大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

快慶 安倍文殊院 騎獅文殊菩薩像

◆安倍文殊院2
安倍文殊院の諸像

 東京国立博物館には、興福寺勧学院の旧本尊と伝来される渡海文殊像がある。湛慶の後継者、康円の晩年の作であり1273(文永10)年の納入文書があるようだ。快慶の渡海文殊像は1220(承久2)年開眼なので、約半世紀後もこうした新たな群像がつくられていたことは大変興味深い。当時の南都での信仰の一端を示すものだろう。以下は東京国立博物館からの引用。

「この一群の像は五台山文殊(ごだいさんもんじゅ)とも渡海文殊(とかいもんじゅ)とも呼ばれ、中国における文殊の聖地五台山信仰を背景に産まれた図像に基づくが、海を渡る表現は日本に独特のものである。この像では台座の框(かまち)の上面に海の波が描かれている。文殊菩薩は髻(もとどり)を5つ結う形で、少年のような容姿に造るのは、経典に「童子相」とあるのによる。文殊の知恵が子供のように清らかであることを示す。侍者のうち幼い子供の姿は善財童子(ぜんざいどうし)。童子は文殊菩薩の説法に導かれて53の善知識を訪問し、菩薩行を体得したと『華厳経(けごんきょう)』に記される。」

http://www.emuseum.jp/detail/100434/000/000?mode=detail&d_lang=ja&s_lang=ja&class=3&title=&c_e=®ion=&era=¢ury=&cptype=&owner=&pos=9&num=2

 中国には菩薩信仰の聖地があり、「仏教四大名山」と呼ばれる。文殊菩薩の聖地は五台山(山西省)、普賢菩薩は峨眉山(がびざん、四川省)、観音菩薩は普陀山(浙江省)、地蔵菩薩は九華山(きゅうかざん、安徽省)。
渡海文殊は、文殊様がはるばる五台山から眷属を引き連れ、日本海を渡って、あるいは雲にのって日本に来てくださるという有難いストーリーと言えようか。
 円仁が将来した密教秘法では文殊菩薩を本尊とし、当時仏画もあわせて輸入されたが、同道する眷族は決まっており文殊五尊(五台山文殊)と呼ばれる。優填王(うてんおう、インドの国王と言われる)、最勝老人(さいしょうろうじん、文殊の化身。文殊院では文殊の問答相手の維摩居士とされる)、仏陀波利三蔵(ぶつだはりさんぞう、インドの学僧)、善財童子(文殊の影響から求技の旅にでた案内役)などであり、いずれも役回りがあるがそれは省略。
 慶派は、集団としてこの文殊五尊を「カタログ化」していたようで、先の康円作のほか、京都市左京区黒谷の金戒光明寺には運慶作と伝えられるものもある。さて、快慶像である。


快慶木造騎獅文殊菩薩及脇侍像
騎獅文殊菩薩像

 騎獅文殊菩薩および眷属像。重源と文殊院との所縁はすでに書いた。自ら五台山に学んだ重源、東大寺の別院でその重要度の高い寺院での慶派工房得意の作である。快慶の力が入らないわけがない。
 本尊の騎獅文殊菩薩は、桃山時代後補の獅子像をふくめて高さ約7mの大作。文殊菩薩像単体でも198.0mの像高がある。檜材の寄木造りでほかの眷属が玉眼なのに、本像は彫眼ながら双眼鏡でみると実に眼力のある彫り方である。
 内身は粉溜(素地に膠を塗り、その表面に金を鑢で細かくした粉をまいたもの)で装飾され、かつ彩色がほどこされている。見るからに緻密で細心の作業を思わせる。1203年に「安阿弥陀仏」(快慶)墨書銘があり、開眼は1220年。
 すでに、「美と醜」、「聖と俗」、「麗と朴」といった二分法的な発想では、快慶は前者のイメージ(美と聖と麗)が強いと書いたが、本像は文殊らしい童顔のうちに独特の強さも秘めていると感じる。遠くを一直線に見つめる眼差しには布教の決意がこめられているかのようだ。


→ (参照)拙稿「快慶論」 http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-426.html
奈良新聞WEB | 総合 | 快慶作、国宝指定へ - 安倍文殊院・木造騎獅文殊菩薩像

◆快慶 安倍文殊院 騎獅文殊菩薩像2

http://blog.livedoor.jp/pahoo/archives/65601416.html

<備考>
 高校生の修学旅行が奈良・京都で、多武峰観光ホテルに泊まり、談山神社にお参りした。室生寺をはじめて訪問したのもこの時で、五重塔の天に伸びる構図に感激したことは良く覚えている。
長じて、仏像を観ることが大いなる趣味となったが、その一方、安倍晴明についても一時、はまっていた。


◆『道教―その行動と思想』 (1971年) (日本人の行動と思想〈10〉 下出 積与 (著) 
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-410.html

◆7人の異界人列伝(役小角~帝都物語まで)織工
http://www.amazon.co.jp/%EF%BC%97%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%95%B0%E7%95%8C%E4%BA%BA%E5%88%97%E4%BC%9D%EF%BC%88%E5%BD%B9%E5%B0%8F%E8%A7%92%E3%80%9C%E5%B8%9D%E9%83%BD%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%89/lm/R30H44NH4UG434

 京都市内の安倍晴明神社にも参拝したこともあるが、安倍文殊院が晴明の有名なパワー・スポットであることは迂闊にも知らなかった。そのHPにはライブカメラからの映像もあって、なかなかの優れもので面白い。

◆安倍文殊院HP
http://www.abemonjuin.or.jp/index.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/430-56913025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2015/01/13 09:11)

京都市左京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2015/01/13(火) 09:12:18 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad