大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

古代仏像の人類学的研究

001.jpg
『古代仏像の人類学的研究』 北村直躬・石崎達二共著, 岩波書店, 1935年

北村直躬
1892-1972大正-昭和時代の医学者,教育者。
明治25年1月18日生まれ。満州医大教授をへて,昭和22年熊本女子専門学校校長。24年大学昇格とともに熊本女子大初代学長となり,18年間学長をつとめた。昭和47年1月24日死去。80歳。熊本県出身。京都帝大卒。著作に「人類学上より見たる古代仏像」など。

石崎 達二
主要著書:「親鸞聖人並其教団に具現せる日本精神」、「推古時代に於ける造像の心理・種類・起源及び芸術的流派に就いて」、「阿育王塔に関する研究」、「推古時代の浄土教美術について」、「日本精神と真宗」、「文献に見えたる四十八体仏」、「来迎美術について」、「阿育王塔の研究」、「仏教渡来より天智天皇末年に至る正史に見えたる仏像に就いて」、「白鳳時代の浄土教美術について」

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/208-43e91b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad