大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

関東、最高レベルの薬師如来坐像!

桑原薬師堂2

 上記は函南町桑原所在の薬師如来坐像である。この秀逸なる仏さまの存在を教えていただいた静岡県立静岡がんセンター山口建総長からのご好意で、下記のブログを書いて以降、「静岡県函南町 薬師堂仏像群への誘いー函南町桑原ー」(1993年 函南町教育委員会、非売品)を頂戴した。以下は、この薬師像についての記述を転載する。

「木造薬師如来坐像
像高110センチ、一木矧造といって、頭体部を檜材の縦目に沿って前後に割離し、中をくり抜いてから、再び割れ目をはぎ合わせて彫刻する技法をとっています。
 堂々とした体躯や貴族的で穏やかな顔つきは平安時代中期(藤原時代)の特色です。この像の作者はわかりませんが、中央(京都)の仏師の系統を引くものの制作でしょう。(中略)
 『箱根山縁起』によりますと、弘仁8(817)年桑原に新光寺を建立したとありますので、新光寺の本尊だったのでしょう。寺の跡と伝えられる桑原・柿生土周辺からは、布目瓦が採取されたり、平清寺(新光寺の子院)の銘が入った版木も付近の民家から発見されています」(p.21)


平等院阿弥陀如来2

桑原薬師4

  天下の秀作、定朝現存唯一の確定作、平等院阿弥陀如来坐像と上下の画像で比較しても、その尊顔の高貴さでは引けをとらないようにさえ思う。しかし、かたや大仏師定朝、こなた無名の地方所在仏の由来の違いは「評価」をわけている。かたや国宝、こなた静岡県有形文化財。専門家のあいだでは「格」が違う、ということになる。

(平等院アンソロジー)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-228.html
(平等院阿弥陀如来坐像について)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-104.html

 もうひとつは後補の影響か。本作はいまみるかぎり見事に整い、美しい木肌をもっている。しかし、本作同様、地元の方々がながらく守ってきた実慶作、阿弥陀如来三尊像(重要文化財、下の画像)は江戸時代に相当な修復の手が入っているようだ。本作にも後補があるとすると、それが重要文化財にもみなされない一因なのかも知れない

20111219-3.jpg

(実慶について)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-280.html

  自分はいまそこにおあす仏さまから直接受ける<パルス>をなによりも重視する。この薬師如来坐像の静謐な存在感には強い衝撃をうけた。そこにはランクも後補も関係はない。有難き稀有な尊厳を感ぜずにはおかない。

桑原薬師3

 さて、新たにオープンする仏の里美術館の設計は栗生明氏。平等院宝物館鳳翔堂の設計も氏の作品ということで大いに展示には期待がもてる。また、美術館自体、優れたホームページを公開しているので、解説、画像ともに以下を参照。本像も上記画像のように多角的に拝観が可能となるという。まちがいなく関東に最高レベルの薬師如来坐像ありということで大きな話題となろう。

(栗生明氏について)
http://www.com-et.com/colonne/002/kuryu/kuryu.htm
(平等院宝物館鳳翔堂 訪問記)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-105.html
(仏の里美術館 HP)
http://www.kannami-museum.jp/index.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

三島に<傑仏>あり!

桑原薬師堂2

 大変素晴らしい仏さまが三島郊外におわす。写真は、桑原薬師堂の(伝)薬師如来坐像。県の有形文化財で、平安中期・藤原時代の作とされる。像高110cm。

(参考1)
 桑原薬師堂は東海道線函南駅のほぼ真北にある。駅の東側で東海道線と新幹線の線路をくぐって北へ、町立桑村小学校をめざして登って行く。途中相当きつい坂がある。小学校までが15分弱、そこから下り坂になる。下りきったところを右折すると、まもなく長源寺が見えてくる。全体で20分強の道のりである。なお、函南駅前にはタクシーが常駐している。
http://web.mac.com/butsuzoutanbou/sekidoyoshio/%E3%83%BC%E6%A1%91%E5%8E%9F%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%A0%82.html

 由縁が不詳なので本像は県の文化財だが、ここには運慶一門の実慶の国の重文、阿弥陀三尊も鎮座し、長源寺は知る人ぞ知る寺社巡りスポットである。しかし、どちらの仏さまが神々しく見えることか?
 多くの拝観者は、この「お薬師様」に軍配をあげることだろう。その圧倒的な実在感、品位は、皮肉にも県指定だ国指定だといった文化財の形式的な基準のもつ意味に大いなる疑問を呈している。
 素人の直観だが、たとえば和歌山・大泰寺の阿弥陀如来坐像(1156年、像高105.5㎝、重文)に似ているなと思った。内からの自然な脹らみが頬を豊かに柔らかく押し上げ、その一方で目元は仏の慈悲を示し高貴で涼やかである。本像は優れた中央仏師の作で、関東の有力者(発心者)に移送されたのではないかとみる。
 本像は檜の一木造りとのことだが、神奈川・金剛寺にはこれもスケール感などが共通する阿弥陀如来坐像(12世紀、像高136.0㎝、重文)がある。こちらは寄木造りながらご尊顔は本像のほうが生き生きしてみえる。
 さて、近々、薬師堂ほど近くに函南仏の里美術館(H24.4開館)ができ、こうした仏さまを良好な環境で拝観することが可能となる。多くの人びとの目がこの<傑仏>に驚異をもって触れることになるだろう。


(参考2)
 桑原薬師堂に安置された24体の仏像を保管・展示するための美術館。重要文化財「阿弥陀三尊像」や県指定有形文化財「薬師如来像」等が拝観可能。薬師堂は長源寺(室町時代創建)境内の高台にある。
 年末年始(12月29日から1月3日)を除く毎週土曜日、日曜日の10時から16時までお堂を開扉している(問い合わせ先は函南町教育委員会生涯学習課)。なお、本像が薬師堂で見られるのは1月末までとのこと。
http://service.city.mishima.shizuoka.jp/mportal/sunzu/smcont.asp?id=92

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

新春写真集4

201218.jpg
201118-2.jpg
201218-3.jpg
201218-4.jpg
201218-5.jpg
201218-6.jpg
201218-7.jpg
201218-8.jpg

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978188.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978186.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978181.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978180.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978179.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978178.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978177.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978175.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978174.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1978162.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

中尊寺金色堂

201217.jpg
中尊寺本尊

 期待される番組。

【以下は引用】

初めてカメラがとらえた「中尊寺金色堂」内部 世界遺産の謎に迫る

【 01月08日(日) 総合/デジタル総合 21:30 ~22:19 】NHKスペシャル

2011年6月に世界文化遺産に登録された岩手県の平泉町。その核心である国宝「中尊寺金色堂」は、保護のためおよそ半世紀の間、お堂全体がガラスケースで覆われていた。

今回、金色堂の現状を記録するため、初めてガラスケースの中に特殊なクレーンカメラを入れて撮影した。6万枚を越える金箔や密集する金色の仏像20+ 件、精密な黄金の彫金、夜光貝や象牙といった宝物の美しさはもとより、職人たちの驚くべき技術なども合わせて紹介していく。

戦乱の果てに東北を復興した藤原清衡(きよひら)の壮絶な人生や、海外との独自の交易で繁栄し、京都の都に匹敵する東日本最大の大都市となった「平泉」の歴史についてもスポットを当てる。

http://www.j-cast.com/tv/2012/01/06118096.html


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

東大寺大仏殿四天王復元(BSジャパン)

東大寺大仏3

 正月特集番組をみる。2011年3月19日の再放送ということだが出色の内容。はじめ、周到な手順での追跡を画面でみて、さすがはNHK!と思っていたら、あれっ、途中でCFが入りBSジャパンとわかった次第(失敬!)。

【以下は引用】


遥かなる運慶の極彩空間~今甦る東大寺大仏殿 幻の巨大仏像~
2012年1月2日(月) 夜7時00分~夜8時55分


◆幾世紀もの時を越え、平成の世に蘇った幻の巨大仏像。長い間封印されてきた歴史の真実…その重い扉が、いま開かれる!!

◆天才仏師・運慶ならではの、力が漲り、写実的でもある数々の仏像の素晴らしさを紹介し、その不思議な魅力をあらゆる角度から分析、解明。そして、奈良の大仏の周りに、運慶達が総力をあげて造りあげた約13mにも及んだといわれる幻の巨大四天王像を、最先端のCGでの映像再現を試みた。幾世紀もの時を越え、平成の世に蘇った幻の巨大仏像。長い間封印されてきた歴史の真実…その重い扉が、いま開かれる!!

【ナビゲーター】東儀秀樹(雅楽師)、【ナレーション】天野ひろゆき(キャイ~ン)

運慶展 (8)

◆日本人の深い祈りが、幾世紀もの間 捧げられてきた奈良の大仏。かつてこの大仏の周囲に、なんと大仏とほぼ同じ大きさの巨大な四天王像が存在したことを、ご存じだろうか?
四天王像とは、本尊の周囲 東西南北に屹立している仏教を守護する4体の仏像。
約20年前に発見された貴重な資料「東大寺大仏殿図」によると、これらの木造の巨大仏像は、日本芸術史上最高の彫刻家ともいわれる天才仏師・運慶とその家族、そして快慶の手によって鎌倉時代初期に造りあげられたという。
16世紀半ば、戦国時代の戦乱の中で焼失し、歴史の闇の彼方に消え去ってしまった巨大仏像…。

運慶展 (9)

◆番組では、天才仏師・運慶ならではの、力が漲り、写実的でもある数々の仏像の素晴らしさを紹介し、その不思議な魅力をあらゆる角度から分析、解明。
そして、奈良の大仏の周りに、運慶たちが総力をあげて造りあげた約13mにも及んだといわれる幻の巨大四天王像を、最先端のCGでの映像再現を試みた。

0-13.jpg

◆CG制作に挑むのは、文化財のCG再現に関しては現代日本でも最高レベルの、東京芸術大学大学院・美術研究科 文化財保存学 保存修復彫刻研究室の精鋭チーム。
奈良や京都で奇跡的に残されていた当時の大仏殿内の巨大仏像の配置図、当時の面影を残すといわれる仏像、歴史の闇から浮かび上がった資料や証拠を綿密に組み合わせ、あらゆる手段を駆使し、幻の巨大仏像の実像を追い求めていく。

20111224.jpg

◆幻の巨大仏像を追い求め、古都を駆け巡る番組ナビゲーターは、雅楽師の東儀秀樹。東儀家は、奈良時代から1300年もの間 雅楽を世襲してきたため、東大寺とは縁が深い。彼は、その再現映像を目撃し、何を思うのだろうか?

幾世紀もの時を越え、平成の世に蘇った幻の巨大仏像。
長い間封印されてきた歴史の真実・・・その重い扉が、いま開かれる!!

http://www.bs-j.co.jp/bangumi/html/201201021900_21529.html
http://www.bs-j.co.jp/unkei/

運慶、快慶、慶派については以下を参照

運慶考7 運慶工房の生産性 <チーム運慶>の実力
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1905146.html

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-282.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

新春写真集3

飛鳥仏
 東京国立博物館(東博)のかくれたスターで登板回数が多い。いわゆる一光三尊仏で、光背の化仏もきちんと浮かび上がっている。7世紀、60㎝強の仏さまだが、細工は実に立派な逸品である。

0-0-2.jpg
宇治平等院「雲中供養菩薩北25号」、53cm高さの木像。平安時代1053年の作品 国宝 壁面を飾る52体の菩薩の中で創建時のものとされる。風を衣のはらみと雲の渦であらわす。ふわりと乗っている軽い量感がいかにも仏さまらしい。お顔の表情が高貴で上体は衆生を正面で受けとめ、下半身は向かって右に進路をとり雲と一体化して動いているように見える。ありえないポーズなのだが妙にリアリティがある。仏師の腕の高さがわかる。

201211-2.jpg
岡寺「菩薩半跏像」、 天平時代の作と推定される。本尊如意輪観音像の胎内仏とのことだが単独で拝見したほうが想像力をかきたてられる。以下の記述を参照。
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-198.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

新春写真集2

法隆寺釈迦三尊N1
大きな三尊形式では最古の秀作、法隆寺金堂釈迦三尊

法隆寺橘持仏
表情の柔らかい阿弥陀三尊(伝橘夫人念持仏)

201211.jpg

薬師寺三尊N
世界のどこにも比肩すべきものない量感と際立った完成度、薬師寺薬師三尊

00-11.jpg
運慶作、浄楽寺阿弥陀三尊像。運慶は過去の彫刻の総合化を目指した

20111127-2.jpg

浄土寺阿弥陀三尊
快慶作、浄土寺阿弥陀三尊像。快慶は堂宇との一体化、そこに射す光の効果を最大限、生かした

中尊寺本尊
東北にも名品あり。中尊寺三尊

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

新春写真集1

薬師寺聖観音N
東洋のヴィーナスと名高い薬師寺聖観音

夢違い1
夢を取りかえてくれるという法隆寺夢違観音

東大寺誕生仏
子は国の宝ーその気持ちを自然に呼び起こす東大寺誕生仏

野中寺img007
小さくとも堂々たる量感の弥中寺弥勒菩薩

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad