大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

門外不出の円空仏 東博へ

円空仏


門外不出の円空仏、東京国立博物館で来年公開 (2012年09月06日)

【以下は引用】

2012年9月6日(木)、東京・上野の東京国立博物館で来年1月に開催される特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」の記者発表が都内で開催された。

生涯で12万体の仏像を彫ったともいわれる江戸時代の僧、円空。

展覧会では「両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)」を江戸時代以来約300年ぶりに寺外で公開するなど、岐阜・千光寺(せんこうじ)が所蔵する仏像を中心に、飛騨に伝わる像100体を展示する。

両面宿儺は日本書紀に登場する飛騨の怪物だが、円空の像は斧を持つなど独自の解釈で表現されている傑作で「両面宿儺としては最古の像の可能性がある」(展覧会担当の浅見龍介・東京国立博物館東洋室長)。

千光寺でも7年に一度しか公開されない秘仏「歓喜天立像(かんぎてんりゅうぞう)」も特別公開される。

会期は2013年1月12日(土)~4月7日(日)。観覧料は一般当日で900円、前売800円。前売券は10月1日(月)発売。

http://www.museum.or.jp/modules/topNews/index.php?page=article&storyid=2780

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/333-46e7ba6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad