大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

空海への注目

【以下は引用】
空海の言葉、現代に響く…解説本・展覧会が人気
 
「物の興廃は必ず人に由よる」「真俗離れず」「如実に自心を知る」――。

 日本密教の祖、弘法大師空海の言葉が注目を集めている。解説本は版を重ね、展覧会では、書に多くの来場者が見入る。崇高な悟りの中にも、どこか人間味あふれる言葉が、混迷の時代に生きる現代人の心を揺さぶるのか。

 東京国立博物館で開催中の「空海と密教美術展」(25日まで)には若き日の“出家宣言”である「聾瞽指帰ろうこしいき」(国宝)や、最澄への手紙「風信帖ふうしんじょう」(同)、弟子がまとめた「性霊集しょうりょうしゅう」(重要文化財)など書が並ぶ。全て漢文で一般人が読み解くのは難しい。だが、風格ある文字から何か教えを得ようとするのか、人だかりが絶えない。

 館が開く講演会は毎回満員で、8月末、京都・醍醐寺の仲田順和じゅんな座主(77)が登壇した回は約400人が聞き入った。東京都中野区、水島道雄さん(70)は「新しい信仰の分野を切り開いた先駆けの人。言葉もオリジナリティーにあふれ、非常に魅力的だ」と話す。

 21体の仏像を使い、曼荼羅まんだらを立体的に表現するなど、視覚的に訴えかけ、分かりやすく教えを広めたイメージが強い空海。ただ、著書『ほっとする空海の言葉』(二玄社)で、70の言葉を紹介した密教研究者の安元剛さん(45)は、「その文章にも包容力、人間味がにじみ出ている」と語る。

(2011年9月18日11時02分 読売新聞)

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/262-6c249ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad