大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

飛鳥・白鳳・天平の美術

20070814114522.jpg


 野間清六『飛鳥・白鳳・天平の美術』至文堂 (1958年)

近江八幡の市内にボーダレス・アートミュージアムNO-MAという障害者のアート作品を中心に展示しているユニークな美術館を見つけた。旧家を改築した落ち着いた造りであるが、これはかっての野間清六所縁の住まいであったかも知れない。
http://www.no-ma.jp/exhibition/dt_13.html

 この一冊も良心的で、史実をよく捉えていて参考になる。本書の特色は飛鳥に続く「白鳳期」の時代を措定して、その特質を描こうとしている点にある。その意味では当時にあってなかなかの意欲作であったと言えよう。

 野間清六氏は、明治35年滋賀県生まれ、昭和5年東京大学美学美術史学科卒業。帝室博物館鑑査官を経て、手元にある本書の2刷がでた昭和43年段階で東京国立博物館学芸部長。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/4-937817b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad