大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝 4 仏画

2012430.jpg

 今回、保存にすぐれ彩色の良くのこる国宝級の仏画がおおく展示されている。もっとも有名なのは法華堂根本曼荼羅図で、仏画としては奈良時代作で海外に残る唯一の逸品。これは舶載品(中国)か日本で製作されたものかどうかのながき論争も行なわれてきたもの(後者は有力説のようだ)。朱の衣の色彩が意外でもあり、目に眩しいほどに映える。

【以下は東博HPから引用】

法華堂根本曼荼羅図 奈良時代・8 世紀

 霊鷲山[りょうじゅせん]で釈迦が諸尊や衆生[しゅじょう]に囲まれ法華経を説く光景をあらわしており、日本のみならず東洋美術の歴史を語る上で重要な作品。背面にある久安4年(1148)の銘文により、かつて奈良・東大寺法華堂(三月堂)に伝わっていたことがしられ、「法華堂根本曼荼羅図」と称される。

 これも朱色が鮮烈な大きな馬頭観音菩薩像。武士、馬、牛などを守護する仏さまとして珍重されてきたようだ。この菩薩像は、その色彩のイメージもあり、(赤)不動尊や大威徳明王像へも通じるものがあるように思う。

【以下は東博HPから引用】

馬頭観音菩薩像 平安時代・12 世紀中頃

 馬頭観音は、六観音のうちの一つで、畜生道[ちくしょうどう]におちた衆生を救済する仏として信仰されてきた。院政期仏画にみられる壮麗で装飾性の高い表現が特色で、当時の貴族の嗜好を反映し金銀の截金[きりかね]を用いた細緻な彩色や装飾がなされている。

【馬頭観音菩薩像】
http://museum.guidenet.jp/spresent.php?id=341

 「普賢延命経」は台蜜で重視されることもあり、天台宗寺院でとくに大切にされるといわれる普賢延命菩薩像。その尊顔の神々しさは如意輪観音像(平安時代・12 世紀)とともに秀抜。

【以下は東博HPから引用】

普賢延命菩薩像 平安時代・12 世紀中頃

 普賢菩薩は、病を消し生命力を増すという菩薩。二臂[にひ]の普賢延命像は天台密教で用いられ、二臂像に四方をかためる四天王が付いているものは非常に珍しい。白い肉身の隈取[くまどり]など艶っぽいまでの生命力が夢見るような美しさの中に満ちている。

【普賢延命菩薩像】
http://www.mfa.org/collections/object/fugen-enmei-the-bodhisattva-of-universal-virtue-who-prolongs-life-24538

ほかにも大威徳明王像(鎌倉時代・13 世紀前半)や弥勒如来像(下記)など国宝、重要文化財級の仏画が目白押しである。

【弥勒如来像】
http://www.mfa.org/collections/object/miroku-the-buddha-of-the-future-112058

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/319-0a02abac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad