大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

河津平安の仏像展示館 開館

河津仏像2

 静岡は仏像の宝庫である。函南の仏の里美術館は以前、紹介したが今度は河津にも上記のような展示館がお目見えした。静岡銀行の仏像カレンダーもつとに有名。また、新たに国宝指定(これは別の下記記事参照)もあって、静岡の仏像熱は当分は覚めやらぬことだろう。嬉しい出来事である。

 なお、展示内容は以下の河津町役場 KAWAZU TOWNがよくまとまっている。
http://www.town.kawazu.shizuoka.jp/newstopic/20130220/

【以下は引用】

河津平安の仏像展示館開館 「新たな観光資源に」
(2013/2/21 8:14)

 河津町谷津の「伊豆ならんだの里 河津平安の仏像展示館」が20日にオープンし、相馬宏行町長らが出席して、開館記念式典が行われた。同展示館は町と県が計約1億3800万円を投じて建設した。県内最古の仏像とされる「薬師如来坐像」を見ることができる。
 相馬町長は式典で「河津町はこれまで花と温泉を中心に観光PRしてきた。今日ここに新たな観光資源が仲間入りする」としたうえで「ぜひ多くの人に足を運んでもらい、歴史の重みと迫力を感じてほしい」などと述べた。関係者によるテープカットも行われた。
 同展示館では、谷津地区にある南禅寺所蔵の仏像計24体を見ることができる。地元で「おびんずるさま」として親しまれ、体の悪い所に触れると治ると言われる「僧形坐像」もある。開館時間は午前10時~午後4時。休館日は水曜日。

http://www.at-s.com/news/detail/474568497.html
河津仏像

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/355-86e7c48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad