大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

飛鳥彫刻の作り手

百済観音images

 飛鳥彫刻の作り手はおおむね4つくらいに分類できるのではないかと思っている。第1の系譜は、止利系である。第2は、山口大口費系である。第3は、秦氏系である。第4は、その他のグループである。

 まず、第1の止利系であるが、鞍作止利(くらつくりのとり、生没年不詳)を棟梁とする一族で、飛鳥時代に活躍した渡来系の仏師。名は鳥とも記される。司馬達等の孫で、鞍部多須奈の子。子に福利・人足・真枝がいたとされる。法隆寺釈迦三尊像をはじめ、法隆寺救世観音像ほかこのグループの作品はいくつも現存している。「鞍作」に表象されるとおり、武具制作にたずさわり、その後、仏教に帰依してから、その技法を駆使して仏像の造像にもあたったのであろう。蘇我氏一門に属し、聖徳太子とも近しい集団である。

http://www.bunkaken.net/index.files/kihon/bushi/tori1.html

 第2は、山口大口費(やまぐちのおおぐちあたい)のグループである。またの名は、漢山口直大口(あやのやまぐちのあたいおおぐち)ともいわれ、650年(白雉元年)10月、日本書紀によれば千仏像を制作したと記載される。法隆寺金堂の四天王像(広目天像)をつくった。また、この四天王像と法隆寺百済観音には多くの共通点があり、自分は百済観音像は、このグループの作ではないかと秘かに考えている(しかし、それは今日のテーマではない。下に添付した画像を参照)。そのほか、東京国立博物館法隆寺館のN193も、同様にこのグループの作かと思う。
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-24.html

 第3は、秦一族に近いグループである。言わずもがなだが、広隆寺弥勒菩薩がこの一族の持念仏である。作像が日本かどうかという問題はひとまずおくとして、広隆寺には「宝冠弥勒」「宝髻(ほうけい)弥勒」と通称する2体の弥勒菩薩半跏像があり、ともに国宝に指定されている。宝冠弥勒像は日本の古代の仏像としては他に例のないアカマツ材で、作風には朝鮮半島の新羅風が強いものである。一方の宝髻弥勒像は飛鳥時代の木彫像で一般に使われるクスノキ材である。
 日本書記によれば、推古天皇11年(603年)、秦河勝が聖徳太子から仏像を賜ったことが記されている。『広隆寺来由記』(明応8年・1499年成立)には推古天皇24年(616年)、坐高二尺の金銅救世観音像が新羅からもたらされ、当寺に納められたという記録がある。また、日本書記には、推古天皇31年(623年、岩崎本では推古天皇30年とする)、新羅と任那の使いが来日し、将来した仏像を葛野秦寺(かどののはたでら)に安置したという記事があり、これらの仏像が上記2体の木造弥勒菩薩半跏像のいずれかに該当するとする説があるようだ。いずれにしても、このグループに近い作例は金銅仏で弥勒菩薩半跏像として残っている。

 第4は、その他の系譜であり、実は特定できる仏師や仏所がいるわけではない。帰化人(渡来人)的な分類では、第1グループは、鞍部村主司馬達等(止)(大唐漢人、継体朝・敏達朝)、鞍部多須奈(用明朝)、鞍作止利仏師(推古朝)、第2グループは<東漢>系、第3グループは<秦>系で新羅と親しい関係。
 そう考えてくると、帰化人の一大勢力<文>系ほか独自のグループはほかにもあったのではないかとの類推に行きつく。それは、実際の観察でも、たとえば法隆寺館48体仏を丹念にみていけば、まだまだ上記3つには属さないけれど個性的な仏像があり、実に多様性があるなと得心することだろう。


法隆寺金堂四天王
百済観音N1
百済観音N2
法隆寺金堂広目天像
法隆寺金堂多聞天像

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/187-3314d02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad