大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

シルクロード ギャラリー

0007
【展示解説】
 現在のパキスタン北西部に位置するガンダーラは、釈迦をはじめて人の姿で表した「仏像」を創りだした仏教史上もっとも重要な土地の一つです。
 日本画家平山郁夫・美知子夫妻から、当館に寄贈されたシルクロード・コレクションの中でも、ガンダーラのコレクションは、質・量ともに世界屈指の蒐集として知られています。このたびの展覧会では、仏陀像・菩薩像をはじめ、釈迦の生涯を表した仏伝図の浮彫、ガンダーラとその周辺地域を治めた王侯たちが発行したコイン、当時ガンダーラに生きた人びとの生活や文化の一端をうかがわせる宝飾品など、約130点を展示します。これとともに、平山郁夫自身が描いた、ガンダーラの仏たちの素描を併せて展示し、平山郁夫の創作に大きなインスピレーションを与えつづけたガンダーラの世界を展観します。
http://abc0120.jp/hdwikija/doc-view-4813.html

0002
http://bruggeostend.jugem.jp/?eid=39#sequel

0003
【以下は引用】
 録画ですが、NHKの新シルクロード「敦煌」(6/19放映)を観ました。
 敦煌莫高窟中心の構成でした。莫高窟とは、西暦420年頃から13世紀元の時代まで延々と築き上げられてきた石窟群で、無数の仏像、壁画の宝庫です。西域から伝来したプロト仏教の様子や、その後唐代をピークに洗練されていく過程などが分かって、とても興味深い内容でした。
 写真は第275窟の菩薩交脚像のキャプチャーで、五胡十六国・北涼(5世紀)時代の仏像です。足をX字に交差させているところがミソ。薄着の菩薩はなまめかしく、顔つきも西域風でエキゾチックです。

 25年前に放映した「シルクロード」も別の時間帯でアーカイブとして放送しており、両者を比べるとまた面白い。かつての番組はどちらかというと仏像、壁画、周囲の砂漠そのものを題材にしていたのに対し、「新シルクロード」では仏像、壁画の制作に携わった人々に肉薄します。この25年間で北区といわれる、居住区の様子が解明されたことによると思いますが、住み込みで壁画を描いた絵師たちの姿がイメージできました。けして富裕層ではなく、子供を借金のかたに取られた絵師が仏への信仰のみで来る日も来る日も果てしなく、菩薩を描いていく。
 シルクロードの入り口であり、出口でもある敦煌で、砂漠の中の石窟にひっそりと息づく1500年以上も前の人々の信仰に思いをはせ、「南無阿弥陀仏」とつぶやいてみました。
http://blog.goo.ne.jp/kamakura_champroo/e/7136b86b53dc2064c2cf7d35a8a99d7d

0001
中国の敦煌莫高窟に収めてあるアルカイックスマイルと、ふくよかな体のラインが特徴的な脇侍菩薩の塑像

【以下は引用】
大塚清吾さん、シルクロード写真展 敦煌の仏像など(2010年01月13日更新)

 佐賀市のフォトジャーナリスト大塚清吾さんがNHK特集「シルクロード」などの取材で撮影した写真展が、13日から佐賀市白山のエスプラッツで開かれる。交易路の分岐点として栄えた中国の敦煌(とんこう)莫高窟(ばっこうくつ)にある仏像など約200点を展示。日本に多大な影響を及ぼした中国の仏教芸術を紹介する。
 大塚さんは1979年から始まった「シルクロード」の取材で、作家の故井上靖さんとともに河西回廊や西域南道を巡った。莫高窟には1カ月間も滞在し、大塚さんが最も印象深い場所として挙げる地域でもある。
 会場では、紅を差した口元に浮かぶアルカイックスマイルやふくよかな体が特徴的な莫高窟の脇侍菩薩(ぼさつ)塑像、まるでハチの巣のようにうがたれた窟の群れが残る北区域側の莫高窟を撮影した写真が目を引く。
 インドやペルシャの影響が強く見られる鮮やかな青を施したキジル千仏洞の天井壁画天像図や、麦積山の如来坐像など日本の飛鳥仏の源流を思わせるものもある。
http://www.saga-s.co.jp/life/topic/entertainment.0.1524637.article.html

0004
【以下は引用】
 ・・・順次、公開されていく約9000点にものぼるシルクロードコレクションは圧巻。その中でも素晴らしいのは仏教美術で、特に仏像は、日本の仏像のふっくらとした印象とは異なり、ギリシャ彫刻のような精悍(せいかん)なお顔なのが印象的。まさにシルクロードが東西文化の行き交う場所であったことが実感できるはずだ。
http://www.ryukoku.ac.jp/about/pr/publications/60/16_museum/museum.htm
(おまけ)大画像で迫力あり!
0006
http://k.hatena.ne.jp/keywordblog/%E8%8E%AB%E9%AB%98%E7%AA%9F

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/169-4b78beb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad