大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

帰化人の問題3ー四天王寺

四天王寺聖霊会

 大阪に転勤になって四天王寺にはなんども足をはこんだ。かつて、このブログにも印象を書いたが、一種異様な妖気を感じたこともある。聖霊会にも行った。雨がふっていて舞台上ではなかったが、遠目にみた舞楽は、「日本的」というより、大陸、朝鮮半島につうじる「汎アジア的」なものだなと感じた。

 京都、奈良の観光コースからは、大阪は古代の面影をうしなった都市であり、四天王寺は市内に埋没してしまった現代の一寺院とみえる。ところが、こここそ、紛れもなく、わが国古代仏教文化の発祥地なのである。 四天王寺のHPを見てみよう。

http://www.shitennoji.or.jp/rekishi/souken2.htm

【歴史】
 四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。 今から1400年以上も前のことです。 『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、 自ら四天王像を彫り 「もし、この戦いに勝たせていただけるなら、四天王を安置する寺院を建立しましょう」 と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。(中略)
 その伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」 といわれ、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式で、日本では最も古い建築様式の一つです。 その源流は中国や朝鮮半島に見られ、6~7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な存在とされています。 

 大阪市美術館「聖徳太子展」では、その展示をみながら、四天王寺の四天王4体が「一直線」に配置されていた可能性について考えていた。では、その四天王はどの方向を向いていたのか?それは、大陸の外敵に、ないし郷愁の故国に向かっていたのではないか?次に、聖霊会についてのHPの記述も示唆に富んでいる。

【聖霊陵】
 6世紀の末、推古天皇の御代に皇太子として摂政の地位に就かれた聖徳太子は、篤く仏教に帰依され、その興隆弘通を図られました。太子は当時、仏教と共に我国に伝来した舞である伎楽(ぎがく)も仏教儀式に不可欠の荘厳として、楽人(がくにん)を召してこれを伝習せしめました。後にこの伎楽は、現在の舞楽に吸収されることになります。さてこの時、伎楽を伝習すべく召された楽人たちは、聖徳太子の重臣秦河勝(はたのかわかつ)の息子や孫であったとされ、この河勝末裔たちが四天王寺において活躍する天王寺楽人になったといわれています。

 聖徳太子は、飛鳥の都をつくった帰化人系、蘇我一族と関係の深いリーダー、その太子は、これも帰化人系の一方の雄、(そして結果的に京都の西部を開発した)秦一族とも密接なつきあいがあった。
 もともと四天王寺はいまの森の宮近辺にあったが、これが上町台地に位置する現伽藍に移った。そこは当時にあって帰化人の住む一種の大きな「居留地」であったのだろう。
 はじめは「倭人」が住んでいたところに「帰化人」が入植したのではとの先入主をもっていたが、もしかすると、難波宮というもっとも古い都は、帰化人がつくり、そこに住んだ新都市だったと考えたほうが正確かも知れない。そして、その中心に置かれたのが総合寺院、四天王寺だったのではないか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/129-f2442b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad