大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

聖徳太子について(1)

斑鳩290203


 最近、聖徳太子の本を読んでいます。ゆかりの寺も多いですね。

 そりゃ、そうだ。聖徳さんは「関西の人」だものね。関西歩いていれば、太子ゆかりの寺はほんとに沢山あるね。どこか行ったことあるかね。

 四天王寺に行きました。もともとは別の場所にあったそうですね。

 摂津国玉造の東岸にあったのが、おなじく摂津国難波の荒陵(あらはた)に移されたと日本書紀に記載があります。

 あれだろ、物部VS蘇我戦争で聖徳さんは蘇我軍にいたんだが、戦況不利、そこで願をかけるんだ。勝ったら四天王寺を建てますよって。それで勝って約束どおりに建造したのがこれだね。だから古い寺だ。もしも火災や戦禍で焼けなかったら法隆寺さん真っ青の一大世界遺産間違いなしのお寺だね。

 法隆寺はあまりに有名ですが、まわりの寺も関係深かったですよね?

 そうです。たとえば中宮寺は聖徳太子の母、穴穂部間人皇后によって、太子の宮居斑鳩宮を中央にして、西の法隆寺と対照的な位置に創建された寺と言われます。先頃の旧地発掘調査では、南に塔、北に金堂を配した「四天王寺式」伽藍配置であったことが確認され、法隆寺は「僧寺」、中宮寺は「尼寺」として計画されたのではないかとも・・。天寿国曼荼羅繍帳も太子ゆかりの名品です。

知ってるよ、天寿国曼荼羅。聖徳さんは一夫多妻、たしか14人も子どもがいたんだが、その奥さんの一人橘妃が太子を偲んでつくらせたんだっけ。
  
斑鳩や飛鳥のお寺のほかにも太子ゆかりのものが多いですが、奈良以外はどうですか?

京都の広隆寺もそうだったな。それに、このあいだ誰か言っていたけど兵庫の鶴林寺もそうだってね。

 さん、すごいですね!最近できた「奈良検定」では、橘寺、法隆寺、中宮寺、法起寺、四天王寺(大阪)、広隆寺(京都)、葛木寺の7つが 「聖徳太子創建七ヶ寺」と言われるらしいですが、鶴林寺をあげるのは「通」かも・・!

 ほかにもありますか?

 最近、聖徳太子ブームで46寺とも48寺とも、関係する寺院は多いです。そのなかでも大阪府羽曳野市にある野中寺は重要かも・・。蘇我馬子開基とされ、「上之太子」叡福寺、「下之太子」大聖勝軍寺とともに三太子の一つに数えられ、「中之太子」と呼ばれていますが、境内礎石から、飛鳥時代~奈良時代前半には大規模な伽藍の存在が認められ由緒あるお寺です。

 わかったぞ。太子ゆかりの寺には弥勒さんが多いや。この辺が面白いところだね!

 さん、きょうは冴えていますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/35-12182bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad