大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

円空 その魅力

円空3

 円空のことを考えると、行基や空海に連想がはせる。もちろん、この巨大な二人の名僧と一介の私度僧円空は同列には論ぜられないだろう。
 その一方、地方にはいまでも伝行基作とか伝空海作といった仏さまがおおくおあす。いずれも伝説の名僧にあやかって、その信仰あるいはご利益を見える形にしたいという強い願望があったゆえだろう。

 円空は彼らのように人民の苦しみを解放する、ため池灌漑も、橋梁土木工事も(指導)しなかったけれど、ひたすら多くの仏さまを現実に彫った。そして地域に惜しげもなく寄進した。行基や空海の偉大な事蹟とはことなっても、ゆく先々で、その求めに応じて、ときに自らの積極的な意思でこうした功徳をほどこした。勤行ーできることを倦まずたゆまずやり続けること。円空にとっては木に宿す仏さまをあるがままに取り出してみせること、これこそが日々の修業であり勤行であったことだろう。

 行基や空海はその後、政権中枢に重く用いられて位階を授かったが、円空は当時にあってはただの仏さまの「彫師」であった。しかし、現代に生きるわれわれにとって、これほどリアリティをもって迫ってくる「仏師」はいない。運慶以降、独創的な仏像彫刻をもってもっとも強い感銘を授けてくれる仏師は、円空であろう。それゆえ、円空の民衆とともにあるイメージは、自然にその源流を探しもとめて、修業時代、諸国をへ巡り修験道にも近しかった行基に、空海にいきつくのかも知れない。


◆空海については以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-261.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

円空展

円空2
両面宿儺坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺

 円空展、じっくりとみる。本館特別5室は、1階正面で天井高く開放感がある。そう広くはない歩きやすいスペースで、ほどよい質量、ほどよい空間、見終わったあともほどよい疲労感。この凝縮された空間で約100体の円空ワールドの展示も実に巧みだ。木目がはっきりとし彩色が一切ない円空仏は、白黒写真に映える光と影のモノトーンが似合う。そこを十分に計算にいれた照明もよく考案されている。

 下記リストにあるとおり大小とりまぜて、仏さまから神像、民間信仰のよろずの神さままで種類も多い。千手観音のように周到に彫り込まれた本格的なものから、わずかな時間にちょちょいと彫った欠片のようなものまでなんとも多彩だ。また、なかには儀軌などあまり意識させないとても素朴な仏さまもおあす。喜怒哀楽、すべての表情がここにあり大いに楽しめる。


→ 主要作品の画像および解説については以下を参照

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1556

<展示作品>

1 両面宿儺坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
2 金剛力士(仁王)立像 吽形 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
3 賓頭盧尊者坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
4 歓喜天立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
5 三十三観音立像 円空作 31躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
6 菩薩立像(神像) 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
7 地蔵菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
8 不動明王および二童子立像 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
9 弁財天坐像および二童子立像 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
10十一面観音菩薩坐像および両脇侍立像 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺

11護法神立像 円空作 2躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
12護法神立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
13金剛童子立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
14難陀龍王像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
15跋難陀龍王像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
16八大龍王像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
17宇賀神像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
18迦楼羅立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
19迦楼羅(烏天狗)立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
20狛犬 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺

21男神坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
22如来坐像 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
23円空像 大森旭亭筆 1幅 江戸時代・文化2年(1805) 岐阜・千光寺
24袈裟山百首 円空筆 1冊 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺
25弁財天立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・飛騨国分寺
26如意輪観音菩薩坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・東山白山神社
27柿本人麿坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・東山神明神社
28稲荷三神坐像(男神形) 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・錦山神社
29稲荷三尊坐像(獣頭形) 円空作 3躯 江戸時代・17世紀 岐阜・錦山神社
30不動明王立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・素玄寺

31金剛神立像 円空作 2躯 江戸時代・17世紀 岐阜・飯山寺
32愛染明王坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・霊泉寺
33千手観音菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・清峰寺
34聖観音菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・清峰寺
35龍頭観音菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・清峰寺
36薬師如来立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・板殿薬師堂
37釈迦如来坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・板殿薬師堂
38阿弥陀如来坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・板殿薬師堂
39十一面観音菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・元禄3年(1690) 岐阜・桂峯寺
40今上皇帝立像 円空作 1躯 江戸時代・元禄3年(1690) 岐阜・桂峯寺

41善女龍王立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・桂峯寺
42神像 円空作 12躯 江戸時代・17世紀 岐阜・神明神社
43薬師如来坐像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・熊野神社
44菩薩立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・熊野神社
45僧形立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・熊野神社
46僧形八幡神立像 円空作 1躯 江戸時代・17世紀 岐阜・弘誓寺

http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3390

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

円空仏

円空1
三十三観音立像 円空作 31躯 江戸時代・17世紀 岐阜・千光寺

円空の仏さま 木の生命ー浮き立つ年輪・節目・木目・色調
 
犇めく円空仏 1本の 多くの 群生する木ーそこに森をみる

森 森厳 屹立 いまの 悠久からの大呼吸ーそこに山をみる

山 神々しさ 神秘的 荒ぶる 生命の根源ーそこに神をみる

木を観じ 森を観じ 山を観じ そして 神を観じる

ーそれが円空の仏さま

 

---------------------------------------
(以下は関連記事などの引用)

「飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」展 庶民の祈りに寄り添って
2013.1.20 09:58 産経新聞ニュース

 古来より日本人は、木や岩、滝など自然の中に神聖な力を感じ取ってきた。「山川草木悉有(しつゆう)仏性(ぶっしょう)」-自然にはことごとく仏性がある-と仏教の言葉にもある。江戸前期、美濃国(岐阜県南部)に生まれた遊行(ゆぎょう)の僧、円空(1632~95年)を駆り立てたのも、「木に宿る仏を彫り出す」一念だったのだろう。

 若くして出家したとされる円空は、修験者として近畿から遠く北海道、東北まで行脚し、生涯12万体の造仏に励んだと伝えられる。円空仏は5千体以上現存しているが特に故郷に近い愛知、岐阜県内に集中して残っているそうだ。

 中でも円空ゆかりの寺としてよく知られるのが、岐阜県高山市の千光寺(せんこうじ)。貞享年間(1684~88)のころ、50代の円空は当時の千光寺住職と意気投合し、同寺に滞在しながら飛騨の人々と親交を深めたとされる。その様子は円空の没後、江戸後期に書かれた『近世畸人伝(きじんでん)』(伴蒿蹊(ばん・こうけい)著、中公クラシックス刊)にも紹介されている。

 「円空もてるものは鉈(なた)一丁のみ。常にこれをもて仏像を刻むを所作とす」
 千光寺をはじめ、飛騨地方で大切に守られてきた円空仏100体がこのほど、はるばる東京国立博物館にやってきた。「いずれも、田畑や山の仕事に携わっていた地元庶民の、切実な祈りに寄り添う仏像です」と同館東洋室長の浅見龍介さんは説明する。

 報酬を得て作る仏師とは異なり、円空は一宿一飯の礼や布施を受けたお返しとして、何より自身の修行のために、各地でおびただしい数の仏像を残した。頭に龍を乗せた「龍頭(りゅうず)観音」や「善女龍王(ぜんにょりゅうおう)」は雨ごい、あるいは豪雨をやませるため。白蛇に老人の頭を付けた「宇賀神(うがじん)像」は豊穣(ほうじょう)を祈るため。天候不順による凶作や自然災害が、高い確率で人々の命を奪っていた時代、「人々の不安を和らげようと、地元の求めに応じて造ったのでしょう」。

 円空は「千手観音菩薩立像」(清峰寺蔵)などわずかな例外を除き、1つの木材から像を丸彫りした。表面には何も塗らず、割った木の断面や節(ふし)、のみ跡も荒く残されている。特に「三十三観音立像」では眉毛や目は一本線で刻まれるのみ、手も足も判然としない。「木にもともと仏が宿っているので、その質感をなるべく失わないよう配慮したことが、この簡素で抽象的な造形を生んだのでは」と浅見さんは見る。
 実は「三十三観音」といいながら、千光寺に現存するのは31体という。「昔、近くの民家では病人が出ると、寺から像を1体借りて枕元に置き、回復を願ったそうです。時には寺に返されなかったこともあったのでしょうね」

 それでも円空は、土地に根を張り、たくましく生きる人々の力になれたことを喜んだだろう。微笑をたたえた円空仏は、その素朴なたたずまいで今もなお愛されている。そして、千光寺の大下大圓(だいえん)住職は、いま東京に円空仏を結集させる意味をこう説く。

 「円空さんは今から約350年前に東北を歩き、人々と語り、そして祈った。円空仏は『祈りの造形』であり、原点には日本人の精神性が深く関わっている。円空さんの思いを今に呼び起こし、仏像をごらんになる方々とともに、東日本大震災の犠牲者の冥福と復興を祈りたい」(黒沢綾子)


 ■立ち木の仁王像も
 『近世畸人伝』の挿絵の中に、大木に梯子(はしご)を掛けて像を刻む円空の姿が描かれている。事実、円空は千光寺に滞在中に、境内に並んで根を張っていた2本のセンノキに阿吽(あうん)二体の金剛力士(仁王)立像を彫刻した。その後、文化5(1808)年に根が腐朽したため切断され、二体は通常、同寺の円空寺宝館に安置されている。

 比較的状態の良い吽形(うんぎょう)の仁王像が今回、展覧会場の中央でどっしりと睨(にら)みをきかせている。高さ2メートル26センチと見上げる高さで迫力十分だ。


【ガイド】「飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡」展は4月7日まで、東京国立博物館(東京都台東区上野公園13の9)。一般900円、大学生700円、高校生400円。月休(2月11日は開館し翌日休)。問い合わせは、ハローダイヤル(電)03・5777・8600。


【プロフィル】円空

 えんくう 1632(寛永9)年、美濃国(岐阜県)生まれ。後世の伝記に「稚(おさな)きより出家」とあるが、いきさつは不明。法隆寺(奈良)や園城寺(滋賀)、輪王寺(栃木)などで法を受ける一方、大峰山(おおみねさん)(奈良)や伊吹山(滋賀)、二荒山(ふたらさん)(栃木)など霊山で修行を重ね、立ち寄った集落で仏像を作った。その足跡は北海道から近畿までの諸国に残り、5000体以上の仏像が現存する。千光寺では、その山号にちなんだ歌集『袈裟山(けさざん)百首』も残した。元禄8(1695)年、岐阜県関市の弥勒(みろく)寺で没。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130120/art13012009580001-n1.htm

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

円空 東京国立博物館 特別展

円空仏

 円空の大規模な特別展が東京国立博物館で開催されている。これについては、すでに昨年9月に以下で一度、上記写真とともに取り上げた。

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-333.html

 東博のHPでは展示作品の紹介をふくめ、詳細な情報が公開されている。

http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3390

 以下では円空についての若干の備忘録をメモしておきたい。円空と木喰についてはかつて、こう書いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 円空と木喰ーこの二人は、官寺や大寺につかえる身ではなく、一介の私度僧であり、全国を行脚して、訪れる地で様々な仏さまを、当地の神聖なる木にエネルギッシュに刻み残した。本来、仏さまなどを持ち得ない貧しい地方、多少の財力はあっても僻地で仏師などに無縁な地方で、こうした仏さまは崇め奉られ大切に保存されて今日にいたる。
 いまもその生き生きとした表情は胸を打つ。当時において、これ以上の貴重品はなかったろうし、円空、木喰とも、もしかすれば彼の地の土を二度と踏むことないという可能性があった。だからこそ一期一会の緊張感がその仏さまに宿している。    
 二人ともに、行く道々でさまざまな出合いがあり全国の事情に通暁していたろう。その経験談、苦労譚、あるいは何気ない挿話は大いに魅力的であった。それは、生まれ落ちた地からの移動を知らぬ人々にとっては、遙かな「異国」の動向として聞き入ったかも知れない。そして、残された仏さまは、造像した仏師の強烈な印象とともに新たな逸話を生み出していく。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年09月09日「仏像は深い6 円空と木喰」 http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1846210.html

 円空はいまや日本の仏像彫刻でもっとも広くファンをもつ存在の一人であり、その偉業はほぼ定期的にさまざまに取り上げられている。NHKの特番でも2010年によい番組(「仏像革命~円空の祈り~」)があったことも記憶にあたらしい。

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-176.html

 小生の円空体験も学生時代にさかのぼるが、数年まえに以下の丸山尚一氏の本を読んで、その奥深さについてあらためて勉強した。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 円空、木喰は根強い人気があり、いまでも全国で展覧会が催され目にする機会は多いのですが、丸山尚一『生きている仏像たち 日本彫刻風土論』(読売新聞社 1970年)を読んで、なぜ日本各地に円空仏、木喰仏があるのかについて、各地の当時の「経済力」と強い関係があることを、丹念なフィールドワークの成果から知り納得しました。それはたとえば、北海道の鰊が江戸時代いかに大切な資源であったかを認識する機会でもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
2011/01/01 謹賀新年 http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-209.html

 その一方、いわゆる日本美術史(彫刻史)といった「エスタブリッシュメント」の見方からは、円空は位置づけに戸惑う難物であるようだ。鎌倉時代以降、日本彫刻は一方的な衰退過程ととらえる「泰斗」の見解からは、円空はあくまでも異端である。また、国宝の認定も仏像彫刻に関する限り、今日まで鎌倉時代でとまっている「固陋」の発想からは、どんなに素晴らしい円空仏も<無冠>のままである。

 そうした点のおかしさを認識させる円空の強烈な存在について、本格的な論陣をはった学者として本間正義先生がいる。本間正義『円空と木喰 日本の美術35』(1974年 小学館)はいまも小生の参考書だが、当時の肩書きは東京国立近代美術館次長であり、日本彫刻史はメインのご専門ではない。もちろん、はやくは久野健氏はじめ、日本彫刻史の専門家のあいだでも円空、木喰、目定などは今日鋭意研究されていることと思うが、いささかジャンルを異にする丸山尚一、本間正義といった方々の文章のほうに、円空の素晴らしさが息づくと思うのは小生だけであろうか。


 もう1冊、小生座右の本は棚橋一晃編、栗原哲男撮影『円空佛』(1972年 鹿島出版社)である。オムニバス形式でさまざまな文化人などが円空の魅力を語っているが、彫刻家本郷新氏の論考は、いつもながら核心をついていると思う。1961年1月『美術手帖』183号からの転載だが、その終結の1文を引用しよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 「円空の彫刻には峯があらわに出ている。草木の多い円い山ではなく、岩石のきりたった山岳の大きな尾根や小さい尾根が組み合っていて男っぽい。だから見ていて気持ちがすっきりする。良いものになると、山に向かって襟をただすと同じ思いが起こってくる。ここまでくると技と心は一つになる。偉い人である。(前掲書p.61) 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 最後に安価で比較的新しい冊子を参考としてかかげておきたい。東博見学向けにはハンディでよいと思う。

 (参考)
「週刊 日本の仏像」【第39号】 円空仏と飛騨 大師講の虚空蔵菩薩 (岐阜)
 講談社 2008/03/20 

◆内容紹介
-------------------------------------------
円空仏と岐阜・大師講の虚空蔵菩薩
飛騨・千光寺に伝わる円空晩年の傑作の数々
鉈一丁を持ち全国を行脚した円空上人の足跡をたどる
白山信仰ゆかりの虚空蔵菩薩と岐阜に伝わる名宝の数々

◆目次
------------------------------------------
両面宿儺像と人間との対比 人々を魅了する円空仏
原寸大ギャラリー
ふるさと岐阜・千光寺の円空仏
円空仏を読み解く
円空の足跡――遊行と造仏の生涯
至極の一枚
両面宿儺像と同時代の人物列伝(10) 徳川綱吉
その頃世界は……
虚空蔵菩薩坐像と人間との対比
虚空蔵菩薩と山岳信仰
原寸大ギャラリー
美濃・珠玉の仏像
石徹白大師講・那比新宮神社・美江寺・高賀神社・長瀧寺・願興寺・横蔵寺
岐阜の寺社めぐり
千光寺境内拝観コース/千光寺の歴史
みほとけのこころ
秩父三十四ヵ所巡礼
大人でも子供でもよくわかる仏像の見方

http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi?item_id=nihonb_039&ctg_id=nihonbutuz&page=2 【“円空 東京国立博物館 特別展”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

謹賀新年

0-0-7.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年が実りある佳き1年でありますように。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

2013年 元旦


【“謹賀新年”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad