大和古仏探訪

京阪神を中心に内外の古仏についていろいろと書いてみたいと思います。

渡来人の系譜   3つのファクター ー百済・新羅・中国(隋唐)-

大阪歴史博物館

  今日は渡来人について、改めて考えてみたいと思います。まず、有名な金達寿『渡来人と渡来文化』(河出書房新社1990年)をみると、三品彰英氏の『古事記』(708年)、『日本書紀』(720年)は古代朝鮮語を知らないと理解できないという見解を紹介したあと、『古事記』は<新羅系>の渡来人によって書かれ、『日本書紀』は<百済系>の人たちによって書かれていると指摘しています。

 この<新羅系>、<百済系>の渡来人の政治的な闘争については、まず蘇我氏は<百済系>、これを大化の改新(645年)に<新羅系>が滅ぼす。しかし、その後<百済系>が息を吹き返し壬申の乱(672年)によって、ふたたび<新羅系>が優勢となる。しかし、天武が崩御し持統天皇の世になると再度、<百済系>が巻き返す。

 蘇我氏、司馬達等、鞍作止利らが<百済系>とすれば、秦河勝や聖徳太子の愛妃、橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)らは代表的な<新羅系>渡来人。日本の古代史でのドラマティックな政権闘争は、いわば朝鮮半島の政治情勢の強烈な反映でもあったとの説が展開されているのです。

法隆寺釈迦三尊images

  『古事記』は<新羅系>の渡来人によって書かれ、『日本書紀』は<百済系>の人たちによって書かれているというのは本当なんですか?

  山尾幸久「『日本書紀』のなかの朝鮮」(吉田 晶他編『日本と朝鮮の古代史―共同研究 (1979年) (三省堂選書)によれば、百済三書(『百済記』、『百済本記』、『百済新撰』)という先行文献(但し、編纂時期には諸説があるらしい)があって、その引用を含めて、 、『日本書紀』に大きな影響をあたえていることが述べられています。

  まどろっこい話をしているが、『日本書紀』のなかでの上古の天皇の歴史は、朝鮮半島に淵源があるということと古墳時代から聖徳太子をはじめとする古代の政権は技術的なものもふくめ渡来人(帰化人)がつくったということだろ。そこを理解しないと日本国家の生成は見えてこないということを言いたいんじゃないの。

  韓流ドラマが日本で人気があるのもわかる気がします。古代の朝鮮半島の歴史はどてもダイナミックですし、美しい女性が登場する悲劇もたくさんあるし・・・

  どうもなんでも直情的、単純に解釈しては駄目だと思うね。網干善教『飛鳥の遺蹟』(駸々堂出版 1978年)を読んでみたまえ。第5章で「飛鳥文化の源流」では、「新羅文化と飛鳥文化」、「百済文化と飛鳥文化」に加えて、「隋唐文化と飛鳥文化」の3つを並列している。大化の改新を主導したのは、高向玄理、南淵請安、僧旻ら遣唐使であり、政治体制の原理に置かれたのは隋唐律令であり、中大兄皇子は「唐人と異名される」ともここで書かれているが、まさにわれわれが研究しているこの時代の文化には、3つのファクターがあるということを常に忘れてはいけない。その文化がぶつかりあい、競い合い、そして時間とともに融合したからこそ、類まれなる文化の発酵があったのではないか。

  なるほど、渡来人についてもこの国で混血もあり、また異文化も学んで日々に進化をしていくということですね。その一方で、ながく続く政治的な影響力の行使という点も関心事項です。井上満郎「秦氏と平安京の造営」(『日本古代史〈王城と都市〉の最前線―宮と都の謎を解く 』別冊歴史読本―最前線シリーズ (05)ムック 1999年) を読んでいると、<新羅系>渡来人、秦一族のしたたかな生き方が想像されます。だからこそ、秦氏ゆかりの広隆寺弥勒菩薩も今日、奇跡的に残っていると思うのです。


広隆寺弥勒菩薩timages

  専門ではありませんが、今回の話題には東漢氏や西文氏のことがでてきませんでしたが、これも重要ではないですか。また、政治体制では中央と地方の関係も徐々に変わってきますね。吉備真備時代について詳述した米田雄介『古代国家と地方豪族』教育社歴史新書 1979年)なども参考になると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/tb.php/445-df87dac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad