大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

私的 仏像 100選  東大寺  大仏

東大寺大仏

東大寺大仏3

【東大寺 大仏】
http://www.youtube.com/watch?v=IeF06X5g5B4


【実践! 東大寺大仏の造り方】
http://www.youtube.com/watch?v=ewwuegU5-yM


◆以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-286.html

【“私的 仏像 100選  東大寺  大仏”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  東大寺  法華堂 日光月光菩薩

東大寺 法華堂 日光月光菩薩

【東大寺 法華堂 日光月光菩薩】
http://www.youtube.com/watch?v=9zASarkRDI8


◆以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-267.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  東大寺  執金剛神像

東大寺 法華堂 執金剛神

【東大寺 執金剛神】

(以下は引用)
執金剛神立像(国宝・塑像)の特別開扉は毎年12月16日
--------------------------------------------------------------------------------

執金剛神像とは金剛杵(こんごうしょ)を執って仏法を守護する神のことで、金剛力士(仁王)はこの神将が発展して生まれたといわれています。法華堂の執金剛神像はこの神将のうちでも古来もっとも著名なもので、すでに9世紀初頭に成立した『日本霊異記』に、「法華堂本尊不空羂索観音立像(ふくうけんさくかんのんりゅうぞう)の背後の厨子内に北面してまつられていた」と記されています。目を瞋(いか)らせ、口をかっと開いて、いまにも怒号とともに金剛杵を振り下ろそうとする一瞬の姿が見事にとらえられています。

この像の成立時期については諸説ありますが、東大寺の前身寺院である金鐘寺(きんしょうじ・或いは、金鍾寺こんしゅじ、とも)時代の良弁(ろうべん)によって発願(ほつがん)されたとすることはまちがいないとされます。また、髻(もとどり)の元結(もとゆい)紐の端が欠失しているのは、天慶2~3年(939~940)の平将門(たいらのまさかど)の乱のおり執金剛神像の前で将門誅討の祈請を行ったところ、大蜂となって東方に飛び去り、将門を刺して乱を平定したからだとされ、この像の霊異伝説のもととなっています。

宝前左右の両柱に懸けられている鉄製の燈籠(重要文化財)は、この説話にもとづいて造られたもので、火袋に蜂が、左では木の枝に止まる姿で、右では羽を広げて空中を飛ぶ姿で、それぞれ透かし彫りで表されています。製作年代は不明ですが、火袋上段に見られる唐草文の蔓の延びや形から、室町時代頃のものと推定されています。

厨子の両側には板絵が描かれていますが、この同じ執金剛神像にまつわる説話のうちから二つの場面を描いたもので、板絵裏面の墨書銘によると、寛永11年(1634)6月に辻七右衛門丞なる人物によって寄進されたものです。

(執金剛神立像特別開扉のパンフレットより)
http://www.todaiji.or.jp/index/haikan2001/1216/kongo.htm

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  東大寺  不空羂索観音

東大寺不空羂索観音立像 

【東大寺 不空羂索観音】
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-25.html

◆以下を参照
http://www.youtube.com/watch?v=kJxVL3iOsvA&feature=related

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  唐招提寺 鑑真和上像

000-1.jpg

【唐招提寺 鑑真和上像】

◆以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-204.html
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1850580.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  唐招提寺 千手観音ほか

唐招提寺千手観音

【唐招提寺 千手観音】

◆以下を参照
http://nara.jr-central.co.jp/campaign/adgallery/tosyodaiji/


(参考)古き仏たち

乾漆廬舎那仏坐像
- 像高304.5センチメートル。奈良時代末期、8世紀後半の作とされる。廬舎那仏は、大乗の戒律を説く経典である『梵網経』(5世紀頃中国で成立)の主尊である。像は千仏光背を負い、蓮華座上に坐す。麻布を漆で貼り固めて造形した脱活乾漆像である。唐招提寺は私寺であるが、本像は制作に手間の掛かる脱活乾漆像であることから、造東大寺司の工人による作と推定されている。光背の千仏は864体が残る。

木心乾漆薬師如来立像 - 像高336.5センチメートル。廬舎那仏像とは造像技法が異なり、木心に木屎漆(こくそうるし)を盛り上げて造形した木心乾漆像である。かつては奈良時代の作と考えられていたが、1972年の修理時に左の掌の内側に3枚の古銭が納入されているのが発見され、そのうち最も年代の下る隆平永宝が延暦15年(796年)以降の鋳造であることから、本像の制作もそれ以降、つまり平安京遷都後となる。光背はこの像のものとしては幅が広すぎ、他の像の光背を転用したものと推定されている。

木心乾漆千手観音立像 - 535.7センチメートル。奈良時代末期の作で、廬舎那仏像よりはやや時代が下がるとされている。千手観音像は40手(合掌手を含めて42手)で千手を代表させるものが多いが、本像は実際に1,000本の手を表した例で、大手42本の間に小手をびっしりと植え付ける。現状は大手42本、小手911本、計953本であるが、制作当初は計1,000本の手を有したものと思われる。

木造梵天・帝釈天立像 - 像高はそれぞれ186.2及び188.2センチメートル。奈良時代末期 - 平安時代初期。
木造四天王立像 - 像高は185.0 - 188.5センチメートル。奈良時代末期 - 平安時代初期。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E6%8B%9B%E6%8F%90%E5%AF%BA

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  薬師寺 吉祥天画像

薬師寺吉祥天

【薬師寺 吉祥天画像】

◆以下を参照
http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/2385/1/kenjin483548.pdf
http://nwudir.lib.nara-wu.ac.jp/dspace/bitstream/10935/1386/1/BA76442837pp55-70.pdf

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  薬師寺 聖観音

薬師寺聖観音3

【薬師寺 聖観音】
http://www.youtube.com/watch?v=G3PAi2xl3UY


◆以下を参照
http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/2042153.html


◆東洋のビーナス論です
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-date-201307.html


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  薬師寺 薬師三尊

薬師寺三尊N

【薬師寺 薬師三尊】
http://www.youtube.com/watch?v=yWlNu4ObAmc


◆以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-294.html


◆薬師寺 アンソロジー
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-225.html



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  法隆寺 四天王(金堂)

法隆寺金堂広目天像

◆法隆寺 金堂諸仏
http://www.youtube.com/watch?v=bnRkjBhJ0lg


◆以下を参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-83.html


テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  法隆寺 橘夫人厨子

法隆寺橘持仏

◆橘夫人念持 阿弥陀三尊
http://www.youtube.com/watch?v=4fgtBt5_Uow

◆上原和氏の以下を参照
http://www.seijo.ac.jp/pdf/falit/119/119-17.pdf



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  法隆寺 百済観音

百済観音N1

◆法隆寺 百済観音
http://www.youtube.com/watch?v=W5dIHl-j4vc&feature=related


◆飛鳥彫刻の作り手の視点から
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-187.html


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  法隆寺 夢違観音

夢違い1

◆法隆寺 夢違観音
http://www.youtube.com/watch?v=pQxIAEy10Yo&feature=related


◆最近、じっくりと拝観したのは・・・
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-198.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選  法隆寺 救世観音

救世観音butuzou4

◆法隆寺 救世観音
http://www.youtube.com/watch?v=leR4uH_j048&feature=related


◆以下も参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-91.html


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

私的 仏像 100選   法隆寺 釈迦三尊

法隆寺金堂釈迦三尊像

  「私的/仏像/100選」というのを以下、ぼちぼちと連載したいと思う。もちろん、日本の優れた仏像の質量はまぎれもなく世界1であり、その歴史的な巨大なる蓄積は100という小さな数字にはとらわれない(たとえば、京都三十三間堂の一定のレベルの仏さまだけで100はゆうに超える)。

 「私的」というのがミソでもあり、エクスキューズ(言い訳)でもあるが、自分の気に入っている仏さまをまったくの「独断と偏見」で100、選ぶにすぎない。十人十色、百人百様、千差万別であることはもちろんであり、ひとそれぞれの100選があると思うので、「大和織工」編ということにすぎない。

 また、このシリーズではいわゆる名品、逸品の羅列となるだろうが、日本の仏像の分布と集積からは国宝、重文など「メジャー・リーグ」以外の優品、佳作も数知れない。そのうち、別の規準での100選もまた考えてみたいと思う。

 さて、かかる前提ながら、トップ・バッターは法隆寺釈迦三尊に登場願おう。歴史的にも文化的にも誰もが認めるべき天下の逸品ここにあり、である。


◆法隆寺 釈迦三尊
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-97.html

http://www.youtube.com/watch?v=IXH9WzXc7pE&feature=related

◆法隆寺 金堂の諸仏
http://www.youtube.com/watch?v=bnRkjBhJ0lg&feature=fvwrel


◆法隆寺を歩く(概括的な案内です)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-185.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

謹賀新年

<唐招提寺 夜景

ことしの「ゆく年くる年」は唐招提寺の夜景からはじまりました。金堂の巨大な三尊の雄姿に久しぶりに映像でふれました。たくさんの善男善女が大晦日、新年のお参りにきています。思わず、(とても寒いだろうけれど・・・)いま奈良にいきたいなあと独り言です。
本年も稚拙な仏像探索を続けます。どうぞよろしくお願いします。

平成26年(2014)年 元旦
【“謹賀新年”の続きを読む】

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad