大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

唐招提寺  ドイツ製LEDライトで一新

唐招提寺
設置されたばかりのLEDライトが仏像を照らす新宝蔵=8月31日、奈良市五条町の唐招提寺

【以下は引用】

細部くっきり天平仏 - 新宝蔵にLED照明/唐招提寺

2012年9月2日 奈良新聞

 奈良市五条町の唐招提寺で、寺宝を収めた新宝蔵の照明が、ドイツ製のLEDライトに一新され、1日から公開された。金堂から降ろされた国宝の鴟尾(しび)や天平仏が細部まで拝観できる。

 新宝蔵は昭和45年に完成し、照明設備として40本の蛍光灯が設置されていた。ただ同照明は光量を調整できない上、鴟尾の照明が逆光で拝観者に不評だったという。

 このため、今年7月から約900万円をかけて設備を一新。蛍光灯を撤去して42基のLEDスポットライトに付け替えた。1基ごとに光量や角度を調整でき、照明の専門家に演出を依頼した。

 新宝蔵には一木彫像の傑作とされる衆宝王菩薩立像(重要文化財)や高さ約3・5メートルの大日如来坐像(同)など、19件の宝物が展示されている。

 松浦俊昭執事は「天平の宝物を平成の光で存分に見てもらえれば」と話している。

 新宝蔵の公開時間は午前9時から午後4時まで。拝観料は中学生以上100円、小学生50円(入山料別)。問い合わせは同寺、電話0742(33)7900。

http://www.nara-np.co.jp/20120902114823.html

唐招提寺千手観音

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/337-907fb1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad