大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

現代仏師の修業は・・・

2011126.jpg
仏像彫刻師・須藤隆さんが彫る観音菩薩像

 どの世界でもプロになる道にはいたるところに荊(いばら)がある。それを踏み越えてプロになり、そして一歩一歩、その細い道を歩んでいく。そこには山あり谷ありながら足取り確かに・・・。そんな記事が下記。

【以下は引用】

日本のものづくりを担ってきたのは下町の工場であり、こだわりの技を受け継いできた職人だろう。その職人が姿を消しつつある。薄利多売に馴染まない手仕事で生み出される品々は、大量生産の荒波に駆逐され、若者たちは厳しい修業を強いられる職人の世界に目を背ける。

事実、職業訓練校は生徒が集まらず、休校、廃校に追い込まれている。大工を養成する木造建築科の生徒は、平成6年の時点で全国に1600人いたが、15年後にはわずか680人に減少している。このままいけば、日本の古き良き伝統が失われる。

今こそ職人の技と伝統を語り継ぐ必要があるのではないか。そうした職人の一人が、京都の仏像彫刻師・須藤隆さん(37歳)。創業36年の須藤工房の2代目だ。

須藤さんが、親方である父・光昭さんから受けた教えは、「仏師は仏の道を歩む人だが、仏像彫刻師は仏像を彫る職人」。大学時代から父の工房で仏像彫刻を習い、大学の助手の仕事を辞めて12年前に正式に入門した。

「修業期間の10年は『住み込み』が条件。仕事を覚えるには住み込みが一番なのですが、弟子は私のほかに女性が4人。最近まで男の子が1人いたのですが、3か月で辞めてしまいました。男の子にはキツイようですね」と嘆く。

「今私たちが積んでいる修業は、親方が発するヒントをいかに敏感に受け止めるかということ。まだまだ緊張の連続です」(須藤さん)

撮影■小倉雄一郎

※週刊ポスト2011年12月9日号

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/273-c2ed29cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad