大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

円覚寺に行く

円覚寺聖観音菩薩坐像3

 逗子で浄楽寺の3月3日(年2日のうち)の特別拝観をみて、北鎌倉で下車して東慶寺仏像展2014をじっくり回り、まだ時間があるので浄智寺をへて円覚寺に足を運ぶ。円覚寺もひさしぶりに全山をゆるりと散策した。
 さて、山門近くの比較的小さなお堂「選仏場」にて、良き仏さまとお会いした。気にいって帰りにいま一度確認のため立ち寄り、一眼鏡でクローズアップして見る。美しい表情とは直観したが、残念ながら像が黒く、かつまわりが暗く、かならずしも明らかでない。一般には、正面におわす堂々たる薬師如来立像に視線がいき、「右にもよく見えないけれど坐像があるな」といったところではないかと思うが、とても勿体無い。お顔立ちの良さは東慶寺水月観音と伍していると思った。


円覚寺聖観音菩薩坐像

楊貴妃観音

  インターネット上で良い画像がなかなか見つからない。有難いことに上に掲げた1枚を発見(出典は下記を参照)。実際におそば近くでのお顔の特有な雰囲気を伝えることはできないけれど、イメージづくりのために、京都の美形中の美形、泉涌寺・楊貴妃観音を掲げてみた。ご尊顔部のみ、眼を凝らして比較していただきたい。姿態は円覚寺像は、東慶寺水月観音同様、下記にしるした遊戯観音のさまなので異なるが、うつむき加減な相貌は如何だろうか。

(参考)
http://nora-pp.at.webry.info/201108/article_8.html
円覚寺HPも参照
http://www.engakuji.or.jp/about/
円覚寺聖観音菩薩坐像2

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/401-37a195e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad