大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

聖徳太子について(11)

1-14

 以下で3冊の「聖徳太子はいなかった」本を取り上げたが、少し雑感を書いておきたい。日本書紀など現存する資料を疑ってみる方法論はわかる。しかし、度が過ぎると書かれていないことを良いことに、いまとなっては新たな資料が見つかる可能性がないと踏んで、歴史の「闇」の部分に勝手な解釈を入れ込む輩がでている。
 小説家であれば、それは必要な作業で読者も大いに楽しめるが、学者や研究者の場合はそうはいかない。考証すべき資料を批判しながら、実はその資料にべったりと「寄生」しながら生きているような場合、非常な不快感を感じる。自分は安全地帯に逃げ込みながら、大声をあげ、空砲を打って戦争をしているふりをしている卑怯な似非戦士が目に浮かぶ。
 聖徳太子論の場合も、市井の多くの人は、太子に関して、日本書紀の記述がすべて正しいと思っているわけではないだろう。太子没後、日本書紀編纂まで約100年もたっているので、そこには誤認、潤色、捏造がある可能性はあるだろう。他方で、当時の殷々たる語り部文化を想定すれば100年は短くもある。一定の「事実関係」を全く無視することはできないとも思うし、中国サイドの史書との整合性がとれている記述、わが国の風土記などから類推できる事項もあるはずである。
 そこまで厳密に考えなくとも、あるがままに太子像を思い抱き、その関係において仏像に接することはなんら問題はないと思う。同様な意味で、基礎知識がない仏像鑑賞は駄目だと説く高名な美術史家の見解にも不快感を感じる。そんな連中が仏像を守ってきてくれたわけではないと言いたい。
 太子論について、このシリーズで取り上げてきた先人の知恵を再度、よく吟味してみたいと思っている。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/146-c4599591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad