大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

別冊太陽 仏像ー日本仏像史講義

別冊太陽ー仏像1

 意欲的な良い本というイメージだが一般にはこの価格(3,990円)にはちょっと考えさせられる。いまやDVDでも安くて美しい画像ものはふんだんにあり、本書の差別化は以下の山本勉氏の「講義」如何だろうが、氏には雑誌掲載をふくめすでにあまりの多くの先行作品がある。小生の関心はこの目次では第六講。ここはいずれ読んでみたいと思う。

別冊太陽ー仏像2

仏像 ― 日本仏像史講義 目次

■第一講 仏像の黎明 飛鳥時代
 仏像の渡来と飛鳥時代の開幕
 法隆寺の造像と飛鳥時代前期の金銅仏
 飛鳥時代前期の木彫
 飛鳥時代後期という時代
 飛鳥時代後期の金銅仏と木彫
 さまざまな新技法

■第二講 古典の完成 奈良時代
 平城京の寺と仏像
 法隆寺の塑像
 薬師寺金堂薬師三尊像と大金銅仏の系譜
 興福寺西金堂の諸像
 法華堂の諸像と東大寺
 唐招提寺と西大寺
 木彫の成立と捻塑系の新技法
 神仏習合の成立

別冊太陽ー仏像3

■第三講 転形と模索 平安時代Ⅰ
 遷都と仏教の革新
 転形の時代
 承和様式の仏像
 和様の萌芽
 典型の模索
 清凉寺釈迦如来像の請来

■第四講 和様と耽美 平安時代Ⅱ
 平安時代後期の盛期と定朝
 平等院鳳凰堂
 和様の継承と耽美への沈潜
 新時代への胎動
 地方造像の拡大
 南都復興の開幕

別冊太陽ー仏像4

■第五講 再生と変奏 鎌倉時代Ⅰ
 鎌倉時代の開始
 運慶の御家人造像
 康慶と南都復興
 運慶と鎌倉彫刻の完成
 運慶の周辺
 運慶・快慶の二代目
 鎌倉中期の京都・奈良・鎌倉
 蓮華王院本堂の再興造像 .

■第六講 伝統の命脈
鎌倉時代Ⅱ 南北朝時代以後
 鎌倉時代後期
 南北朝時代
 室町時代
 桃山時代
 江戸時代

http://www.heibonsha.co.jp/sun/feature/yamamotot_01.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/356-af1b9529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad