会の中止も考えた。「でも、仏教が果たしてきた歴史を思い、今こそやるべきだと。ご覧になった方に明日への希望を感じていただければ」と話す。

 近くの和光並木ホールでは、佐代子さんの追慕展が開催中。日本伝統工芸展に出品した「截金彩色飾筥(かざりばこ)<絲綢之路(シルクロード)>」などが並ぶ。両展とも18日まで。【岸桂子】

毎日新聞 2011年4月12日 東京夕刊

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

和の心

0-0-26.jpg
0-0-27.jpg

 大震災後、さまざまな障害から、まったく仏像の本が読めないでいる。こんな面白いものが売れているのはインターネットで最近名知った。少し余裕がでたら手にしてみようかなとも思う。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad