大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

立て膝 中国の白衣観音 「鎌倉の仏像展」

清雲寺(滝見観音)
清雲寺(滝見観音)中国渡来説あり

「立て膝」について以下の記事を読んだ。若干の感想を。

【以下は引用】
立て膝 中国の白衣観音 「鎌倉の仏像展」

奈良市の奈良国立博物館で開催中の特別展「武家のみやこ 鎌倉の仏像―迫真とエキゾチシズム」(読売新聞社など主催)に8日から、中国・南宋の時代に描かれた白衣びゃくえ観音像(神奈川・建長寺蔵)がお目見えする。水面に映る月を眺める「水月観音」がテーマだが、その姿は、公開中の水月観音菩薩遊戯坐ぼさつゆげざ像(神奈川・東慶寺蔵)とはちょっと異なる。(早川保夫)

 白衣観音像は、右膝を立てて右手を伸ばし、左手をついて岩の上に座る観音菩薩と、その右下に合掌して礼拝する善財童子ぜんざいどうじを描く。13世紀の作で、観音浄土の補陀落山ふだらくせんの情景を表したとされ、表装の銘文に基づいてこの名で呼ばれるが、デザインから、水月観音を描いたとみられる。

 一方の水月観音菩薩遊戯坐像。鎌倉時代の13世紀の作で、岩に腰掛け、くつろぐ点は同じだが、立て膝はつかず、右足はあぐらを組むように倒し、左足を踏み下げた「遊戯坐」と呼ばれる座り方をする。

水月観音菩薩半跏像
水月観音菩薩遊戯坐像

 同じ型式の仏像は、中国から禅宗とともにもたらされた白衣観音像のような画像や彫刻を基に、鎌倉~南北朝時代、鎌倉周辺で造られた。ただ、その中には立て膝の像は、ほとんどない。

 山口隆介研究員は「鎌倉では信仰の対象となる像が取る姿として、立て膝が、なじまなかったのだろう」と推測する。立て膝は現代でも一般的に行儀がよくないとされており、鎌倉では日本風にアレンジされたらしい

 白衣観音像は、ほかにも、長くとがった爪や複雑にうねる衣など、国内ではあまり見られない特徴がある。谷口耕生・保存修理指導室長は「中国では、普通の人との違いを表す要素として強調していたのかもしれない」と話している。

 特別展は6月1日まで。問い合わせは同博物館(050・5542・8600)。
2014年05月08日
http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20140507-OYTNT50264.html

別に上記の記事に目くじらを立てるつもりはないが、アンダーラインの部分には疑問符が付く。冒頭にかかげた清雲寺・滝見観音(東慶寺水月観音菩薩遊戯坐像の一つのモデルともいわれる)のほか、時代はさまざまなれど、以下はいずれも「立て膝」の作例。如意輪観音坐像では、古くから、そして鎌倉以降も「立て膝」は数多ある。「立て膝は現代でも一般的に行儀がよくないとされており、鎌倉では日本風にアレンジされたらしい」は筆が滑ったあまりにイージーな感想ではないかと思った次第。

0-0-2.jpg
003
1-6.jpg

ちなみに小生の座右の書ですがこんな本もでています。表紙を飾るのは有名な来迎寺の如意輪観音。鎌倉時代の作、「立て膝」です。

鎌倉みほとけ紀行

さらに時代が下って、鎌倉の光明寺の如意輪観音さんも有名です。

http://komyoji-kamakura.or.jp/%E9%9C%8A%E5%A0%B4%E6%A1%88%E5%86%85/

関連して以下も参照
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-400.html
◆http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-401.html

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/412-588b8049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/12 08:48)

奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2014/05/12(月) 08:49:21 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad