大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

聖林寺十一面観音立像 美の巨人たち

聖林寺5

聖林寺 国宝「十一面観音立像」2013.11.16放送
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/131116/index.html

 上記の番組を見る。とても良いテイストと時間配分でつくられた魅力的な作品であると思った。制作に携わった方々に敬意を表したい。

 まず、番組の組み立てをHPからの引用で貼り付けておこう。以下の4パートから構成されるが、その展開もわかりやすく画像も説明も丹念である。

今日の作品は、奈良県・聖林寺にある国宝『十一面観音立像』。千年の歴史を誇る仏様です。目鼻立ちのはっきりした顔に、最大の特徴である美しいプロポーション。指先までもふくよかで美しい曲線を描き魅惑的です。顔は金箔に包まれ、頭上では“化仏”と呼ばれる顔が周囲を見つめています。長い歳月の間に十一ある顔のうち、三つが失われました。

この観音様のとりこになった女性がいます。古美術を愛し、日本の美について数多くの随筆で紹介した白洲正子です。昭和7~8年、今日の作品に初対面した正子は「世の中にこんなに美しいものがあるのかと、私はただ呆然と見とれていた」と言います。

今日の作品が生まれた奈良時代は、天候不順による全国的な飢餓や疫病が蔓延し、聖武天皇は仏法での災難平癒を一発発起します。当時多くの仏像はエリート仏師集団・造東大寺司造仏所が作りました。今日の作品もそのうちの一つ。天平時代は数々の仏像の名品が誕生しましたが、中でも『十一面観音立像』は他の追随を許さない、美しさと気高さを併せ持つと言われています。

今日の作品が人をひきつける理由とは?そこには高い技術水準を持った仏師たちが編み出した天平の驚くべき技の存在がありました。観音像を美しく見せるための理想の形とは一体…?そして、そんな理想的な観音像に唯一足りないものがあるのですが…。

 「誰がつくったのか」と根本的な疑問をなげかけ、上にあるとおり、国営仏所、造東大寺司造仏所について解説する。
 「何でできているのか」と素材と製作法を問い、木心乾漆像(木彫りで像の概形を作り、その上に木屎漆[こくそうるし]、麦漆に木粉等を混ぜたものを盛り上げて造像)について説明する。特に、手や衣の細かい技法の可能性とその成果についてここで語られる。
 「美学的な見方からは」という疑問からは、顔:胴体=1:10の黄金率があることを示すとともに、天平時代の同種作品、観音寺や東京芸大での修復仏における顔面のプロポーションの同一性についても触れる。
 さらに、光背と背面からの光の作用について、あえて「足りないものは」と問題提起し、偶然撮影された背面照射の写真を紹介する。それを白州正子と若い恋人をからませた挿話で飽きさせずに見せるといった具合。


 非常に有名な仏さまなので、ネット上でも多くの情報を得ることができる。参考までに2つを以下に。

http://www.shorinji-temple.jp/about/about04.html

http://nara.jr-central.co.jp/campaign/shorinji/index.html

(拾遺集)

番組にもあったが十一面観音の源流はインドにあり。


東洋のヴィーナス(アンコールワット)

天平時代、最高の傑作のひとつとして以下を参照

001-3

東大寺二月堂本尊

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/376-9458f0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad