大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

『秘佛巡禮』

津田さち子『秘佛巡禮』1975年 駸々堂

 この女史の本ははじめて読む。女流で仏像を論じる名筆家は少なくない。このブログでも紹介したものもあるが、本書を読んで思うのは、その実、結構、ご苦労して秘仏を回っていていささか大変だっただろうなということである。
 素直を書いているので、お寺や仏さま、仏画に接したときの<感動>や逆に(抑えていても)、<しらけ>とでもいうべき思いも垣間見える。全49作品が紹介されるが、秀作に接したときの文章はやはり光っている。あえて、悪くちを言わなくとも読んでいれば、自ずと行きたい寺は限られてくる。女性の感性は恐い!


(参考)主要著作
--------------------------
1.あの風景  津田さち子 沖積舎 2007/11 \1,890(税込)
2.奈良慕情  津田さち子 沖積舎 2005/12 \1,890(税込)
3.源実朝   津田さち子 沖積舎 2002/07 \2,940(税込)
4.思遠    津田さち子 沖積舎 1999/08 \2,940(税込)
5.こころの寺 津田さち子 三修社 1999/08 \2,940(税込)
6.猫が見た夢 津田さち子 まろうど社 1997/09 \2,625(税込)
7.大河は花を浮かべて 津田さち子 大本山永平寺祖山傘松会 1995/03 \2,548(税込) [入手不可]
8.手鏡の月  津田さち子 沖積舎 1992/07 \3,058(税込)
9.秘仏巡礼 改訂第3版  津田さち子 駸々堂出版 1980/05 \1,470(税込) [絶版]
10.良寛ひとり 津田さち子 大本山永平寺祖山傘松会 1991/01 \2,625(税込) [入手不可]
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/pocketpc/wsea.cgi?HITCNT=10&W-AUTHOR=%92%C3%93c%82%B3%82%BF%8Eq

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/197-42be4b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad