大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

芥子仏(けしぶつ)

2012825-2.jpg
小城市立歴史資料館で公開されている芥子仏。わずか3ミリながらしっかり仏像の形をしている

【以下は引用】

3ミリの仏像、小城で公開 歴史資料館

 小城市三日月町の玉毫寺(ぎょくごうじ)(蓑田志博住職)で見つかった、わずか3ミリの仏像「芥子仏(けしぶつ)」の速報展示が同市立歴史資料館で開かれている。9月2日まで。

 県立博物館に続く展示。合掌した両手の肘から天衣が垂れ下がる様子など、極小の木片にしっかりと造形が施された観音像をルーペでのぞき込んだ来場者は、細かい細工に驚きの声を上げていた。

 このほか、芥子仏の縁起が記された「芥子仏記」や同時に発見された小城藩3代藩主・鍋島元武(もとたけ)の遺髪や爪も展示。同館で常設展示している元武の肖像画や書状も併せて鑑賞できる。

 「こんな小さな仏像がよく残っていた。元武の信仰の深さが垣間見える貴重な資料」と同館。入場無料。問い合わせは電話0952(71)1132。

2012年08月20日更新
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2270204.article.html



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/329-04de9076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad