大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

大阪市美術館 北魏 石造仏教彫刻の展開

北魏1
石造 如来坐像 北魏・天安元年(466) 本館蔵(山口コレクション)

大阪市美術館 北魏 石造仏教彫刻の展開
会期9月7日(土)~10月20日(日)


 この秋、もっとも注目される美術展のひとつ。この美術館の集積も凄い。本ブログでも作品紹介しているので関心のある方はどうぞ。

【以下は引用】
インドで生まれた仏教は、中国へ後漢時代(紀元後1世紀頃)に伝えられ、南北朝時代(5-6世紀)になると国家事業としての寺院の建立と巨大な石窟の造営が行われました。
そして、仏教が広く中国全土に浸透する中で、地域ごとに特色のある仏像が生み出されるようになります。
こうした長い中国仏教史において、最も優れた石造仏教彫刻が生み出されたのが、南北朝時代の北魏(ほくぎ/386-534)王朝でした。
本展では国内に収蔵される主要な優品と、山口コレクションをはじめとする館蔵・寄託作品を加えた約60件により、北魏石造仏教彫刻の全体像について「仏像の地域性」をキーワードに浮き彫りにしたいと考えています。

日本において、中国の仏教彫刻はまだまだ人々の目に触れられていないのが現状といえます。
しかしその一点一点を観察すると、今日では不可能なほど精巧な彫刻技術を示す作品や、素朴な温かみを感じさせる作品、さらには日本の仏像と密接な関係をもつ作品など、見飽きることがありません。
なお9月中旬に、中国から仏教美術研究者をお招きする特別講演会を予定しています。
詳細につきましては当館ホームページにて発表いたします。
本展は、1500年前の北魏に焦点を絞ったきわめて稀な展覧会です。この機会をぜひお見逃しなく。

北魏2
石造 菩薩交脚龕 [部分] 北魏 5世紀後半 本館蔵 山口コレクション

北魏3
石造 如来三尊像 北魏 景明元年銘(500) 本館蔵 山口コレクション

北魏4
石造 如来三尊像 [背面] 北魏 6世紀前半 本館蔵 山口コレクション

(参考)
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-308.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/360-e131e695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad