大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像彫刻試論1 天上の序列

1-1.jpg

 <天上の序列について>
 仏像彫刻の鑑賞にあたって、多くの入門書では必ずといってよいほど、「天上の序列」について解説がなされる。即ち、仏像は①如来、②菩薩、③明王、④天などのグループに分かられ、その順にそって特色が語られる。しかし、そうした「分類学」にあまり鑑賞上の意味があるとは思われない。

 円成寺大日如来(鎌倉時代、運慶作、桧材、寄木造、漆箔、像高98.2㎝/こうした情報には大いに価値がある!)、広隆寺弥勒菩薩、興福寺阿修羅像など孤高の仏像にそもそも序列など似合わないし、むしろ不要だろう。

 たとえば、久野健『仏像鑑賞の基本』里文出版(1995年改訂増補版)では、上記4類型に加えて⑤に羅漢部を掲げているが、「明王」部(不動明王、五大明王、愛染明王および孔雀明王)および「羅漢」部と如来、菩薩、天部との作品紹介の質量のバランスは崩れ、「明王」、「羅漢」をあえて特掲する意味は乏しいと思われる。

 ちなみに、「天」部のヴァリエーションは実に豊かであり、そのコントラストが強い。
「天」部ー四天王、毘沙門天、十二神将、仁王、八部衆、梵天・帝釈天、執金剛神、吉祥天、弁財天

 久野健『仏像』学生社(1961年)は座右の名著だが、一切、そうした分類学はない。私は仏像本で、「天上の序列」がわからないとキチンとした鑑賞ができないとする本は眉唾もので、どうも紙幅稼ぎの著者の怠慢に起因すると思うのだが如何だろうか。

(参考http://www.isr.or.jp/TokeiKen/pdf/gakusai/1_14.pdf

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/140-b8bbe326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad