大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

空海と密教美術展 魅力の彫刻6 人気NO1 帝釈天騎象像

00-31.jpg

 東京国立博物館も、つくずくかわったなあと思う。ー「空海と密教美術」展「仏像曼荼羅」人気No1は?ーというのを東博が集計し、公表している。そのランキングは以下のとおり。

1.国宝 「帝釈天騎象像」 537
2.国宝 「降三世明王立像(五大明王のうち)」 182
3.国宝 「持国天立像(四天王のうち)」 173
4.国宝 「梵天坐像」 136
5.国宝 「大威徳明王騎牛像(五大明王のうち)」 107
6.国宝 「増長天立像(四天王のうち)」 54
7.国宝 「金剛法菩薩坐像(五菩薩のうち)」 42
8.国宝 「金剛業菩薩坐像(五菩薩のうち)」 37


http://www.tnm.jp/modules/r_poll/index.php?controller=dtl&po_id=8&poll_flg=0

  予想どおり、人気NO1はぶっちっぎりで、帝釈天騎象像である。それにくらべて、対をなす梵天坐像の人気があまりないのが意外。さて、この仏さまについて概説は以下のとおり。

 帝釈天像の作例はたいへん古く、梵天像とともに紀元1世紀頃のガンダーラ地方の三尊像が残っている。阿修羅とのバトルを演じたことでも有名で、むしろ仏教受容以前の異神に淵源があろう。
 そのお姿はさまざまだが、平安時代の密教に取り入れられる以前の帝釈天像は、古くは高髻で、中国、唐時代の貴顕の服飾を着け、また外衣の下に鎧を着けるものもあるが作例は多くない。
 密教移入後は、金剛杵、柄香炉、唐扇などをもつ二臂像が主流となる。騎象像では、天冠をいただき、一面三目二臂像、金剛杵(独鈷杵)を持ち三牙白象に乗り左手は拳印。


(参考)
帝釈天は「たいしゃくてん」と読み、古代インドの武神インドラ【Sakro Devanam Indrah】が起源とされる。釈提桓因(しゃくだいかんいん)とも呼ばれる。梵天とならんで仏法の二大守護神とされ、梵天と一対で祀られることも多く、両者をあわせて「梵釈」と呼ぶこともある。起源とされたインドラは、ヴァジュラ(金剛杵)を武器に凶暴な魔神たちと戦い続けた雷神であるが、仏教に帰依した帝釈天には、そうした性格は部分的にしか引き継がれていない。帝釈天は、四天王やその眷属が住むとされる四天王天がある須弥山の頂上にあたる忉利天(とうりてん)の善見城に住むとされ、そのため四天王を部下のように従えている。そして、四天王やその眷属を下界に送り、報告を受けることが帝釈天の主な務めとされている。このことは、民間信仰の「庚申講」とも結び付き、庚申の本尊は帝釈天とされる。

また、インド神話でのインドラ神が阿修羅(アスラ)と戦い倒したとの伝説に基づき、帝釈天も修羅道の主である阿修羅と自ら戦い、追い払ったと伝えられている。更に、釈迦如来の前世の伝説をまとめたとされる『本生譚』にもしばしば登場する。

帝釈天は主に二種類の姿であらわされ、1つは唐代の衣装を着た貴人風の二臂像で、手に金剛杵や蓮茎などを持つことが多く、頭には宝髻を結う。この場合、梵天像と帝釈天像はほとんど同じ姿に表現されて見分けのつかない場合もあるが、帝釈天像のみが衣の下に皮製の甲を着ける。もう1つは密教における帝釈天像で、一面三目二臂で冠を戴き、身体には甲冑を着け、手には独鈷杵を執る。また、白象にまたがった姿でも表現される。
http://www.7key.jp/data/thought/hotoke/taisyakuten.html
ーーーーーーーーーーーーー
 サンスクリット語では「シャクロー・デーバーナーム・インドラ」、すなわちインドラ神である。かつては神々の王の座に位置しており、また、軍神として様々な武勲を立てた。「インドラ」は天守、帝、「シャクロー」は勇力の意味で、この部分を「釈」と音写して帝釈天と云う。また釈迦堤婆因陀羅、釈堤桓因とも呼ばれる。

 「シャクロー デーヴァーナーム インドラハ (zakro devAnAmindraH) 」とは「シャクラは神々(デーヴァ)の帝王(インドラ)なり」という文章で、この中で彼の名を指すのはシャクラのみである。このシャクラが帝釈天の釈にあたり、インドラが帝を指すわけである。

 古代インドのヴェーダ神話の天界最強の軍神インドラが元とされる。インドラは二頭立ての黄金の戦車、または象に乗り金剛杵(ヴァジュラ)をとって毒龍ヴリトラと戦い、強力な阿修羅の軍を退けた。また雨水で地上に恵みを与え大地を潤す豊穣神としても崇拝された。仏教に帰依してからは釈迦修行時代の仏法の守護神となり、慈悲深く柔和な性質も持つようになる。

 宇宙の中心とされる須弥山山頂の喜見城を居城にし、その周辺の「とう利天」を支配する。ちなみに四天王天はそのすぐしたにある。初期の頃から梵天と一対で表されることが多く、また四天王とも共にあらわされる。のちに十二天のひとりとなり、東を守護するという。

 しかしながら、時代が降るとともに権勢を失い、ブラフマー。ヴィシュヌ、シヴァの三貴神に取って代わられる。仏教に入ったインドラは、慈悲深く柔和な性質をもった仏法の守護者・帝釈天として、姿を一変させる。帝釈天は「須弥山」(スメール)を居城とし、「とう利天」(とうりてん)を支配している。その下には四天王天があり、四天王は帝釈天に仕えている。仏像としての帝釈天は、しばしば、梵天とともに、釈迦の脇侍を務めている。

仏典では釈迦の説法の座に常におられる。密教では十二天の一人、千手観音の眷属である二十八部衆の一人。

単独で祀られることはなく釈迦の脇侍としてかなり古くからガンダーラの遺跡に三尊像が残る。払子を持つ一面二臂の立像が主流で、我が国で初期に造られた梵天像はすべて唐服を身にまとって宝髻を結い柄香炉(えこうろ)、華籠(けご)など持つ梵天像もある。

 その姿は、密教に取り入れられる以前は二臂の立像で、身に甲冑をつけた上から長袂衣をて、着柄香炉や唐扇をもつ。また密教化されると一面三目二臂で独鈷杵、三鈷杵を持つ立像または白象に乗り半迦踏み下げとするものが主流になる。七世紀以降、密教に梵天が取り入れられると、四面四臂で数羽の鵞鳥(がちょう)に乗る鵞鳥座(がちょうざ)の座像が造られた。右手に数珠、曲刀、左手に蓮華、水瓶を持つ像や当ページ作品のように払子を持つ像などある。

帝釈天とともに十二天の一つ。功徳は 仏教守護・国土安穏・立身出世

著名な梵天像 一面二臂
奈良 唐招提寺 梵天像(塑像・国宝)
奈良 東大寺 梵天像(乾漆・国宝)
四面四臂騎鵞像
京都 東寺講堂 梵天像坐像(木造・国宝)

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/taishaku.htm

00-32.jpg

 人気の秘訣は、まず帝釈天という名称の親近感にあるだろう。『男はつらいよ』ー葛飾柴又ー帝釈天のイメージは日本人なら誰しももっている。この仏さまが、美青年?であることは言うまでもなく有力なポイントである。さらに、白象にまたがった姿の全体プロポーションもわるくない。
 くわえて、今回のようにおそば近くで観察できるとよくわかるが、象さんは笑っているように見える。当時の日本人にとってはもちろん目にしたことがなく、象という動物自体がなんとも怪異であったろうが、この象(彫像として)はなかなか巧みにできていて、現代のわれわれにとってはユーモラスな茶目っ気すら感じる。これは、後世の意想外の反応だろうが、隠れた魅力ではないだろうか。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/248-c2cd3509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad