大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

東京北区 鳳生寺 如意輪観音

如意輪観音(奈良博)
http://www.narahaku.go.jp/collection/1070-1.html

 上記は、奈良博の有名な如意輪観音像(鎌倉時代 建治元(1275)年 像高32.7㎝)である。さて、今日、東京北区鳳生寺を親戚の法事で訪れた。そこで享保12年(1716=吉宗の時代)造立の鉄製の如意輪観音像を拝顔した。

http://www.ukima.info/meisho/kaiwai/houshouji/hondou.htm

 わずかな時間の拝顔であり、ゆるりと見る余裕はなかったが、端正なお顔立ちがなかなかに素晴らしかった。いささか曖昧な記憶をたよりにイメージがあう仏さまは何かと探してみて、上記が比較的似ていると感じた次第である。

 ご住職は大学で地層学を専攻されたとのことで、釈迦三尊の脇侍の「もんじゅ」「ふげん」と原子力発電所の関係について講話をしておられたが、ここのご本尊は釈迦三尊像。だが、如意輪観音さまが特に印象に残った。メガネもいつも頼りの一眼鏡も今日はもっていなかったので、鉄仏とは正直、気がつかなかったが造形美しく一見の価値あるものと見た。


 なお、私がもっとも気にいっている如意輪像は飛鳥橘寺におあす仏さまである。以下も参照

http://www.youtube.com/watch?v=MC6pikAcOvs

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/358-e4fd090a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad