大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

48メートルの阿弥陀仏像、江西省に誕生

hana650_suiren.jpg

 中国の勢いはさまざまな領域におよんでいる。以下のニュースも、そのスケールがいかにもいまの中国らしい。

【以下は引用】

48メートルの阿弥陀像、近く完成 2012.5.10 05:00

 江西省九江市星子県で続けられている世界最高の阿弥陀仏銅像「東林大仏」の制作が終わりに近づいている。近く無料で一般公開される。大仏の高さは48メートルで、形は盛唐時代の仏像の優れた点を取り入れている。浄土宗の発祥地、東林寺が制作している。(中国新聞社)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120510/cpd1205100500000-n1.htm

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界で最も高い阿弥陀仏像、江西省に誕生

  新華社江西:記者が星子県旅游局獲から得た情報によると、江西省星子県温泉鎮で世界で最も高い阿弥陀仏銅像―東林大仏がほぼ完成した。来年初めには全ての工程が竣工する予定。
東林大仏プロジェクトの関係者によると、高さ48メートルの東林大仏は竜門石窟等、唐最盛期の仏像の特徴を取り込んだ現代最高水準の宗教技術作品で、世界で最も高く、また中国唯一の露天阿弥陀仏像だ。仏像の製造のほか、浄土文化区や新東林寺、比丘尼院、隠逸文化区、安養区、海会堂、大徳精舎区などの施設も造られている。
【翻訳編集:JCBB(H.A)】

http://xinhua.jcbb.jp/xinhua/next?uid=NULLGWDOCOMO&nid=20111122W31760&cid=0104&contid=01&fsid=nl&nsid=n&nsid=n&langdiv=J

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もっとも高さだけであれば、日本にもスーパー巨大級の仏さまがおあす。牛久大仏である。

【以下は引用】

120メートルは慈悲の大きさ 牛久大仏 2012.5.4 12:00

 東京から約50キロ離れた茨城県牛久市に巨大な大仏がある。高さ約100メートル。台座も入れると120メートルに達する。米ニューヨークの「自由の女神」(台座を含めて約93メートル)をしのぐ高さで、ギネスブックにも「世界一高いブロンズ製の仏像」として登録されている。

 平成5年、浄土真宗の拠点に建立され、同年から一般公開されている。周辺から拝むだけでも御利益がありそうだが、背面から大仏の中に入ると、さらに霊験あらたかな気持ちになる。

 「光の世界」「知恩報徳の世界」「蓮華蔵(れんげぞう)世界」「霊鷲山(りょうじゅせん)の間」に分かれ、どのフロアも神秘的な空間に包まれている。中でも大仏の中での写経(約70席)は、心が洗われる非日常体験だ。

 そもそも、桁外れの大仏様を建造した目的はどこにあったのか。

 牛久大仏管理事務所は「阿弥陀如来の慈悲の大きさを表現するために120メートルになった。奈良や鎌倉の大仏様を意識したわけではありません」と説明する。大仏内はエレベーター付きで、地上85メートルからの眺望は圧巻。南西の空にスカイツリーも見渡せる。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120504/trd12050412000008-n1.htm

牛久大仏


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/324-fee7cdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad