大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

近江路の神と仏5  三井記念美術館 聖衆来迎寺 国宝「六道絵」ほか

聖衆来迎寺 六道絵

 東京・日本橋の三井記念美術館、「琵琶湖をめぐる 近江路の神と仏 名宝展」(~11月25日(日)まで)について5回にわたって若干の感想を記す。今回はその最終回。
 さて今次展示中、国宝の出展は以下のとおりである。彫刻主体の展示ながら実はメインの彫刻分野では1点の国宝も陳列されていない。工芸品的なものと仏画から国宝が選ばれていることがわかる。

1-5  国宝金銀鍍透彫華籠2枚 平安~鎌倉時代 神照寺

金銀鍍透彫華籠

2-1  国宝金銅経箱1合    平安時代 長元4 年(1031) 延暦寺

金銅経箱

7-14 国宝 六道絵のうち畜生道図、譬喩経説話図、等活地獄図 3幅 鎌倉時代 聖衆来迎寺
(以下の出展目録を参照。左は出展会場とそこでの展示番号を記載している)


聖衆来迎寺 六道絵
(聖衆来迎寺 六道絵 等活地獄図)

(出展目録)
http://www.mitsui-museum.jp/pdf/mokuroku120908_02.pdf

 このうちとくに有名なのは聖衆来迎寺蔵「六道絵」(「畜生道図」、「譬喩経説話図」、「等活地獄図」の3幅、鎌倉時代)である。これは比叡山に伝来したもので、『往生要集』をおもなテクストとして描かれた鎌倉時代の大作、全15幅である。

 「4幅にわたる地獄道は、その悲惨な情景を具体的かつ克明に描写していて見るものの眼を奪う。全体を見わたすと、水墨画をこなした宋元画の影響の顕著な幅と、伝統的なやまと絵風の幅とが混在するが、寒色系を主調とする、一種暗さを帯びた色調が全幅の統一感を保っている。どの幅も的確な描写で、画面を破綻なく構成しており、当時第一級の画家の手になるものと思われる。高位の貴族の依頼によるものであるに違いない」(東京国立博物館、松原茂氏)とされる。


(出典)
http://event.yomiuri.co.jp/2006/tendai/works_point.htm

 展示期間が3幅でことなり、小生が見ることができたのは「譬喩経説話図」だったが、画像がうまく見当たらないので上には「等活地獄図」を掲げた。その一方で以下の3幅はなかなか面白かった。

7-16 県文 仏涅槃図1幅 鎌倉時代 少林寺
7-19 重文 釈迦三尊十六善神図1幅 鎌倉時代 聖衆来迎寺
7-22 重文 山王本地仏像1幅 鎌倉時代 延暦寺

 少林寺の仏涅槃図1幅(鎌倉時代)は摩耶夫人の降臨から、あまたの生き物の仏陀涅槃への悲しみの表現が巧みに描かれ飽きさせない構図である。最後の第7室仏画コーナーにも見どころ満載という趣向がなんとも心憎い、と思う。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/342-78c0ccae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad