大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像彫刻試論6 肖像彫刻

運慶N1

 肖像彫刻というジャンルは意図的にできたものではないだろう。もともと、仏像自身がストゥーパ(stûpa)という塔や仏足石などの<釈迦>周辺の文物から発して、次第に釈迦そのものを形象化して残す方向へとなっていった。釈迦ご本尊を彫るといった発想は、当初は畏れ多かったのかも知れない。したがって、ある意味で肖像彫刻の源流の一つは釈迦像にあるとも言える。
 同様に、日本での肖像彫刻、そのハシリは聖徳太子だったかも知れない。法隆寺釈迦三尊像の本尊や救世観音は、太子の姿を遷したとも言われる。そして、仏像は幅広く、そして分化して展開していく。仏は仏として、人は人として・・・


 ここでいう肖像彫刻はいわゆる如来や菩薩といった<仏>ではなく、生身の<人間>を表現したものと捉えよう。では、日本における肖像彫刻とはいかなるものか。初期の作品が究極の名品ということもある。あるいは、結果として名品が生き永らえたという言い方も可能かも知れない。全くの独断だが、唐招提寺 鑑真和上像こそ天平の名品であるとともにわが国肖像彫刻の最高傑作だろう。

 時代は下って鎌倉時代に、日本彫刻史上、これほどまでに深い表情を刻んだものなしとでもいうべき運慶工房のエッセンスを結集した無着世親の2像が造像された。鎌倉リアリズム、ここに極まれりといった風情の作品で、これに継ぐ彫刻群もしばらく世にでる。 
 各宗派の高僧、名僧の生前の姿を彫像として残そうという発想は理解できる。写真という便利な媒体もなく、日本での仏画はあまりリアルでないし、彫刻こそ具象的、立体的に表現ができ、かつ物理的にも長期保存が可能であった。平安末期からは、パトロンたる貴族や有力武家も彫ったし、仏師の「自画像」も彫った。だが、それはながくは続かず、その後、取り繕いようのない形式主義に陥り急速に廃れていく。それは肖像に限らずむしろ、仏像彫刻全般についての傾向であった。

000-4.gif

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1850580.html 【“仏像彫刻試論6 肖像彫刻”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

空海と密教美術展 東京国立博物館の案内

1-1.gif

本ブログで以下のコメントを行なっています(最近のブログを参照)。  

空海論 (08/20)

 空海と密教美術展 空海について考える10
 空海の思想  私論 (08/16)

 空海と密教美術展 空海について考える9 
 空海の思想  仏さまの履歴 (08/14)

 空海と密教美術展 空海について考える8 
 空海の思想  巨大な観念論 (08/14)

 空海と密教美術展 空海について考える7 
 時代背景 (08/13)

 空海と密教美術展 空海について考える6 
 <真言>+<陀羅尼> (08/11)

 空海と密教美術展 空海について考える5 
 大日如来 (08/10)

 空海と密教美術展 空海について考える4 
 憤怒(忿怒)相の意味(08/08)

 空海と密教美術展 空海について考える3 
 NHK「空海 至宝と人生ー“仏像革命”」を観る (08/07)

 空海と密教美術展 空海について考える2
 十住心論の体系 (08/07)

 空海と密教美術展 空海について考える1 
 両界曼荼羅 羯磨曼荼羅 (08/06)

空海と密教美術展 観る 考える (08/05)

空海と密教美術展 魅力の彫刻6 
人気NO1 帝釈天騎象像 (07/31)

空海と密教美術展 魅力の彫刻5 
立体曼荼羅展示に疑問あり! (07/29)

空海と密教美術展 魅力の彫刻4 
醍醐寺薬師如来坐像 (07/28)

空海と密教美術展 魅力の彫刻3 
神護寺五大虚空蔵菩薩像 (07/27)

空海と密教美術展 魅力の彫刻2 
獅子窟寺薬師如来坐像 (07/27)

空海と密教美術展 魅力の彫刻1 
兜跋毘沙門天 (07/25)

「空海と密教美術展」に行く (07/24)

【以下は引用】

開催趣旨

インドで生まれて中国で体系化された密教は、奈良時代にはすでにわが国にも伝えられてましたが、その奥義は弘法大師空海が唐での留学から帰国して初めてもたらされました。
空海自らが『御請来目録』のなかで「密教の押絵は深く言葉では語りつくせないので、仏画などの造形を以ってわかり易く私たちに説き示す」と述べているように、密教美術は、密教の説く真理を秘めた造形美術の宝庫と言え、その多彩さや豊かさは、我が国の仏教美術の中で群を抜いています。
本展は平安時代前期に焦点を合わせ、仁和寺、醍醐寺、金剛峰寺、教王護国寺、善通寺、神護寺等々に伝えられた宝物を通じて空海の思想世界を広く現代に問おうとするものです。真言密教創世記の息吹を今に伝える超一級の国宝・重要文化財が一堂に集うまさに空前絶後の機会となります。
http://www.museum-cafe.com/exhibition?event_id=20300

1-14.gif

○本展のみどころ○
①密教美術1200年の原点―その最高峰が東京国立博物館に大集結します。
②展示作品の98.9%が国宝・重要文化財で構成されます。
③全長約12mの「聾瞽指帰(ろうこしいき)」をはじめ、現存する空海直筆の書5件を各巻頭から巻末まで展示します。
④東寺講堂の仏像群による「仏像曼荼羅」を体感できます。
⑤会場全体が、密教宇宙を表す"大曼荼羅"となります。

(参考)
国宝 「大威徳明王騎牛像(五大明王のうち)」、国宝 「金剛法菩薩坐像(五菩薩のうち)」、国宝 「降三世明王立像(五大明王のうち)」、国宝 「帝釈天騎象像」
国宝 「金剛業菩薩坐像(五菩薩のうち)、国宝 「増長天立像(四天王のうち)」、国宝 「梵天坐像」、国宝 「持国天立像(四天王のうち)」
以上全て平安時代・承和6年(839)京都・東寺蔵

1-10.jpg 【“空海と密教美術展 東京国立博物館の案内”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

興福寺2

興福寺photo01

 興福寺の堂宇は天変地異によって焼失し、また再建されるという循環の歴史。これは興福寺の年譜をみればわかる。しかし、それには<裏面史>がぴたっと張り付く。以下の労作は元祖仏友会HPの抜粋だが、これを見ていると、興福寺の僧兵、悪僧(一般には「悪」は強いの意とも言う)がいかに強大であったかに驚き、かつ、これだけ絶え間ない武闘を繰り返していれば、報復戦争・戦闘によって堂宇損傷・焼失は覚悟せねばならなかったかも知れない。

【興福寺の歴史は以下を参照】
http://www.kohfukuji.com/about/history/index.html

【以下は引用】
元祖仏友会のHPからの年譜(抜粋)
 935/6/3  検非違使に命じ東大・興福両寺の雑人の濫行を糾させる
 968/7/15 東大寺と興福寺と闘乱する
 986/2/26 興福寺僧徒、備前守<藤原理兼>の濫行を訴える
1000/5/8  興福寺の僧徒が大和国の国守の館に乱入する
1006/6/20 大和国司が田畑損亡のことについて興福寺僧<蓮聖>らを訴える
1006/7/13 興福寺衆徒が八省に愁訴する
1037/1/19 興福寺僧徒が東大寺東南院を破壊する
1049/12/28 興福寺僧徒、大和守<源頼親>の第を襲う
1050/1/25 興福寺の訴えにより大和守<源頼親>父子を流す
1063/10/17 興福寺の僧<静範>、御陵の宝物を盗んだ罪により伊豆にその余党16人諸国に流される
1081/3/5  興福寺僧徒、多武峯を侵し民家を焼く、多武峯僧徒入京してこれを強訴する
1085/5/24 興福寺僧徒、大和国十市郡の民舎を焼く
1092/3/6  興福寺僧徒、山城国賀茂荘の民家を焼く
1093/8/26 興福寺衆徒、入京強訴し近江守<高階為家>を訴える
1093/11/3 興福寺衆徒、金峯山を襲う
1101/4    興福寺衆徒、金峯山と争う
1102/8/5  興福寺衆徒が蜂起する
1102/9/28 興福寺衆徒の狼藉のため東大寺衆徒が八幡の神輿を奉じて入京する
1103/3/25 興福寺衆徒、右大臣忠実に惟摩会竪者の改補を強請する
1108/9/10 興福寺僧徒、多武峯の堂舎などを焼く
1110/6/21 摂政<忠実>、興福寺僧徒の兵仗を禁じる
1111/9/3  東大・興福両寺の僧徒が争う
1113/閏3/20 興福寺僧徒、勧学院に行き強訴する
1113/3/29 延暦寺僧徒が清水寺の堂舎を破壊し、法皇御所にいたり興福寺僧徒の罪を訴える
1113/4/5  延暦・興福両寺僧徒の争闘を抑えるため、検非違使<平忠盛>を興福寺に、<源光国>を延暦寺に向かわせる
1113/4/12 延暦・興福両寺に勅して和解させようとしたが、僧徒はこれを拒否する
1117/6/1  春日神人、興福寺僧徒と争う
1120/8/23 興福寺僧徒の強訴によって、和泉守<藤原雅隆>を罷免する
1123/8  延暦・興福両寺の僧徒が相闘う
1129/11/11 源為義らを派遣して、興福寺僧徒の騒擾を鎮定させる
1135/3/11 興福寺僧徒と闘った東大寺の僧を罰して移郷させる
1137/2/10 興福寺の僧徒が神木を奉じて入京し強訴する
1139/3/8  興福寺の僧徒が別当<隆覚>の坊を焼く
1139/3/26 平忠盛らが興福寺僧徒の入京を宇治・淀に防ぐ
1139/11/9 興福寺の僧徒が別当<隆覚>とあらそう
1142/8/3  興福寺の悪僧一五人を勧学院に鞫問して陸奥に放つ
1144/11/6 興福寺の衆徒が内大臣<頼長>に、<源忠清>の配流を請う
1145/3/14 興福寺僧徒が東大寺僧徒と闘う
1145/7/12 興福寺僧徒が金峯山を攻める
1145/9/13 興福寺僧徒が金峯山を攻める
1148/8/26 法皇、興福寺衆徒が蜂起して強訴しようとするのを止めさせる
1151/2/23 <頼長>が興福寺衆徒の兵仗を禁じる
1158/7/17 興福寺の僧徒、大和の公田の検注を不満として上座<信実>の房舎を焼く
1163/7/25 興福寺衆徒、別当<恵信>を逐いその房舎を焼き、<恵信>兵を集めて戦う
1165/10/27 興福寺僧徒神木・神輿を奉じて入京し強訴する
1167/3/10 前興福寺別当<恵信>党与を集め、別当<尋範>を襲い大乗院などを焼く
1171/9/21 興福寺僧徒が入洛して、前下野守<平信遠>を訴えようとし摂政<基房>これを制止する
1173/6/25 興福寺僧徒多武峯を焼く
1173/11/4 興福寺僧徒の入京を<平重盛>に命じて宇治で防がせる
1173/11/6 吉野大衆が興福寺に応じて延暦寺と戦おうとする
1173/11/11 興福寺僧徒が解散したので南都一五大寺の荘園を没収する
1180/12/28 平重盛が東大・興福両寺を焼く
1181/1/4  東大・興福両寺の荘園を収公する
1194/3/14 奈良興福寺の衆徒ら西京を焼く
1198/10/16 興福寺衆徒の訴えにより和泉守<平宗信>の任を停止する
1198/12/16 平宗信を解任して播磨国へ流す
1206/2/14 興福寺衆徒ら、<源空>およびその徒が念仏を唱え他宗を誹謗した事を訴える。源空の弟子行空・遵西ら即日配流される
1209/7/3  興福寺僧徒ら、互いに党を組みたびたび闘争に及んだためその首領捕えられる
1213/11/20 興福寺衆徒ら、山門襲撃を企てて諭止される
1214/8/7  興福寺衆徒、神木を奉じて入洛を計る。是日武士ら宇治・淀などに赴き防ぐ
1227/8/8  興福寺衆徒ら蜂起し多武峯の数百戸を焼く
1228/4/23 興福寺衆徒ら再度多武峯を焼く。このため延暦寺衆徒も蜂起して、近江国の興福寺領を没収する。興福寺衆徒憤って離散する
1235/5/23 石清水神人、興福寺僧徒と水利問題で争う。朝廷<六波羅>に調査を命じる
1235/12/22 興福寺衆徒蜂起する
1236/2/24 幕府の使者、兵を率いて木津川に至り、興福寺衆徒に退去を勧告する
1236/9/   興福寺衆徒築城し、兵具を修備する
1236/10/5 幕府、興福寺衆徒の荘園を没収し大和国に守護・地頭を設置し奈良出入を禁じる
1236/11/14 衆徒鎮静する 大和国の守護・地頭を撤廃する
1255/2/10 興福寺衆徒ら東大寺の房舎を焼く
1266/9/20 興福寺僧徒蜂起する
1278/7/27 興福寺の訴えにより参議<葉室頼親>を安芸国へ配流する
1282/12/19 興福寺僧徒の強訴により、権中納言<久我具房>・按察使<源資平>を配流する
1293/11/17 奈良興福寺一乗院の僧徒ら、大乗院僧徒と交戦する
1296/2/26 南都僧徒闘争する
1303/8/19 興福寺衆徒の訴えにより、延暦寺の僧<慈俊>・<頼俊>を配流する
1304/9/26 幕府、興福寺僧徒の訴えにより大和国の地頭職を撤廃する
1305/4/4  興福寺僧徒、大和国片岡の達磨寺を焼く
1307/10/2 春日神木入洛する
1307/12/6 興福寺僧ら<仙海>・<頼綱>法師の流罪などを訴える
1307/12/15 春日神木、宇治山城国<平等院>に動座する
1307/12/20 神木また入洛する
1311/6/28 興福寺衆徒ら多武峯の僧徒と争う
1318/7/13 興福寺僧徒、春日社神木を金堂前に遷す。ついで帰座する
1327/3/12 興福寺の僧徒闘争する。このため金堂以下焼失

(資料)河出書房新社『日本史年表』
http://homepage2.nifty.com/butuUkai/ganso/kohuku.htm

 平重衡の南都焼討ちといえば、織田信長の延暦寺焼討ちとともに「極悪非道」の所業とされる向きもあるが、当時の政治リアリズムのなかでは、鎮撫すべき命を帯びた敵方武将としては止むを得ない戦術であったかも知れない。それくらい興福寺、東大寺の僧兵の武力は強大であった。しかも、これで根絶やしになったわけではなく、その後も僧兵の政治力、軍事力は保持されていることが上記年譜で確認できる。
 運慶は東国に下向して、鎌倉武士の荒ぶる魂にふれた。このことが、運慶彫刻のマッスルさ、男性的なリアリズムの源泉といった見方も古くからあるけれど、運慶は、仕事場の興福寺や東大寺の境内を歩けば、彫刻のモデルになるような武人(=悪僧)はいくらも居たわけである。
 さらに僧兵は武術も磨いていた。宝蔵院流の槍といえば、幕末の新撰組のファンなら誰しも『燃えよ剣』の谷三十郎を連想するが、これも興福寺に淵源がある。


【以下は引用】
■平重衡南都焼き討ち

治承4年(1180年)12月28日。
平重衡(たいらのしげひら:清盛の子。24歳)、平通盛(たいらのみちもり:清盛の甥。教盛の子。)率いる平家軍が、東大寺・興福寺の僧兵と戦ってこれを破り、その兵火で東大寺・興福寺が焼け落ちた。
東大寺・興福寺は挙兵に失敗した以仁王を支持して平家と敵対していた。この年、清盛が福原遷都を強行したのも、これらの寺社勢力から逃れるためだった、と言われている。しかし、強引な福原遷都の評判はすこぶる悪く、11月にはやむを得ず京都に戻っていた。京都に戻った清盛は南都を攻めると盛んに吹聴し、南都の僧兵らも鞠を清盛の首に見立てて踏んだり蹴ったりして挑発していたという。
この日、南都勢は奈良坂、般若坂に盾と逆茂木を並べて防塞を構築していたが、平家の騎馬武者が僧兵もろともこれを蹴散らし、戦いは平家の勝利で幕を閉じた。東大寺や興福寺が焼け落ちたのは、重衡が夜になって周囲を明るくするために、民家に放った火が瞬く間に延焼したため、といわれている。
http://yururi.aikotoba.jp/samurai/history/shigehira.html

■宝蔵院流槍術
柳生新陰流剣術とともに奈良を発祥地とする日本を代表する武道です。約450年前、興福寺の僧宝蔵院覚禅房胤栄が猿澤の池に浮かぶ三日月を突き、十文字鎌槍を創始したと伝えられています。 鎌槍を活用した槍術は「突けば槍 薙げば薙刀 引けば鎌 とにもかくにも外れあらまし」とうたわれるように攻防にすぐれ、やがて全国を風靡し、最大の槍術流派として発展しました。
http://www4.kcn.ne.jp/~hozoin/

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

興福寺

0000-5.jpg
 
 興福寺は、いまの奈良観光では、行かない人がいない最重要な交流点に位置しています。たとえば、電車で奈良に降り立った場合、JR奈良駅、近鉄奈良駅、どちらからのアクセスでも、メインロードの三条通りをへて観光ゾーンの中心部に入れば、そこにはじめて現れるのは奈良のシンボルの一つ、興福寺の五重塔です。しかし、本来、興福寺は平城京では東の要害の地にありました。

0000-3.jpg

 奈良三山のうち、三笠山(御蓋山)からの導線を平城京に引けば、その軸上に春日大社があり、興福寺、三条通りに至ります。まさに東の要害といってもいい場所に興福寺は立地しています。もちろん、往時の宮城は平城宮ですが、その側面東には法華寺があります。ここは、平城京への移転、その都市設計を行った実質都市プランナーだった藤原不比等の居城がありました。しかし、その後の興福寺をめぐる<攻防>は権力者の象徴であったがゆえに激しいものでした。 

<かつて書いた文章>

◆平城京と風水の関係

平城宮をはさんで、一条大路を横軸として、東西に東大寺、西大寺が配置されている。同様に二条大路では、興福寺と菅原寺が、四条大路では、元興寺・新薬師寺と唐招提寺が、五条大路では、大安寺と薬師寺が対をなして配置されている。
 法華寺の位置は左京一条二坊だが、ここは当時の最高権力者藤原不比等の邸であり、その後皇后宮、法華寺となっていく。まさに平城宮を固める足下、絶好の位置にあったことがわかる。また、春日大社(東春)や秋篠寺(西秋)が方位上、ピタリとはまることも一目瞭然である。 
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-164.html

 法興寺(→元興寺)、大官大寺(→大安寺)や薬師寺といった巨大寺院の移設をふくめ、東大寺大仏殿に限らず、多くの新設寺院の勧請は当時の国力に照らしても凄まじいものだったろう。藤原不比等という稀代の政治家なくしてはなしえなかったことであろう。また、都市経営の視点からも注目される点は多い。
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-171.html

◆藤原不比等の台頭

 蘇我ファミリーを駆逐した中大兄は大海人にかわったが、もう一人の主役、藤原鎌足はその次男、不比等に見事に家督を譲り得た。この間の歴史を読むと、鎌足が周到に天智、大海人皇子の双方と関係を構築していたほか、669年の鎌足の死は壬申の乱の3年前であり、当時不比等が11才の幼少であったことが、ある意味エアポケット状態で結果的には良かったと思う。不比等が歴史上登場するのは、この後20年後の31才からだが62才(一説には63才)の逝去までの約30年間の政治的台頭はすさまじい。これも下記のブログに記したが4人の息子は有力各家をなした。3人の娘は、宮子(文武夫人・聖武母)、光明子(聖武皇后・孝謙母)、多比能(橘諸兄室)という最強力な「布陣」である。そして不比等なくしては、この間の「皇族系譜」の安定性はなく、それゆえ類いなき文化振興もなかったといえよう。 
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-195.html

◆興福寺のその後

 興福寺はとても苦労をした寺なんだろうなと思う。「平成22年(2010)、興福寺は、創建1300年の大きな節目を迎えます。和銅3年(710)春三月、平城京・左京三条七坊の地に造営された当山は、いま、創建当初の《天平の文化空間》を再構築するため、境内の整備事業に鋭意取り組んでいます」(興福寺HP)からすれば、この1300年の歴史のうち、安定期と激動期では、はるかに後者の歴史が長かったことであろう。
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-93.html

 興福寺の名宝といえば誰でも、阿修羅像を頂点とする八部衆や十大弟子をまっさきに思い起こすことでしょう。天平時代の名品がいまに残っていること自体が、奇跡的なことです。しかし、むしろなぜ、その他の仏像が失われたかも考えておかねばなりません。権力にちかすぎる寺、要害としての機能、私兵としての強大な僧兵の存在、そうした政治リアリズムを抜きにはこの南都の雄寺を語ることはできないでしょう。

<阿修羅像をめぐる視点>

興福寺阿修羅像1<阿修羅とはなにか>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-99.html

興福寺阿修羅像2<阿修羅像の来歴>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-100.html

興福寺阿修羅像3<造像の特色>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-101.html

興福寺阿修羅像4<時代の背景>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-102.html

興福寺阿修羅像5<動態的な見方>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-103.html

興福寺阿修羅像6<その源流>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-125.html

0-0-0-0-3.jpg
(続きは次回以降に・・・)

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

タイムカプセル仏ー鎌倉時代から現代へ!

007.jpg

 面白いことがおこるものである。木製カプセルのなかから素晴らしい色彩の胎内仏が発見された。こうした技法が鎌倉時代にあることじたいが驚きだし、アイデアマンはいつの時代にもいるものだ、と感心する。これから、この技法は主流になるかも!いまなら、永久保存のできるカプセルの素材はいくらもありそうだし。むしろ、木という伝統的な素材のもつ保存威力により注目すべきか。現代人の固い、「心のカプセル」をあけてくれたような良いニュースである。

【以下は引用】
●700年ぶり、鎌倉期の姿そのまま 7月公開(読売新聞)

 あま市の甚目寺に保管されていた県指定文化財「愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう)」から見つかったと、1日発表された胎内仏は、カプセル状の木製の容器に納まっていたため、製作時の鮮やかな色彩が残っているのが特徴で、専門家も高い関心を示す。日本初となる「カプセル仏」は、7月16日から名古屋市博物館で始まる特別展で公開される。

 高さ6・6センチの「カプセル仏」が見つかったのは昨年12月21日。愛染明王坐像(高さ105センチ)は1996年の調査で内部に球状の物体があることが分かっていたが、詳細は不明だった。坐像は古文書から鎌倉時代の1284年以前の製作とされる。老朽化に伴う解体修理にあわせ、内部の球体の正体を確かめることになった。
 調査当日、坐像の胸部に納められたカプセルが約700年ぶりに開けられると、中から色鮮やかな朱色の胎内仏が現れた。あまりの鮮やかさに関係者からは「現代に現れた桃太郎のようだ」と驚きの言葉が上がったほどだったという。
 胎内仏は直径約10センチのカプセルの中で竹くぎとニカワで固定されていた。胎内仏は、全国で数多く見つかっており、仏像内の空洞を利用して寄進者ゆかりの遺品を納めることが多い。市によると、坐像と同じ容姿の「ミニチュア版」の胎内仏が見つかることは珍しく、カプセルに納められていたのは日本初という。
 名古屋市博物館学芸課の山田伸彦学芸員は「タイムカプセルで現代に鎌倉時代の仏様が現れたようなもの。研究面では、当時の色彩がそのまま残っているので、同時代の仏像の修復のための重要な参考史料になっていく」と話した。今回の発見は、5日に奈良県で開かれる文化財保存修復学会でも報告される。
 同市博物館は今回の発見を記念した特別展「甚目寺観音展」を開催する。7月16日から8月28日まで。観覧料は一般で千円、高校・大学生600円、中学生以下無料。問い合わせは同館(052・853・2655)。(井上未雪)

008.jpg
側面から見た愛染明王坐像。胸の中にカプセルが入っていた=写真、いずれも名古屋市博物館提供

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad