大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

快慶作の執金剛神立像、見つかる!

20111024.jpg
執金剛神立像=高野山霊宝館提供

 快慶作のこれはなかなかの発見。空海文化とも関係がある。日本の仏像、まだまだ新たな展開があって面白い。

【以下は引用】

金剛峯寺の仏像は「快慶作」 高野山霊宝館が発表

 和歌山県・高野山にある金剛峯寺が所蔵する仏像「執金剛神立像(しゅこんごうしんりゅうぞう)」(高さ149センチ)の内部に、鎌倉時代を代表する仏師、快慶(生没年不詳)の作であることを示す墨書銘が残っていることが分かった。山内の文化財を調査・展示している高野山霊宝館が21日発表した。

 館内に展示していた木造の像が9月、台座とつながっている左足首の部分で折れ、倒れて破損したのが調査のきっかけ。数十年前に補修で使った接着剤が劣化したのが原因とみられる。

 内部の空洞にファイバースコープを入れたところ、首のあたりに「アン」と読む梵字(ぼんじ)1文字と、漢字の「阿弥陀佛」4文字が続けて墨で書かれているのが見つかった。快慶は初期の作品に同じ墨書銘を入れており、筆跡も似ているため、快慶作と判断した。

 鎌倉時代の書物に、金剛峯寺が所蔵する快慶作の「四天王立像」(重要文化財)と一緒に、「執金剛神」と「深蛇大王」の像が高野山に安置された、との記述があり、以前から快慶作の可能性が指摘されていた。霊宝館は、一対の像として展示している「深沙大将立像(じんじゃたいしょうりゅうぞう)」(高さ142センチ)も快慶作の可能性が高まったとしている。

 執金剛神立像は右腕やはかまの裾なども破損しており、修復後に展示される予定。(山野拓郎)

http://www.asahi.com/culture/update/1022/OSK201110210194.html

高野山金剛峯寺の仏像「快慶作」示す墨書
2011.10.22 10:56
 和歌山県の高野山・金剛峯寺所蔵の仏像「執金剛神立像(しゅこんごうしんりゅうぞう)」から、鎌倉時代を代表する仏師・快慶を示す墨書が発見され、高野山霊宝館(同県高野町)が21日、発表した。一対の「深沙大将立像(じんじゃたいしょうりゅうぞう)」も快慶作とみられるという。

 執金剛神立像(高さ149センチ)は髪を逆立て、片足立ちの姿。首部分の内側から、「あん」という梵字と「阿弥陀仏」の計5文字の墨書が見つかった。この称号は快慶が使用していたものだという。

 もともと、対となっている深沙大将立像(同142センチ)と合わせ、快慶作の四天王立像(国重要文化財)とともに高野山伽藍六角経堂に安置されていたと伝えられてきたが、四天王立像の重文指定時(大正14年)に別の場所にあったことから未指定だった。

 2像とも同館で展示されていたが、今年9月に執金剛神立像が接着剤の劣化で倒れ、一部が破損。損傷状況を調査していた文化庁が今回の墨書を発見した。像の内部には真言密教の呪文などの文書もあった。

 執金剛神立像は2年かけて修理する計画で、当面は深沙大将立像を公開。11月6日午後3時から、同館で一般向けの発見報告を行う。

執金剛神立像から快慶の銘…金剛峯寺

 高野山霊宝館(和歌山県高野町)は21日、高野山真言宗・総本山金剛峯寺所蔵の「執金剛神立像しゅこんごうしんりゅうぞう」の中から銘文が見つかり、鎌倉時代を代表する仏師・快慶の作と確認した、と発表した。像は同寺所蔵の「深沙大将じんじゃたいしょう立像りゅうぞう」と一対で作られたとされ、同館は「ともに快慶作とわかり、信仰上でも大きな発見」としている。

 執金剛神、深沙大将はともに仏法の守護神。執金剛神立像(高さ1メートル49、寄せ木造り)は髪を逆立て片足で踏み出す姿をし、深沙大将立像(同1メートル42、同)は首にどくろの飾り、両ひざに象の面をつけている。顔や筋肉の表現方法などから、快慶作とみられてきた。

 両像は同館で展示されてきたが、9月3日、執金剛神立像が、足の接着剤の劣化などで後ろに倒れ、右ひじと左足先端の接着部が外れた。これを機に内視鏡で調査したところ、首の内側に、快慶が用いた法号「アン阿弥陀仏」(「アン」の字は梵字ぼんじ)と記した墨書銘がみつかった。

 同館は同像を来年度から2年間で修理する計画。11月6日午後3時からは、館内で発見報告会を開く。

 日本彫刻史に詳しい愛知県美術館の深山孝彰・主任学芸員は「快慶の仏像は端正な姿が特徴で、力強い表現は珍しい。重要文化財級の作品で、快慶の業績を解釈する幅が広がるだろう」と話している。

(2011年10月22日 読売新聞)

20111024-2.jpg
右上から左下に向けて「阿弥陀佛」の文字が見える=高野山霊宝館提供

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/266-06ad2011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad