大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

飛鳥彫刻の独自性

 飛鳥時代の彫刻について、これが中国の影響が強いことをもって、日本独自の表現ではないという考え方がありますね?

 第二次大戦前からの大陸の彫刻との比較研究で、たとえば法隆寺金堂釈迦三尊像が、雲崗の石窟彫刻(第六洞南壁仏像)や龍門石窟(賓陽中洞本尊)に似ていることから、いわゆる北魏形式の模倣という観点が強調されたのは事実です。戦前の文献には「奴隷的模倣」([濱田1940])という言葉さえあります。
 でも、そこはふまえたうえで、この釈迦三尊像を高く評価する方ももちろん沢山います。上野直昭氏もその一人です。[上野1959]pp.52-55では、止利仏師が「生命の亡びんとする渡来形式を換骨脱胎して此作をなせるは、誠に讃歎するに足りると思ふ」と言っておられます。

 釈迦三尊像については、記述そのものを控えるという人もいますね。佐和隆研氏は意図的にその方法論をとっていますね。[佐和1963ー1][佐和1963ー2]がその代表でしょう。


asuka-50.jpg
雲崗第六窟南壁の仏像  http://www.bell.jp/pancho/travel/china-1/asuka%20bijyutu.htm
asuka-70.jpg
龍門賓陽中洞本尊  http://www.bell.jp/pancho/travel/china-1/asuka%20bijyutu.htm

 釈迦三尊像の独自性を評価するうえでは、北魏仏をどう見るかということもありますね。その圧倒的な大きさ、見上げる迫力にひれ伏してしまうと、極東の孤島の相対的に小さな金銅仏はいささか貧相に見えたかも知れません。心理的に、戦前、戦後も解放前の中国に、実に苦労して行った研究者がそう思っても不思議はないように思います。

 さあどうでしょうか?仏像はもちろん、その大きさで評価がきまるものではないですよね。<プロ>の研究者の目はそうした点では別ではないでしょうか。むしろ、仏教受容の仕方のちがいではないでしょうか。
 たとえば、速水侑氏は「要するに北魏仏教信仰の本質は、かつて塚本善隆が指摘したように『時の君主権に奉仕し、かつ祖先崇拝に密着する』ものであり、これが以降の中国仏教の特色となったのである」([速水1986]p.12])と言っています。中国の造像では祖霊追善もその主目的であったのでしょうね。


asuka-10.jpg
法隆寺金堂の釈迦三尊像  http://www.bell.jp/pancho/travel/china-1/asuka%20bijyutu.htm

 ちょっと待ってください!飛鳥時代の金銅仏だってその点は同じではないですか。法隆寺48体仏の多くも祖霊追善の目的もあったでしょう。そもそも釈迦三尊像も救世観音も止利派の造像は、聖徳太子の尊影を残すということにあったでしょう。そうであれば、日本の飛鳥彫刻も、中国北魏以降の傾向とそう違わないのではないですか?

 まず、北魏様式自体がすでに中国で相当「形式」化されていったということもあると思いますし、なにより日本への受容には大変な衝撃があったこと。そこを前提として、日本受容の特殊性を考えた湯浅泰雄氏の見解(「湯浅1980」)などは注目すべきではないでしょうか。

 [湯浅1980」では、思想史の立場から古代人(といっても飛鳥時代、仏教伝来以降が中心)の精神構造を考えていますね。いわゆる神道(原始信仰)と仏教(とりわけ密教受容以降)の関係性がこの本ではクローズアップされていると思いました。
 前者を底層(下層)、後者を表層(上層)とする「二重構造」があることを指摘しつつ、しかし、それは本居宣長、その後、丸山真男らが措定したものとは異なり、独立的ではない。両者は相互に影響を及ぼし、空海を祖とする密教の体系化によって、はじめて「神仏習合」という部分融合も果たしていくといった所論ですね。


中宮寺観音N3
中宮寺観音

 よっ、また小難しいことを言っているんじゃないか!

 えっ、貴男、いつからいたんですか?

 「思想史」とか、「二重構造」とか聞くとどうも眉唾だと思っちゃうんだな。飛鳥彫刻といったっていろいろあったんじゃない。でも、日本にのこっている仏様はどれも立派だし、よく外国人観光客が、その前で感歎の声をあげているのをみる。これってなんともすごいことだよ。

 飛鳥彫刻の系譜はおおむね4つくらいあると思います。第1に止利系、第2に山口大口費系、第3に秦氏系、第4にそれ以外のグループです。
→「飛鳥彫刻の作り手」参照 http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-187.html

 なるほど今日は止利系が中心になったかも知れないが、飛鳥彫刻そのものの多様性をもっと考えるべきだな。<畏敬的な部分>と<古式の笑い>の同居ーそこを忘れてしまうと本質を見失うか・・・

 飛鳥時代の仏様ー結局、理屈ではなにがなんだかわからない、でも言葉にできないすごい良さがある、だからこそ恐れ入って拝顔するということじゃないかね。

 たしかにこの時代には文献の厳しい制約があります。「日本書紀」などの専門的な研究がすすみ、確定できる事象がかえって少なくなっているような感じもありますし。平安以降、密教文化の影響ののちとは研究素材の物量がちがいます。だからというわけではありませんが、最近は、飛鳥白鳳彫刻をよく知るうえでも、密教移入以降の作像の変化にとても関心があります。

 さきほどの[佐和1963ー1][佐和1963ー2]などが真骨頂の部分ですね。そのうち、そのあたりも議論したいですね。さんも是非どうぞ!

 おっ、度量がでてきたね!楽しみにしているよ。


(参考文献)
濱田耕作  『日本美術史研究』1940年 座右寶刊行会
上野直昭  『日本美術史 上代篇』1959年 河出書房
佐和隆研  『日本の仏像 日本歴史新書』1963年 至文堂[1963ー1]
佐和隆研編『仏像案内』1963年 吉川弘文館[1963-2]
速水侑   『日本仏教史 古代』1986年 吉川弘文館
湯浅泰雄  『古代人の精神世界 』 (歴史と日本人〈1〉) 1980年 ミネルヴァ書房 

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/190-43028dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad