大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

テクノ法要

テクノ法要

お寺さんも少子高齢化、限界集落論などの動きのなかで、さまざまな取り組みを行っている。

【以下は引用】
プロジェクター投影&舞台照明で極楽浄土を表現!?
 「テクノ法要」実践の福井・照恩寺がクラウドファンディング


文化庁の『宗教年鑑』によると、仏教のお寺(宗教法人)の数は全国で約74000件。信者数は約4775万人とされていますが、その数は年々減少傾向にあり、一説によると2040年には30~40%のお寺が消える可能性があるとか。
そんな中、仏様の存在をより近しいものへとする斬新な取り組み、その名も「テクノ法要」が福井県福井市の浄土真宗本願寺派・照恩寺で実践されています。

照恩寺の朝倉行宣住職は、20代前半にはDJとして活動。YMOに影響を受けたと公言し、「細野(晴臣)さんの精神性の中に仏教を感じていた」といいます。また、Perfumeの「Dream Land」のパフォーマンスに特に感銘を受けたとして、その歌詞についても「阿弥陀様の気持ちを歌っているのではないかと感じるようなもの」と語り、妻の後押しもあり「テクノ法要」へと昇華したといいます。

『YouTube』では、2016年10月25日に勤めた「テクノ法要」がアップされており、その光に照らされる境内と仏様の様子、さらにはテクノ版のお経と木魚の音が一体となった映像を見ることができます。

照恩寺 テクノ法要 2016/10/25 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=8dmPCC5EYTQ

一見奇想天外ですが、その曼荼羅のような色彩豊かな世界観が展開され、サイバーな雰囲気の声明も違和感なく聞こえてくるように感じます。
なんでも、住職のお母さんも本番前日のリハーサルを観て「これはお浄土だわ」と納得し、お年寄りも「お浄土って奇麗やねぇ」という反応だったとか。
すでに照明などの機材に60万円費やしているという朝倉住職ですが、現在クラウドファンディングサイト『Readyfor』で2017年2月24日まで30万円の出資を募っています。資金はプロジェクター購入費、プロジェクションマッピング等ソフト、舞台照明機材などに充てるとのこと。

「阿弥陀仏は光の仏様」であり、「僧侶として大切なのは、仏の教えを伝えること。テクノ法要は単なる”客寄せパンダ”ではない」と力説する朝倉住職のクラウドファンディングが成功するのかどうか、音楽ファンの視点からも注目されます。

固定観念を崩せ!テクノ法要で仏教を身近にー照恩寺住職の挑戦(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/techno-hoyo

【対馬の盗難仏像判決】韓国専門家の相当数、日本返還求める 「国際的信用失墜させる」「略奪の確証なし」と断言

対馬市観音寺観世音菩薩(盗難品)

慰安婦像問題が片付かないさなか、とても不味いタイミングで以下の記事が配信されている。本ブログでも紹介してきたように、仏像についても文化交流で地道な関係者の努力がある一方で、そうした動きを台無しにするような、砂を噛むような事態が発生している。司法の権威が失墜すれば、その国の信頼は根底から揺らぐ。ことは小金銅仏の問題にとどまらないだろう。

【以下は引用】

【ソウル=名村隆寛】長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団が盗み出し、韓国に持ち込まれた「観世音菩薩坐像」を、元の所有権を主張する韓国中部・瑞山(ソサン)の浮石(プソク)寺に引き渡すよう命じた大田(テジョン)地裁の判決について、27日付の韓国紙は、日韓関係のさらなる悪化や、韓国の専門家の否定的な見方を伝えた。

 朝鮮日報は、韓国の専門家の相当数が「たとえ略奪された文化財であろうが、適法な手続きで返還せねばならない」と指摘していることに言及。「具体的な略奪、搬出の経緯が証明されずに(日本からの)盗品をを“略奪文化財”と認めたことで国際的な信用を失墜させるのはもちろん、今後日本などとの文化財交流に与える影響は小さくはない」とする西江大学教授の見方を紹介した。

 同紙によると、国際法の専門家は匿名で「略奪された確証がなく、韓国人が盗んできたことが明らかな文化財を『韓国のものだ』と主張するのは国益にならない」と述べたという。

 東亜日報は「韓国の文化財界では歓迎と憂慮が交錯している」とし、「判決により、韓日の文化財交流や日本国内の文化財の(韓国への)返還運動に多くの困難が出るだろう」とする複数の学者の見方を伝えた。

産経新聞記事

ギメ東洋美術館(パリ)蔵 勢至菩薩立像 里帰り

パリ ギメ東洋美術館 勢至菩薩
パリのギメ東洋美術館に渡った勢至菩薩

【以下は引用】
2017年1月24日12時02分

法隆寺からフランスに渡っていた仏さまが里帰りする。それも、寺宝調査の完成を祝うタイミングで。高田良信さんの念願が絶妙な形でかなうことになった。

     ◇

 1981(昭和56)年に始まった法隆寺昭和資財帳調査ですが、その編纂(へんさん)には時間的な限度があります。いつ打ち切るか、どこまでするか。絶対完全ということはありません。ひとつの区切りとして、94(平成6)年に完成を祝う「法隆寺昭和資財帳調査完成記念―国宝法隆寺展」を開催することになりました。

 千数百年来の仕事が完成したのだから思い切った出陳をしたいと、寺内に諮り、お許しを得ました。聖霊院のご本尊である聖徳太子坐像(ざぞう)も含め、ありとあらゆる寺宝を出させていただきました。

 念願だったのは、パリのギメ東洋美術館に渡った勢至菩薩(せいしぼさつ)像の里帰りを実現させ、本来安置されていた阿弥陀如来像と並んで展示したいということでした。それが実現したのは大変な喜びでした。2月28日のことです。また、同年末にはお身代わり像を金堂に安置することができました。

     ◇

《展示に先立ち、2月24日付の朝日新聞朝刊はこう伝えた。

 盗まれた法隆寺の菩薩像が120年ぶり里帰り

 奈良県斑鳩町・法隆寺の金堂から明治時代に盗まれてパリのギメ美術館で一九九一年三月、百十五年ぶりに見つかった阿弥陀如来座像の両側に立つ脇侍(きょうじ)の一体、「金銅・勢至菩薩立像(せいしぼさつりゅうぞう)」が里帰りし、二十三日、奈良市の奈良国立博物館で荷を解かれた。

 三月一日から同博物館で開かれる「法隆寺昭和資財帳調査完成記念―国宝法隆寺展」で、阿弥陀如来座像、観音菩薩立像(いずれも重文)とともに阿弥陀三尊像として展示される。三尊がそろって公開されるのは、勢至菩薩が姿を消したとみられる一八七六年以来。

 勢至菩薩は高さ約六十センチ。貞永元年(一二三二)、運慶の四男康勝(こうしょう)が造ったと、阿弥陀如来座像の光背の銘文などに記されている。》

http://www.asahi.com/articles/ASK1F55X5K1FPLZU002.html

仏像修理の技、企画展が開幕 京産大ギャラリー

京都産業大ギャラリー
朝日新聞デジタル映像から

【以下は引用】
仏像修理の技、企画展が開幕 京産大ギャラリー

2017年1月24日12時02分

 文化財の修復作業を紹介する企画展「仏像修理の現場」が23日、下京区中堂寺の京都産業大ギャラリーで始まった。3月11日まで。

 京産大では5年前から、学芸員課程の学生が学ぶ機会も兼ねて京都の歴史や文化財に関連した企画展を開いてきた。今回は、公益財団法人美術院の修理技術者が実際に使用する道具などを展示。木材に直線を引く「墨壺(すみつぼ)」や「槍鉋(やりがんな)」などの伝統的な道具から、木材の腐敗を防ぐため近年使われるようになった合成樹脂、紫外線に強いアクリル絵の具などを紹介。東寺(南区)の千手観音立像(国重要文化財)修復の際、もとの形を正確に再現するためにつくられた模型も並ぶ。

 この日訪れた公務員の池田剛さん(45)は「元々あったものに近づける技術は素晴らしいし、大切にしなければいけない」と話した。

 入場無料。日祝休館(2月5、19日は開館)。2月19日には京産大むすびわざ館ホールで、美術院・西洞院工房長の八坂寿史さん(61)による講演会がある。問い合わせは同館事務室(075・277・0254)へ。

http://www.asahi.com/articles/ASK1R3V9KK1RPLZB005.html

『韓国仏像史 三国時代から朝鮮王朝まで』 水野さや著

韓国仏像史

日本も多くの戦禍を経験している。しかし朝鮮半島のほうがはるかに厳しかったと思う。一方で、日本人が仏像を大切に継承してきた歴史は重いし世界に誇りうるものである。火事で池に仏様と「入水」したこともあろう、地中に埋めて秘かに守ったこともあろう、客仏というかたちで宗派をこえて避難したこともあろう。為政者がパトロンして古き仏様を修復したこともあろう、そしてなによりも、無名の僧侶や民衆が永きにわたって大切に手渡ししてきた歴史がある。

【以下は引用】
半島ならではの色合い

 西暦五三八年、百済の聖明王から仏像と経文が大和朝廷にもたらされ、日本に仏教が伝来した、と高校日本史で習う。次の世紀には日本でも本格的な仏像製作がはじまるが、法隆寺の釈迦三尊像や「百済観音」、中宮寺の菩薩半跏ぼさつはんか像、広隆寺の弥勒みろく菩薩半跏思惟像など、飛鳥時代を代表する作品には朝鮮半島の影響が強く残ると教えられる。だが、かの地の仏像について、私たちは多くを知らないままに済ませてきた。

 朝鮮半島では、三国時代、中国の前秦からまず高句麗に、続いて東晋から百済に仏教は伝わった。四世紀後半のことであり、半世紀ほど遅れて新羅にも仏教は伝わる。こうして、三国時代の朝鮮半島は仏教色に染まってゆく。仏像製作がそれに伴った。仏像製作は三国の間で刺激しあい、中国からの影響も受けながら、半島ならではの色合いを滲にじませてゆく。統一新羅時代から高麗時代にかけても王朝に手厚く保護された仏教信仰は民間に浸透し、仏像は時代ごとの表情をみせてゆく。崇儒すうじゅ廃仏を掲げた李氏朝鮮時代でさえも、面相が優雅で温和、姿勢が荘重で温雅な仏像が数多く製作されていた。

 朝鮮半島の今に残る仏像は、古くはもっぱら金銅仏と石造仏である。統一新羅時代から鉄造の仏像がこれに加わる。塑像は朝鮮時代になって普及した。日本には「百済観音」をはじめ木造仏が伝わったが、なぜか朝鮮半島に木造仏は残らなかったのだ。それでも、三国時代の金銅菩薩半跏思惟像は広隆寺に伝わる木造の弥勒菩薩像を思わせずにはおかないだろう。慶州の石窟庵ソックラムに坐ざす如来像(八世紀中頃)は、写真からでも、その静寂の内に秘めたのびやかな力量感が伝わってくる。

 本書は日本で最初の朝鮮半島の仏像通史である。著者は東アジア、なかでも朝鮮半島の仏像史研究に携わる美術史家。各時代に目を配り、韓国の研究者たちとの議論をふまえつつ、個々の作例にじつに丁寧な解説をほどこしてゆく。

 ◇みずの・さや=愛知県生まれ。金沢美術工芸大准教授、文学博士。著書に『図説 韓国の国宝』など。

 名古屋大学出版会 4800円

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20161031-OYT8T50008.html#csidxd9c67098fc5e77fa843d09727ffb3a5
Copyright © The Yomiuri Shimbun

香薬師像の右手

香薬師像の右手

➡ まず、本の紹介から。こんな面白そうな本がでているのを知らなかった。是非、手に取ってみたい。

【以下は書籍の「内容紹介」から引用】

奈良・新薬師寺の香薬師立像は、旧国宝に指定され、白鳳の最高傑作と言われていた美仏。あまりの美しさから「金無垢でできている」という噂がたち、明治時代に2度盗まれたが、手足を切られ、純金製でないことが分かると2度とも道端に捨てられているのが発見され、寺に戻った。そして昭和18年、3回目の盗難に遭う。
「国宝香薬師盗難事件」は、戦時中の新聞にも報じられ、仏像ファンたちに大きな衝撃を与えた。2度盗まれて戻ってきた像だったが、今回ばかりは発見されず、未だ行方が分からない。
この行方不明の香薬師を見つけ出そうと、元産経新聞の記者である著者が取材を開始。新薬師寺住職の全面的な協力を得た調査では、まるでミステリー小説を地で行くような展開に。その結果、衝撃の新事実が発覚。ついに、「本物の右手」の存在をつかむ……。

https://www.amazon.co.jp/%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B-%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%81%BB%E3%81%A8%E3%81%91%E3%81%AE%E8%A1%8C%E6%96%B9-%E8%B2%B4%E7%94%B0-%E6%AD%A3%E5%AD%90/dp/4062202891/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1484415108&sr=1-1&keywords=%E9%A6%99%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%83%8F%E3%81%AE%E5%8F%B3%E6%89%8B

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 次に、この労作をきっかけとして、見つかった右手が大きな話題になっていることについて。

【以下は記事引用】

◆70年前盗難の重文仏像の右手戻り公開 「本体発見につながれば」 新薬師寺、奈良博

2016.12.26 20:31更新

 奈良市の新薬師寺から約70年前に盗まれて所在不明となっている白鳳期(7~8世紀)の「銅造薬師如来立像」(重要文化財、香薬師(こうやくし)像)の右手部分が見つかり、奈良国立博物館(奈良市)に寄託された。27日から一般公開され、関係者らは「本体発見につながれば」と、消えた傑作が戻ることを願っている。

 香薬師像は高さ約75センチで白鳳仏の代表的存在。明治時代に2度盗まれて寺に戻ったが、昭和18年に再び盗まれた。右手は最初の盗難後に切断され、3度目の盗難時に本体と一緒に盗まれたとみられていた。

 しかし、ノンフィクション作家、貴田(きだ)正子さん(47)が調べた結果、右手は別に保管され、神奈川県鎌倉市の寺に寄贈されていたことが判明。東京文化財研究所の調査で「白鳳期の金銅仏として矛盾する要素はない」と判断された。

 文化庁によると、平成27年度末現在で、国宝・重要文化財の美術工芸品のうち香薬師像を含む172件が「所在不明」。新薬師寺の中田定観住職は「これを機に情報が寄せられれば」と話している。

http://www.sankei.com/west/news/161226/wst1612260078-n1.html

◆行方不明の旧国宝、香薬師像の右手を72年ぶりに発見!

2016.10.12 19:39更新
㈱講談社
国宝盗難の謎に迫る衝撃のノンフィクション!「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」は講談社から発売!

白鳳時代の仏像の最高傑作といわれる奈良・新薬師寺の香薬師像。昭和18年に3度目の盗難に遭い、行方不明になっていたが、このほどその一部である「右手」が昨年発見され、新薬師寺に返還された。

仏像の右手にたどり着いたのは、元新聞記者で、20年以上香薬師像の取材を続けている貴田正子氏。新薬師寺住職の全面的な協力を得て地道な調査取材をするうち、昭和18年の盗難時に本体と右手がバラバラになり、実は右手だけが盗まれていなかったこと、その右手も行方不明になっていることが判明する。本体とは別に右手探しを本格始動すると、彫刻家や美術史家らの証言が得られ、ついに右手の所在を突き止める。そして無事、新薬師寺への返還が行われた。行方不明であることさえ知られていなかった文化財を探し当て、元の寺に戻すという「前例のない文化財発見のニュース」だ。

東京芸術大学名誉教授で、日本彫刻史研究の権威である水野敬三郎氏も、この右手を「本物」と認め、「この手の出現は美術史的にも大きな意義を持っています」とコメントしている。

また、7月末に行われた東京文化財研究所の科学調査により、「白鳳時代の金銅仏であることを否定するものは何も出なかった」という結果が得られた。

今回発見されたのは、紛れもなく本物の香薬師像の右手。その美しい造形と発見までの物語に、仏像ファンならずとも魅了されること、間違いない。

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/1143/resize/d1719-1143-671295-0.jpg ]

今回の歴史的発見に至る経緯をまとめたノンフィクション「香薬師像の右手~失われたみほとけの行方~」が講談社より刊行される。書籍には、発見までの経緯の詳細のみならず、調査取材中に見つかった衝撃的な写真や、著者が丹念に調べ上げた当時の新聞記事、資料などが多数掲載されている。

http://www.sankei.com/economy/news/161012/prl1610120316-n1.html

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

➡ 過去に書いた以下の記事も参照。たまたまだが、これも産経新聞にて掲載されたもの

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1879505.html

香薬師如来像

松蔭寺銅製如来坐像 飛鳥後期の作品か

松蔭寺銅製如来坐像
銅造如来坐像(横浜市教育委員会提供)

京都で飛鳥仏発見かのビック・ニュース(下記参照)、一方横浜からも同様な配信あり。日本のモノを大切にする伝統、誇れると思う。

◆京都妙傳寺・半跏思惟像 飛鳥仏の可能性
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-491.html

【以下は引用】
松蔭寺の仏像 市文化財に 市内最古の彫刻

東寺尾の松蔭寺(川上敬之住職)が所有する銅造如来坐像(伝阿弥陀如来像)が、このほど横浜市の文化財に指定された。

 横浜市は、1987年に横浜市文化財保護条例を制定し、重要な価値を持つ市内の文化財や史跡などを指定・登録している。

 銅造如来坐像は、高さ25・3cmの飛鳥時代後期の金銅仏。仏像彫刻としては市内最古で、関東地方でも希少な作例。もともとは松蔭寺が管理していた神奈川区の八幡宮に祀られていたが、明治期の神仏分離で同寺へ移された。「当時は天皇の権威を高めるため、壊された仏像もあったが、苦難を乗り越えた」と同寺の川上敬吾閑栖は話す。

 現在は東京国立博物館へ寄託され、寺内で見ることはできない。川上住職は、「地元で知る人は少ない。実は鶴見にあったと知ってもらえたら」と話している。

http://www.townnews.co.jp/0116/2017/01/12/365306.html 

興福寺 梵天・帝釈天 根津美術館で再会!

興福寺 梵天・帝釈天
112年ぶりに並べて展示された興福寺の梵天立像(右)と帝釈天立像(6日、東京都港区の根津美術館)

【以下は引用】

興福寺の仏像2体、112年ぶり「再会」 梵天と帝釈天
東京・根津美術館で並んで展示
2017/1/6 18:25

東京・根津美術館で7日に始まる「再会―興福寺の梵天(ぼんてん)・帝釈天」展で、高さ180センチ超の2体の仏像が112年ぶりに並んで展示される。

 興福寺が所蔵する梵天立像(重要文化財)と同館所蔵の帝釈天立像は明治期まで興福寺東金堂に安置されていた一組の像。1905年、廃仏毀釈で疲弊した寺を支援した実業家の益田鈍翁に帝釈天像が返礼として譲られ、その後、同館に渡った。

 運慶の父の門下の仏師、定慶による貴重な仏像の“再会”に「2体を対照できるまれな機会」と興福寺国宝館の金子啓明館長は話す。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFG06H6B_W7A100C1000000/

京都妙傳寺・半跏思惟像 飛鳥仏の可能性

半跏思惟像 京都小寺院

新春にふさわしいニュース。下記の記事を読むかぎり、かなりの確度で「本物」ではないかと思われる。その理由は、このくらいの大きさの仏像の場合、ポータビリティが高いので、さまざまな数奇な出来事はあったにせよ、今日まで奇跡的に引き継がれてきたとしても、それは十分にありうる話であること(以下の2記事を参照。特に向原寺は最近の事例)。是非、ご尊顔を拝してみたい。

◆日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-477.html

◆向原寺観音菩薩立像
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-200.html

【以下は引用】

小さな寺の仏像 実は朝鮮半島伝来の貴重な仏像か
1月7日 16時42分

京都市の小さな寺にある、江戸時代のものと思われていた仏像が、実は、仏教が日本に伝来して間もない頃に朝鮮半島で作られた極めて貴重な仏像の可能性が高いことが、大阪大学などによる最新の調査でわかりました。専門家は「こうした貴重な文化財は、ほかにも埋もれている可能性がある」と指摘しています。

京都市左京区八瀬近衛町にある「妙傳寺」では、「半跏思惟像」という高さおよそ50センチの青銅製の仏像が本尊として安置されていて、これまでは、寺が建てられたのと同じ江戸時代のものと思われていました。

この仏像について、大阪大学や東京国立博物館の研究者が改めて鑑定したところ、額に刻まれた模様や装飾品の龍のデザインなどが6世紀から7世紀ごろに朝鮮半島で作られた仏像や出土品の特徴と一致していました。さらに、仏像にX線を当てて金属の成分を詳しく調べた結果、銅がおよそ90%、スズがおよそ10%で鉛はほとんど含まれていませんでした。こうした割合は日本や中国の仏像にはなく、7世紀ごろに朝鮮半島で作られた仏像である可能性が極めて高いことがわかったということです。

この時代は、日本に仏教が伝わってまもない時期に当たりますが、この仏像がどういう経緯でこの寺に伝わったかはわかっていません。
調査に当たった大阪大学の藤岡穣教授は、「韓国では国宝級となる最高レベルの仏像で、こうした仏像が見つかったことは大きな意味がある。ほかにも、埋もれている貴重な文化財がまだまだ見つかる可能性があり、価値に気付かれないまま盗難などの被害に遭う前に、調査が進んでほしい」と話しています。

決め手の一つとなった調査方法

今回、仏像の由来が明らかになった決め手の一つは、仏像に使われている金属の成分の分析でした。

寺などに安置されている仏像を分析するには、傷つけずに、しかもその場で調べる必要があります。このため、今回の調査に当たった大阪大学の藤岡穣教授が使ったのは、X線を金属に当て、含まれる成分によって跳ね返ってくるX線の波長が異なることを利用した、「蛍光X線分析」と呼ばれる手法でした。
かつては機器が大きくて持ち運びできませんでしたが、技術の進歩によってドライヤーほどの大きさまで小型化し、研究者が現場に持ち運んで測定できるようになりました。

藤岡教授らは、この機器を使って日本国内だけでなく中国や韓国などの古い仏像およそ400体の分析を積み重ねていて、そのデータの蓄積が今回の成果に結びついたということです。

3Dスキャナー使い盗難対策

地域に根ざした小さな寺にあった仏像が、極めて貴重なものとわかったことで、新たな心配も浮上しました。盗難のおそれです。
このため、妙傳寺の荒木正宏住職は、地元の人たちの理解を得たうえで、専門の業者に依頼し、仏像の複製品を作ることにしました。大阪の業者が「3Dスキャナー」と呼ばれる装置で仏像の細かなデザインの立体的なデータをとり、富山県高岡市の仏像作りの職人がこのデータを基に鋳型を作りました。さらに別の職人が仕上げの細工や色つけを施し、最新の技術と伝統の技法によって、1000年を超える歴史とともに刻まれた風合いまで再現した本物そっくりの仏像が完成しました。

本物の仏像は博物館で保管し、寺には新しく完成した仏像が安置されることになっていて、今月、寺で地元の人たちにお披露目されました。集まった女性の1人は「本物そっくりでびっくりしています。本物が移されるのは少し寂しいですが、しかたないと思います。博物館にちゃんとすてきなご本尊様がいらっしゃると思って手を合わせたいです」と話していました。
荒木住職は「博物館でできるだけ多くの方に見ていただきたい。将来、寺で安全に保管できる設備が整ったときに、ご本尊様に帰ってきてほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170107/k10010831921000.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/10/2017011000989.html

「定朝」論  高田博厚

平等院阿弥陀如来2

高田博厚『思索の遠近』(読売新聞社1975年)を読んで大いに啓発された。日本の仏像彫刻家の文章は結構、見ているのだが、この人はフランス文学や音楽に造詣の深い近代彫刻家(あるいは文明評論家)とばかり思っていて、日本彫刻についての論考は手に取ったことがなかった。本書中、「定朝」「円空上人」「彫刻家高村光太郎と時代」などがあるが、ここでは「定朝」を中心に取り上げる。

◆「定朝」(淡交社『歴史の京都』第4巻 芸術家と芸能家 1971年1月)
定朝、その人を論じるのではなく、歴史・思想・権力と彫刻家との関係性に着目している。少し長い引用になるがコアとなる主張の部分を見よう。

「時代による感覚や型の推移は、現代と異なり、昔の遡るほど緩慢大らかに行われ、そこに人力を超える『時』の力と、徳を素直に示している。これを理解するならば、作品鑑定の場合、大陸の作だとか、日本人の作だとか論議するのはむしろ愚かに近い。中宮寺や広隆寺の弥勒菩薩が朝鮮製であろうと日本産であろうと問題ではない。影響と継承は堂々として行われー天平までの芸術がこれを雄弁に示しているーそこに世界の全民族に共通する『美』を生むとともに、その土地や時代の性格を自然に現すのであり、それが真の『伝統』であろう。だから藤原期に明らかになった『日本的』なものは、それに先行した大和の数世紀間に徐々に支度されていたものであるーたとえば唐招提寺は支那から直接導入されていたものであるが、そこの鑑真像は、どこの国、どの民族のものとも言えない普遍美を持っており、世界中の肖像彫刻中の最高傑作であろう。この『普遍美』は同寺金堂の列柱やそのふくらみがギリシア神殿のそれに似ているから、普遍的だとする以上のものを持っている。その興味ある例証は、同寺講堂にある如来型胴体であろう。頭部や両腕を落して、教義的型を無くしただけに、エジプトやギリシア、またロマネスクゴティックの直立像に共通する、時空を超えた普遍美そのものを示しているー。」(p.43)

高田の仏像彫刻についての考え方は、他の部分でも同様な見解を示し、様式史などには見向きもせず、その仏像が美の本質にどこまで迫っているかに価値をおいている。一方、時代の思想がその仏像に投下されていることを指摘し、これは仏師にとっての創作の意思に影響する。しかし、優れた仏像は時代精神を反映しつつも、仏師が結果として普遍美を追求しているかどうかにかかっている。

彼の審美眼からは、江戸時代にも良き作品があるとし、特に円空を高く評価する一方、明治時代の木彫の作品は、伝統とその継承から厳しく批判し、高村光太郎の作品のみが価値あるものとされる。その場合、作品の優劣を分けるのは「品位」を宿しているか否かであるとし、創作に悩みぬく気高き知性がそこに投影されていることが条件である。自身が彫刻家であるがゆえに書ける文章であるとともに、高田が当時にあって最高の知性を希求していた証でもあろう。

恭賀新年

00.jpg
本年もどうぞよろしくお願いします。
2017年 元旦

FC2Ad