大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

空海と密教美術展 空海について考える3  NHK「空海 至宝と人生ー“仏像革命”」を観る

000000-3.jpg

 NHK「空海 至宝と人生ー第1集“仏像革命”」(以下に番組概要)を見る。今回のハイライト、中国西安美術館ロケの模様は大変参考になった。そのほか面白かった点や感想をいくつか書いておきたい。

1.東寺講堂の撮影はアングル、照明とも迫力があって釘付けとなった。今回、東京に出展していない群像を全体として眺められチェックすると、なるほどその一体性の意味はより理解できると思った。高く評価したい。

0-29.gif

2.憤怒像(明王の部)をなぜ空海がつくったか?西安碑林博物館の若い学芸員は、「中国の教育では、一人は優しく、一人は厳しく育てるので、その組み合わせでは・・・」というコメントは、微笑ましくも素朴ながら、本質的かなと感じた。硬軟ともにあったほうが、より両者の特質が際立つといったこともあろう。

3.しかし、せっかく中国ロケを挙行し青龍寺を取材するなら、たとえば空海の中国における師、恵果(えか/けいか、746~806年)と空海の関係についても、もっと掘り下げてほしかった。映像では、師弟両像がほんの少し写ったと思うが、国宝「諸尊仏龕」空海請来1基(下の画像)ひとつとっても、いくつも感動的な物語は紡げたと思うのだが・・・。

http://www.beilin-museum.com/view2.asp?id=627

4.(その関連で)後段30分のドラマはまったく蛇足。脚本(夢枕獏?)のせいというより、たった30分でかつ、あんなイージーな作り方では、どうしたって無理がある。夢枕獏氏を起用するなら、お得意の空海の<呪術的な特質>をもっと強調すれば、より迫真力のあるユニークな視点がふんだんに出てきただろう。あえてドラマ仕立てにするなら、たとえば上記3にスポットをあてて、中国でもっと丁寧に映像をとっておけばよかったのに・・・と誠に残念。

【以下は引用】
空海 至宝と人生「第1集“仏像革命”」
BSプレミアム  8月7日(日)午後7:30~8:59

telemap/flv/v110807_1930kukai 17711
 「お大師さん」と慕われる弘法大師・空海。1200年前に中国から密教を伝え、日本の文化や思想に大きな影響を与えた。数々の国宝として今に伝わる空海の至宝をたどるシリーズ、第1回は「仏像革命」。不動明王など「怒りの表情」をたたえた仏像は、密教の世界を具現化するために空海が日本で初めて出現させた。荒れた世に救いをもたらす怒りの仏は、いかに姿を現したのか。作家・夢枕獏が、空海が実現させた新たな仏像に迫る。
【出演】夢枕獏,松本明慶,粟野史浩,中村彰男,早坂直家,藤崎あかね 【語り】井上二郎

空海 至宝と人生
8月7日(日)午後7:30~8:59 「第1集“仏像革命”」
8月8日(月)午後8:00~9:29 「第2集“名筆の誕生”」
8月9日(火)午後8:00~9:29 「第3集“曼荼羅(まんだら)の宇宙”」

0001
国宝「諸尊仏龕」空海請来 1基 
唐時代・8世紀 和歌山・金剛峯寺

(参考データ)

日本の名僧(ランダム、14世紀まで)

行基(668~749年)
  
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E5%9F%BA
鑑真(688~763年) 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%91%91%E7%9C%9F
最澄(767~822年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E6%BE%84
空海(774~835年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7
法然(1133~1212年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E7%84%B6
栄西(1141~1215年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E8%A5%BF
親鸞(1173~1263年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E9%B8%9E
道元(1200~53年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%85%83
日蓮(1222~82年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE
一遍(1239~89年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%81%8D

聖徳太子(574~622年)
役小角(634~701年)
円仁(794~864年)    
円珍(814~891年) 
空也(903~972年)  
良源(912~985年)
源信(942~1017年) 
良忍(1073~1132年)
覚鑁(1095~1143年)
西行(1118~90年)  
文覚(1139~1203年) 
明恵(1173~1232年)
叡尊(1201~1290年)
無学祖元(1226~1286年)
蘭渓(1313~78年)  
一休(1394~1481年)

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/253-ebe1e42d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad