大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

若狭の仏像

若狭の仏像2
正林庵の如意輪観音半跏像

若狭の仏像3
長福寺の十一面観音菩薩立像

若狭の仏像1
高成寺の千手観音立像=いずれも県提供

秋の嶺南 秘仏訪ねて 2012年09月06日

【以下は引用】

 嶺南の14寺が今月中旬から、日ごろ公開していない秘蔵の仏像などを期間限定で一斉公開する。若狭地方には平安や鎌倉時代から続く寺院が残り、国の重要文化財や県の文化財に指定されている仏像も多い。秘仏めぐりを楽しめそうだ。

 公開されるのは、小浜市12寺、おおい町1寺、美浜町1寺が所蔵する仏像など17点。国の重要文化財は、高成寺(小浜市)の千手観音立像、竜前区薬師堂(同)の薬師如来立像、加茂神社為星寺(同)の千手観音立像、正林庵(同)の如意輪観音半跏像、意足寺(おおい町)の千手観音立像の5点。

 公開は15日から10月23日まで。日時は寺ごとに異なり、1日限定公開の寺もある。県文化振興課(0776・20・0572)や同課ホームページでスケジュールの確認が必要だ。

 特別公開に合わせてガイド付きツアーバス(全10コース)も運行される。問い合わせは若狭おばま観光協会(0770・53・1111)。(足立耕作)

http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000001209060001
若狭の仏像4

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/332-7b258c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad