大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像カレンダー 2012

201110162.jpg

【以下は引用】
仏像シリーズカレンダー発売-「如来像」「菩薩像」を特集

奈良県ビジターズビューロー(奈良市登大路町)は10月1日、2012年版の仏像シリーズカレンダー「深まりゆくいのり 名佛遍照(めいぶつへんしょう)」を発売した。

 東日本大震災や台風被害など困難に直面する日本を、「悲しみから立ち上がろうとする日本を照らし出し、希望へと導いてくださることを願い、困難に負けず、日本人の勤勉さとたくましさで生き抜こうとする私たちへの力強い応援を感じていただけることでしょう」との思いで、慈悲の心あふれる平安時代と鎌倉時代の「如来像」「菩薩像」を特集。加えて、10月10日に東大寺ミュージアムがオープンすることにも合わせて、東大寺の「釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)」(重文)を表紙に起用した。

 掲載する仏像は、1月・2月=千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう、興福寺、国宝)、3月・4月=薬師三尊像中尊 ・薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう、法隆寺、国宝)、5月・6月=阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう、當麻寺、重文)、7月・8月=普賢菩薩騎象像(ふげんぼさつきしょうぞう、圓證寺、重文)、9月・10月=十一面観音菩薩立像(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう、法輪寺、重文)、11月・12月=釈迦如来立像(しゃかにょらいりゅうぞう、室生寺、国宝)。

 写真は写真家・小川光三さんの作品で、サイズは縦364ミリ、横267ミリ。実際に仏像を見てもらおうと「秘宝・秘仏特別開帳」などの情報も記した付録「みほとけ巡りパンフレット」も付く。

 仏像ブームも後押しして全国の仏像ファンから人気を集める同カレンダー。今年は、例年を上回る早さで約6000部が出荷済みだという。

 価格は1,500円。1万部制作。同事務局や奈良まほろば館(東京都中央区)のほか、全国の紀伊国屋書店、東急ハンズなど全国の主要書店でも販売する。
http://nara.keizai.biz/headline/641/

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/265-91a70c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad