大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

この秋の話題 サントリー美術館「高野山の名宝」展

日本の美術 第40号 鎌倉彫刻 編:西川新次 昭和44年 至文堂
国宝 制多伽童子像(八大童子像のうち)  運慶作 鎌倉時代 12世紀  金剛峯寺

今秋、もっとも興味をそそられる展示会である。ほとんどは、お目にかかったものばかりだが、東京で見ることができるのは嬉しい。いまから大いに楽しみにしている。

【以下は引用】
http://banq.jp/17424
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_5/?fromid=topmv

2015年に空海が高野山を開いてから1200年の節目を迎えることを記念して、サントリー美術館で「高野山開創1200年記念 高野山の名宝」展が開催される。

唐で密教を学んだ弘法大師空海は、密教修行の根本道場とすべく、弘仁7年(816)勅許(ちょっきょ)を得て高野山を開きました。以来今日まで、高野山は日本仏教の聖地の一つとして、さらには空海を慕う人々の憧れの地として、時代と宗派を超えた信仰を集めてきました。それを証明するように、山上には「山の正倉院」とも例えられるほどの文化財の宝庫となり、なかでも核となる仏教芸術はわが国最大規模を誇ります。

開創にかかわる空海ゆかりの宝物から、豊麗な密教美術の原点ともいえる請来(しょうらい)の品、真言密教の教理に基づく仏像、仏画など、普段は山上にあって重厚な信仰の歴史を物語るこれらを一堂に展示します。特に、鎌倉時代、仏教彫刻界に新風を吹き込んだ仏師・運慶による国宝《八大童子像(はちだいどうじぞう)》を全躯そろって存分に鑑賞できる貴重な機会となります。

「高野山の名宝」展では、日本を代表する聖地の一つとして時代を超えて信仰を集めてきた高野山に集まった密教美術の数々が展示。その壮麗な作品たちの中には、国宝「諸尊仏龕(しょそんぶつがん)」や同じく国宝の「制多伽童子像(運慶作)」なども含まれる。

空海は、密教が深奥な教えのことから、文字ばかりではなく図像や仏像などを重視しており、多くの密教美術を伝えた。また時代が下がってからは、天皇や公家、武士ら高野山を信仰する権力者たちが華麗な宝物をおさめている。こうした点から、この場所は歴史を通じて幅広い文化財の宝庫となったのだ。

空海の生涯から多様な信仰の歴史まで

00000-18.jpg

同展覧会は、「第1章 大師の生涯と高野山」「第2章 高野山の密教諸尊」「第3章 多様な信仰と宝物」の3章に分かれており、空海の生涯から高野山に集まった多様な信仰までを幅広く紹介する。

【空海論】
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-261.html

0-28.jpg
重要文化財 大日如来坐像  平安時代 仁和3年(887) 金剛峯寺

他にも国宝「澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃」や、国宝「五大力菩薩像」なども登場。1200年の長い歴史を通じて育まれた力強い信仰の精神と特異な空間、そして密教美術の真髄をぜひ一度目にしておきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【おもな出品作品】

 ◆弘法大師坐像(こうぼうだいしざぞう)(萬日大師(まんにちだいし)) 一躯  室町~桃山時代 16~17世紀 金剛峯寺
 ◆国宝 聾瞽指帰(ろうこしいき) 空海筆 二巻  平安時代 8~9世紀 金剛峯寺
 ◆国宝 諸尊仏龕(しょそんぶつがん) 一基  唐時代 8世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 丹生明神像(にうみょうじんぞう)・狩場明神像(かりばみょうじんぞう) 二幅  鎌倉時代 13世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 即身成仏品(そくしんじょうぶつぼん) 一巻  平安時代 9世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう) 一躯  平安時代 仁和3年(887) 金剛峯寺
 ◆国宝 五大力菩薩像(ごだいりきぼさつぞう) 三幅  平安時代 10~11世紀 有志八幡講十八箇院
 ◆重要文化財 不動明王坐像(ふどうみょうおうざぞう) 一躯  平安時代 12世紀 金剛峯寺
 ◆国宝 八大童子像(はちだいどうじぞう) 運慶作 八躯  鎌倉時代 12世紀(一部、南北朝時代 14世紀) 金剛峯寺
 ◆重要文化財 孔雀明王坐像(くじゃくみょうおうざぞう) 快慶作  一躯  鎌倉時代 正治2年(1200) 金剛峯寺
 ◆釈迦誕生図(しゃかたんじょうず) 一幅  鎌倉時代 13世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 四天王立像(してんのうりゅうぞう) 快慶作   四躯  鎌倉時代 12~13世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 執金剛神立像(しつこんごうしんりゅうぞう) 快慶作   一躯  鎌倉時代 12~13世紀 金剛峯寺
 ◆国宝 澤千鳥螺鈿蒔絵小唐櫃(さわちどりらでんまきえこからびつ)   一合  平安時代 12世紀 金剛峯寺
 ◆重要文化財 花蝶蒔絵念珠箱(かちょうまきえねんじゅばこ) 一合  平安時代 12世紀 金剛峯寺

【展示作品について以下の画像も参照】
http://www.reihokan.or.jp/syuzohin/cyokoku.html

20111024.jpg

【快慶作2仏像 重文へ 高野山の金剛峯寺所有】
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-315.html
【“この秋の話題 サントリー美術館「高野山の名宝」展”の続きを読む】

FC2Ad