大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏の里美術館開館(静岡県函南町)!

2012414-2.jpg

  早朝の東京。そぼ降る春雨のなか、かんなみ仏の里美術館のオープニングに行く。伊豆もあいにくの花冷え、しかも原生林でも知られる函南の山里にあって冷気は一段と身にひびくが、それを打ちかえすような熱意ある地元の方々や多くの参列者によって、開館の式典はときに粛々と緊張感をもって、ときに楽しく盛り上がったと思う。時間管理が行き届いた、そして爽やかな演出の会だった。
 海外の都市整備や地域開発に造詣がふかく本プロジェクトの推進役、森町長はじめ、町役場のスタッフの方々の周到な準備と献身的な努力あればこそであろう。


2012414-3.jpg

 5日に内覧会があったとのことで、本プロジェクトの概要は一般に紹介されている。伊豆への旅、とくに外国のお客様向けには大変すぐれた観光資産の幕開けといえるだろう。以下は関連記事の引用。

仏の里美術館で内覧会 14日開館へ 函南(2012/4/ 6 08:32)

 函南町は5日、完成した同町桑原の「かんなみ仏の里美術館」で内覧会を開いた。国の重要文化財「阿弥陀三尊像」など、24体の仏像群を保管、展示する美術館で、14日にオープンする。鈴木勝彦館長は「学問的、歴史的にも貴重な仏像を多くの人に知ってもらいたい」とあいさつ。森延彦町長は「美術館と他の施設との観光ネットワーク化を図り、町全体の活性化につなげたい」と述べた。
 同美術館は町が地元桑原区から寄付を受けた仏像群を展示、保管しようと設計から3年掛けて建設した。解説パネルなどを設置する資料展示室と、仏像展示室などを備える。仏像展示室への入室のみ有料で、資料展示室や交流広場などは無料開放する。延べ床面積552平方メートル。総工費3億6900万円。初年度は1万3200人の来館者を見込む。
 観覧料は大人(高校生以上)300円。小中学生100円。開館時間は午前10時~午後4時半で火曜休館。14日のオープン初日は午前9時半から記念式典を開き、当日は無料で観覧できる。問い合わせは同町生涯学習課〈電055(979)1733〉へ。
http://www.at-s.com/news/detail/100113278.html

http://www.town.kannami.shizuoka.jp/ct/other000005300/h24_3_2-3-1.pdf

かんなみ仏の里美術館 4月14日オープン! 函南町桑原
2012年4月14日(土) オープン!

24体の仏像群を展示する美術館がオープン!

国の重要文化財「阿弥陀三尊像」など、24体の仏像群を保管、展示する「かんなみ仏の里美術館」が4月14日にオープンします。同館は、解説パネルなどを設置する資料展示室と、仏像展示室などを備えています。オープン初日は午前9時半から記念式典を開き、当日は無料で観覧できます。
http://www.at-s.com/event/detail/100113379.html

2012414-4.png

  驚くべきことに、地元桑原区の方々は千年の永きにわたって、きょうわれわれが新施設で拝観した仏さまを守ってこられた。機能性、耐震性などにすぐれたこの新施設によって、さらに次の千年の保存に向けて礎ができたとすれば素直に喜びたい。
 仏さまについての感想は以下のブログに書いてきたのでここでは触れないが、一点、千年の歴史をもつ薬師如来坐像については、なによりも有難い信仰の対象であった。
 美術館への展示は是としつつ、深い慈しみをたたえたその卓越した存在感をより引き立たせるために、「光と仰角」のさらなる工夫などが必要かも知れないと感じた。阿弥陀三尊像ほか諸仏は、この光と仰角の妙によって格段に見ごたえあるものとなっているので余計に、四方をガラス・ケースに囲まれ、いささか窮屈さもあるお薬師さまに対してそう思う次第である。

<光と仰角>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-192.html

最後に、この新施設の創意工夫について。広場に面した建物のテラスは、大工道具の「さしがね」のように直角にせり出しているが、ここが簡易舞台になり、広場が客席になるという按配。雨のなか広場にはテントが張られたが、観客は正面と右側(上手)2方向の舞台を同時にみることができる。また、建物内部は、この場合、舞台のそでになり楽屋になる。見事な工夫である。
予算の制約もあってか、けっして豪華なつくりではないが、シンプルで機能性にすぐれて見やすい美術館である。建築家の栗生(くりゅう)明・千葉大教授の設計に拍手を送りたい。
http://service.city.mishima.shizuoka.jp/mportal/sunzu/info.asp?id=92

<参考>
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-291.html

http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-290.html



2012414.jpg

桑原薬師堂2

 見る方向と照明によって仏さまのイメージはことなる。上段はいまの展示(パンフレット)。下段はかつて薬師堂で拝観したもの。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/313-9d3f4bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad