大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

仏像の照明にLED

2012721.jpg
LED照明が好評の法隆寺金堂=斑鳩町法隆寺山内の法隆寺(奈良新聞)


【以下は引用】
仏像の照明にLED - 節電や宝物保存に有効   2012年6月21日 奈良新聞

 仏像や寺宝の照明にLED(発光ダイオード)を導入する寺が増えている。壁画の焼損から金堂を照明なしで公開してきた法隆寺が平成20年にLED照明を設置。興福寺国宝館も阿修羅像(国宝)など八部衆の照明を今年3月からLEDに切り替えた。唐招提寺の新宝蔵でも、LED照明の設置工事が7月から予定されている。

 唐招提寺の新宝蔵は昭和45年に建てられた鉄筋コンクリートの収蔵庫で、奈良時代の薬師如来立像(重要文化財)や金堂から降ろされた天平の鴟尾(国宝)などが展示されている。今回の工事では、LEDの照明40基を設置。一新された照明設備で9月から公開を再開する…
http://www.nara-np.co.jp/20120621094222.html

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/327-f41aa4eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad