大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像彫刻試論6 肖像彫刻

運慶N1

 肖像彫刻というジャンルは意図的にできたものではないだろう。もともと、仏像自身がストゥーパ(stûpa)という塔や仏足石などの<釈迦>周辺の文物から発して、次第に釈迦そのものを形象化して残す方向へとなっていった。釈迦ご本尊を彫るといった発想は、当初は畏れ多かったのかも知れない。したがって、ある意味で肖像彫刻の源流の一つは釈迦像にあるとも言える。
 同様に、日本での肖像彫刻、そのハシリは聖徳太子だったかも知れない。法隆寺釈迦三尊像の本尊や救世観音は、太子の姿を遷したとも言われる。そして、仏像は幅広く、そして分化して展開していく。仏は仏として、人は人として・・・


 ここでいう肖像彫刻はいわゆる如来や菩薩といった<仏>ではなく、生身の<人間>を表現したものと捉えよう。では、日本における肖像彫刻とはいかなるものか。初期の作品が究極の名品ということもある。あるいは、結果として名品が生き永らえたという言い方も可能かも知れない。全くの独断だが、唐招提寺 鑑真和上像こそ天平の名品であるとともにわが国肖像彫刻の最高傑作だろう。

 時代は下って鎌倉時代に、日本彫刻史上、これほどまでに深い表情を刻んだものなしとでもいうべき運慶工房のエッセンスを結集した無着世親の2像が造像された。鎌倉リアリズム、ここに極まれりといった風情の作品で、これに継ぐ彫刻群もしばらく世にでる。 
 各宗派の高僧、名僧の生前の姿を彫像として残そうという発想は理解できる。写真という便利な媒体もなく、日本での仏画はあまりリアルでないし、彫刻こそ具象的、立体的に表現ができ、かつ物理的にも長期保存が可能であった。平安末期からは、パトロンたる貴族や有力武家も彫ったし、仏師の「自画像」も彫った。だが、それはながくは続かず、その後、取り繕いようのない形式主義に陥り急速に廃れていく。それは肖像に限らずむしろ、仏像彫刻全般についての傾向であった。

000-4.gif

http://blog.livedoor.jp/shokkou/archives/1850580.html
これぞ究極の名品ではないだろうか。失明の高僧の達観した表情はいまそこに臨場しているようだ。

000-1.jpg
唐招提寺 鑑真和上像

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/237-825bae2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad