大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

薬師寺 東京別院

0-0-23.jpg
修復された十一面千手観音菩薩像(右)は全国初公開。薬師寺の僧侶らが慎重に展覧会の準備にあたった=25日、東京都品川区の薬師寺東京別院

 朝日新聞の配信。薬師寺さんは最近、話題をよく提供してくれる。以下は引用。

薬師寺の至宝、東京別院で公開 6件は全国初
2011年2月26日 朝日新聞

 奈良・薬師寺に伝わる文化財を特別公開する「薬師寺の文化財保護展」(朝日新聞社後援)が26日から、東京都品川区の薬師寺東京別院で始まる。修復して往時の姿を取り戻した仏像や、調査で奈良時代のものと分かった経典など計9件。うち6件は全国初公開となる。3月6日まで。

 薬師寺は1989年から、保管する仏像などの修復と調査に取り組んでいる。その一環で修復された全国初公開の仏像の一つ、鎌倉時代の十一面千手観音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんのんぼさつ)像は、42の手に加えて翼のような小さな手の浮き彫りも復元。威厳に満ちた表情とともに、整った立ち姿がよみがえった。

江戸時代のものと考えられていた大般若波羅蜜多経(だいはんにゃはらみたきょう)(永恩経〈えいおんきょう〉)は、貴重な奈良時代の経典だった。平安時代の聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)像も、江戸時代に十一面観音像に造り替えられていたことが分かった。この2件も全国初の公開となる。

 特別公開では、3月6日まで東京・上野の東京国立博物館で開催中の「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」展を記念し、平山さんが奉納した散華(さんげ)原画7件も展示する。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/217-3cf6bccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad