大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

奈良大和路仏像ポスター

20111215.jpg

【以下は引用】

奈良大和路仏像ポスター発売、如意輪観世音菩薩を起用

(2011年12月12日)
 奈良県などは12月12日、奈良への観光誘致を目的として製作した「奈良大和路仏像ポスター」を発売した。

 「奈良大和路仏像ポスター」は、奈良県、奈良市、JR西日本、近鉄、奈良交通が合同で1954(昭和29)年から国宝や重要文化財の仏像を取り上げて製作しているもの。約3000部を製作し、うち230枚を販売。残りはJR西日本・東海、近鉄の主要駅などに掲示して観光PRを行う。

 ポスターに起用したのは、中宮寺に安置されている、如意輪観世音菩薩(ぼさつ)像(国宝)。東洋美術における「考える像」として知られ、飛鳥時代の彫刻の最高傑作とされる。国際美術史学者の間では、顔の美しさが「古典的微笑」の典型と評価され、レオナルド・ダ・ビンチ作のモナリザと、エジプトのスフィンクスと並び「世界の三つの微笑像」とも呼ばれている。

 写真は写真家・立木義浩さんの作品。サイズはB1判で、価格は1,000円。奈良県ビジターズビューローと奈良市観光協会で窓口販売するほか、奈良市観光協会では通信販売も行う。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/277-fac565c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad